人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 24日

最終日・陽光の吹きガラスー時代というランド(24)

午後3時頃西からの陽射しが注ぎだす。
この日も暖かで晴れた日。
外に吊ってあるガラスに夜溜まった水が膨張して、縦に
見事にふたつに割れて落ちていた。
これは何かに使える、と大介さんが保管する。
溜まった水が凍り膨張して、スパッと削ぎ落したように
ふたつに分かれた姿は確かに見事である。
人為的な行為では在り得ない。
凍るという氷柱とガラスの試みは暖気で叶わなかったが、
この日最高の自然からの贈り物の時間が、この後始まる。
西からの陽射しが光の雫となって、小一時間廊内のガラス
の房に溜まり煌めいて、一瞬たりとも止まる事はなかった。
2階吹き抜け回廊から椅子に座ってじっと見守る数人の人。
階下の数人と併せて声もなくただ見守っている。
ストーブの暖気が廊内に空気の流れを生んでいるのか、吊っ
てある「野傍の泉池」のガラス房が揺れて触れ合い、微かな
澄んだ音を響かしている。
光の変化・煌めきと澄んだガラスの響き。
人はみな、陽光が西に傾き廊内に光の照射が去るまで無言で
一時間余り魅入っていた。
最終日の今日、氷柱とガラスの競演は叶わなかったが、最高の
陽光とガラスの光の競演に恵まれたのだった。

光の吹きガラス・・・。
氷結という水の吹きガラスは叶わなかったこの一週間。
しかし最終日に、煌めく光の吹きガラスに恵まれた。
ガラス作家高臣大介にとって、僥倖とも思える幸福な時間だ
ったと私には思える。

*高臣大介ガラス展「重ねあう」-2月24日まで。
*豊平ヨシオ展ー3月5日(火)17日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


# by kakiten | 2019-02-24 17:36 | Comments(0)
2019年 02月 23日

冬の風鈴ー時代というランド(23)

今朝は昨日とは一転して冷え込み雪が降る。
地上の雪が午前の光に映えて廊内に吊られたガラスに
光溜まりして、美しい。
昨日来訪したかりん舎の坪井圭子さんが、新作の
ツララの形をした花入れを二本購入してくれる。
触れて揺れると、この二本も美しい音を出す。
坪井さん曰く、昔満州帰りの人に聞いた・・・
ツララで風鈴を楽しんでいたという話を思い出す、と。

冬の風鈴。
中国大陸、北海道よりさらに寒気厳しい内陸。
そこで人は、夏ならぬ冬の風鈴を楽しんでいた。
今朝大介さんに聞いたこの話は、理屈抜きに私の心を暖か
く包んだ。
かって日本の帝国主義が植民地化した満州国。
その地でツララを冬の風鈴と楽しんだ庶民の軽やかな知性。
自然との共生などと大上段に構えずとも、ふっと軽やかに
その地の厳しい自然環境と触れあっている。
まるで、中国漢の字を大和言葉のカタカナ、平かなに消化
したような、柔らかく日常的な真の知性を感じるからだ。
最終日を明日に迎える日。
ガラス作家高臣大介の氷柱への挑戦に相応しい”冬の風鈴”
の挿話だったな~。

*高臣大介ガラス展「重ねあう」-2月24日(日)まで。
 am12時ーpm7時
*豊平ヨシオ展ー3月5日(火)ー17日(火)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



# by kakiten | 2019-02-23 14:37 | Comments(0)
2019年 02月 22日

春の陽射し・地震ー時代というランド(22)

凍結から融雪そして地震と、自然の変化が激しい。
入口玄関軒下に吊ったガラスの氷柱も、内部の水が膨張して
割れたり落下したりしている。
テンポラリースペースの在る北区は、他の地域に比し震度
高く震度5度。
昨年の地震時に比べ揺れの方向が違ったのか、落下物は
少なかった。
しかし廊内に吊られたガラス「野傍の泉池」群は、きっと
大きな揺れで、盛大に鳴り響いていた事だろう。
私は近くの地下の居酒屋で熊さんクラブの熊谷氏たちと
食事をしていて、同席のⅯさんのスマホが突如大きな警告
音を発し吃驚する間もなく大きな揺れに見舞われていた。
活きの良いホッケの焼き物、つぶ貝の刺身と、自然の恵み
に久しぶりに浸っていた時間。
同じ自然の為せる怖~い側面とを同時に味わった時間だった。

高臣大介さんの今回の挑戦も寒気と暖気という自然相手の時間
だったが、恵みのランドとして自然が人間の都合に合わせて
そうは容易く存在しないという現実だった。
先人たちの故里という里山を含めた大きな労苦に、微小ながら
も教訓を与えられた気がする。
自然と人間の共生とは、そんなに簡単に出来得る事ではない。
きっと永遠に問われ続け、恵みと災害の繰り返しを続ける。
明日はまた冷え込むという。
最後のチャンスだなあ、と高臣大介さんが呟いた。

*高臣大介ガラス展「重ねあう」-2月24日(日)まで。
 am12時ーpm7時
*豊平ヨシオ展ー3月5日ー17日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011ー737-5503


# by kakiten | 2019-02-22 13:58 | Comments(0)
2019年 02月 21日

高臣大介の挑戦ー時代というランド(21)

グラスや花入れ等器を主体とする前期。
そして氷柱(ツララ)を主題とする後期インスタレーション作品展。
前期の会期中、暇を見ては軒上の氷柱の雪の苗床造りに励み、その
下に氷柱をイメージしたガラスの作品を吊り下げ、氷柱との<重ね
あう>をイメージしたインスタレーション作品は、天候の温暖化に
あえなく崩れた。
しかし滴り落ちる水滴を這わせて、透明なガラスの氷柱は光の雫と
共に輝いている。
大いなる大自然の呼吸に、今生きている自らの小さな呼吸を<重ね
あう>ガラス作家高臣大介の挑戦。
その志は、少しも揺るぐ事はない。

地中深く燃える地球のマグマ。
その火の力て生まれる原始硝子体。
人間の小さな命のマグマが、呼気・吸気を通して生むガラス作品。
硝子体は大自然の火の力であり、氷柱とは大自然の水の力でもある。
水と火という生命の根源的有機体を創造力として、北の大地に
自然と作品の<重ねあう>試みに挑戦した高臣大介の仕事は
私には長く記憶に残るだろう。
それはきっと、自然と人間の間に故里を創造した初源的でラディカル
な先人たちの文化の根の気配を感じているからであると思う。

*高臣大介ガラス展「重ねあう」-2月24日〈日)まで。
 am12時ーpm7時
*豊平ヨシオ展ー3月5日ー17日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503





# by kakiten | 2019-02-21 16:03 | Comments(0)
2019年 02月 20日

暖気進むー時代というランド(20)

朝ギャラリーに着くと、玄関前の氷柱の雪の苗床が落下していた。
苗床にテングスで固定されたガラスの氷柱は地面に転がっている。
大事に育てた高臣大介の氷柱は、初日で緩み二日にして氷柱の雪の
土壌ごと、あえなく沈没だ。
先週一週間、凍える両手で軒下に雪を固め氷柱の苗床を耕した努力
はここ2日間の暖気で崩落。
しかし昨晩廊内の光と影と触れて鳴る響きの廊内は、外の闇に消えた
氷柱たちの存在を帳消しして余りある空間と生っていた。
会場に来た農業を営んでいるという初対面のℍ氏とМ氏は、このまま
眠っても良いなあ、と長く佇んでいた。

内と外の氷柱を介した光の交霊は、軒下の氷柱も、ガラスに纏わせた
大介氷柱も崩壊して内と外一体の光の函の試みは中断した。
まだ半分残る吊ったガラスの軒下の一群が、入口脇で静かに風に揺れ
ている。
あと5日の会期中、氷柱の光は再び巡ってくるのか、天の気持ち・
お天気のみが知っている。

*高臣大介ガラス展「重ねあう」-2月24日(日)まで。
 am12時ーPМ7時
*豊平ヨシオ展ー3月5日―17日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


# by kakiten | 2019-02-20 13:09 | Comments(0)
2019年 02月 19日

氷の世界ー時代というランド(19)

氷点下からプラスの気温へ。
軒下の氷柱が水滴を滴り落している。
高臣大介さんの玄関前のテングスに吊ったガラスと氷柱も
すっかり痩せて、今日から始まったインスタレーション、
廊内の「野傍の泉池」ガラス作品と氷柱と透明なコラボレー
ションは気勢を削がれた感がある。
しかし一年ぶりに見る「野傍の泉池」の深化した形体と触れて
鳴り響く音色には暖気に負けない新鮮さが漂う。
会場展示は未だ未完成だが、円盤状の吊りガラスの影と水滴
のようなガラスの房が、夜にはきっと幻想的な光と影の函世界
を醸し出すだろう。
こうした会場制作のインスタレーションは大体作品完成は
最終日に至る事が多いのだ。
まして今回のように自然の氷柱とガラスの<重ねあう>
がテーマのインスタレーションでは仕方のない事である。
入口にぶら下がる自作ガラスに氷柱の為の雪の苗床を造り、
苦労して育て、初日暖気に痩せ細った氷柱を見ながら、少し
気落ちのした感のある高臣大介である。
自然相手に、人の予定・計画は思い通りにはならない。
しかしこの一週間の会期中如何なる自然の恵みが舞い降りる
かも予想できない事である。

氷柱という自然風土と真っ向から向き合い、自らの作品と対話
し独自な空間を創りだした行為はきっと天も知るところだ。

*高臣大介ガラス展「重ねあう」-2月24日(日)まで。
 am12時ーpm7時

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




# by kakiten | 2019-02-19 15:22 | Comments(0)
2019年 02月 15日

寒気深く、ともにー時代というランド(18)

零度以下の気温が続く毎日。
高臣さんが育てた氷柱と吊った透明なガラスが重なり合い、成長し
ている。
入口ガラス戸前、門のようになってきた。
来週から始まる透明なガラスと氷柱の競演は、廊内のガラスと響き
あい、溜まり、揺れる光のシンフォニーとなるのだろう。
氷柱の雪の苗床に暇さえあれば、水を加えている大介さん。
長く伸びた氷柱の一本は、間もなく地面に届きそうだ。

ゆったり、ふっくらしたガラスの器は光を溜めて、室内で
刻々移り変わる陽射しを受け、花人村上仁美さんの活けた
枯れ枝と美しいリズムを奏でている。
吹きガラスの有機的な呼気の曲線が内部空間の膨らみを生み、光
を溜め、固定しない光の小宇宙を浮き上がらせている。
氷柱とガラスの光の呼吸。
そして時と共に揺れる光空間。
日々、刻々、二度と来ない呼吸する光の時空。
廊内自体が光の身体となって、透明な光の万華鏡となっている。

用という器、無用という器、ともに光を溜める人間のみが為し得る
自然・光とのフアインアートと思える。

*高臣大介ガラス「重ねあう」-前期・器を主にー17日〈日)まで。
 後期・インスタレーションー24日(日)まで。
 am11時ーpm7時;月曜定休。」

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


# by kakiten | 2019-02-15 12:24 | Comments(0)
2019年 02月 13日

重ねあうー時代というランド(17)

氷点下の気温が続いている。
血流が悪いのか、右手の指先が腫れている。
トイレの貯水タンクへの送水管が氷結で亀裂し水が溢れる。
水も火も風も厳冬は、自然の野生を露わにして人を襲う。
そうした自然野生を人は調節し、恵みに変えて生きる世界を
創ってきた。
文明とは本来そうした自然との調整インフラの発展と思える。
そして自然野生との調和ゾーンを、故里・故郷とも呼んだのだろう。

そうした先人たちの営々とした長い努力の文明・文化、いわば
地球の大気圏のような緩衝地帯・界(さかい)の世界が擦り減り
つつある現在が進行しつつあるような気がする。
自然と人間社会の界(さかい)が創り出した風土という文化。
その自然と人間が相渉る界(さかい)空間を現代は喪失しつつ、
科学技術の進歩・発展インフラに酔い傲慢化しているのではない
だろうか。

高臣大介と出会って2,3年後だっただろうか、彼が窓外の氷柱を
見て言った言葉を思い出す。
”あの氷柱と勝負してみたい”
無色透明な吹きガラスで作品を創っている千葉県生まれのガラス
作家は、この時初めて北の大地に垂れ下がる透明な氷柱にある
共感とある種の挑発を感じていたに違いない。
その挑戦が今回の展示で現実化しつつある。
吊る透明な硝子作品の上部に雪の苗床を造り、自然の氷柱が育ち
重なっていく。
この行為は風土というものの最もプリミテイブでラディカルな行為
ではないのか。
彼は氷柱の天地に、創造というカルチャー(耕土)の鍬を振り下ろ
している。

氷柱は今週末まで育ち続け、来週から始まるインスタレーション展示で
ガラスを媒介とした氷柱との競演は、正に<重ねあう>彼自身の人生、
生きる行為の精髄として表現される事だろう。

*高臣大介ガラス展「重ねあう」-前期・「器を主に」2月17日まで。
 後期・インスタレーション 2月19日ー2月24日まで。
*豊平ヨシオ展ー3月5日ー17日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




# by kakiten | 2019-02-13 13:10 | Comments(0)
2019年 02月 12日

「重ねあう」高臣大介展始まるー時代というランド(16)

前期・器とペンダントライトを主に、後期・氷柱とガラスのインスタ
レーション。
2週に渡る高臣大介ガラス展が始まった。
人の出入りの合間を縫って、正面ガラス戸上部鉄枠に氷柱の苗床作り
に余念の無い高臣大介だ。
昨年展示時氷柱ばかり作る事に専念し氷柱が大きくならない事に気付く。
土壌となる雪に気付いた彼は今年は吊ったガラスの上部に雪を土のよう
に、苗床のように固めているのだ。
ガラス作家は、カルチャー(耕土)している。

この事に象徴されるように今回の展示は、作品ひとつづつがどこか豊饒
な気がする。
そしてタイトルは「重ねあう」。
個々の作品が、時間を空間を、掌とともに抱擁する力に満ちている。
15年程前千葉県より移住してきた高臣大介の、作品上における精神的
にも北の地に根を下ろした記憶に残る展示と予感される。
<重ねあう>とは、彼自身が洞爺に苗床を設け、光を受け咲く、人生の
吹きガラスを、凍てつく風土と重ね抱擁し、創り出している事実を指す。
そこに私は、今回の展示のトニカ(基調低音)を感じている。

*高臣大介ガラス展「重ねあう」-2月12日ー17日ー器を中心に
 2月19日ー24日ーインスタレーション
 am11時ーpm7時月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


# by kakiten | 2019-02-12 18:12 | Comments(0)
2019年 02月 10日

35年目の深井克美展ー時代というランド(15)

現在北海道立近代美術館で催されている深井克美展に行く。
企画したのは、35年前この夭折した画家深井克美を発掘した
美術館学芸員正木基氏だ。
同氏によって同じ場所で35年ぶりに深井克美展が再現した
事になる。
企画者正木氏のその情熱と、深井克美の作品の保つ新たな生命力、
このふたつの時を超えた新鮮さに感動を覚えた。

深井克美の作品は私にとっても35年ぶりの再会だったが、そこに
新旧の時間差はなく、むしろ新たな現在性、彼の身体言語を通した
再生の表現を見出したようで新鮮だった。
描く事を通して絶筆の「ランナー」(未完)に至るまでの道程が
身体再生の闘いの生命のドキュメントとして感じられたのだった。
観念ではなく、自らの身体の病を内臓ごと見詰め再生・復活させる
心身一如表現として全体が見えたのだ。
病んだ自らの心身を、現実として絵に描き、そしてその心と身を
癒し復活再生へと願い治癒した苦闘の道程。
そうした心の内臓言語のような、絵画として新たな再生が絶筆「ラ
ンナー」(未完)の疾走する全身像に顕れた気がするのである。 
3歳にして父を亡くし、妹とともに母子家庭で育ち、自ら身体に疾患
を保つ現実を、内臓言語として究極的に絵画化した。
そして自死する直前に夢のように描いた全身像が、未完の「ランナー」
という絶筆、最後の作品だった気がする。
20歳時ベトナム反戦運動に参加と記録に残るが、彼の反戦運動は、
そうした社会的行動よりも自らの内なる精神的身体現実との戦いに
こそリアルテイを見詰めていたのではないだろうか。

その意味で、未完の「ランナー」という遺作は深井克美の生涯を駆けた
身と心の明星のような伝言の作品である。
風が立つように、身体は内なる現実から解き放たれ、全身で立っていた。
彼は全身を復元し、生きたのである。

深井克美の人生30年の歳月を超えた41年後、発掘者正木基氏の
若々しい情熱とともに、作品は新たに今を生きている・・・。

*高臣大介ガラス展「重ねあう」-2月12日〈火)-24日(日)
 前期12日ー17日・ガラス展。後期19日―24日インスタレーション。
*豊平ヨシオ展ー3月5日ー17日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503





# by kakiten | 2019-02-10 16:57 | Comments(0)