人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 20日

どしゃ降りードットの時代(2)

朝、珈琲豆を買いに少し寄り道。
すると来たね、どっと雨。
びしょ濡れになってテンポラリーへ自転車で滑り込む。
肝心の珈琲豆は昼からの開店で、買えず仕舞い。

親族一家が帰り、どっと疲れが出た。
東京と札幌の温度差、湿度差に体調を崩し風邪気味で、後半は食事も
ままならず、墓参とお坊さんのお経が来札翌朝から続いたので、疲れも
溜まったのだろう。
久し振りになんとかちゃんとか、ちゃん抜きの呼び捨てで名前を呼んだ。
こういう時に古いアルバム、一枚の写真が心を繋ぐ。
死者とも、過去とも。

写真とは記憶の記録であり、時に民芸のように懐かしく人肌を保つ。
いつも使っていた茶碗、お箸、お皿、人形、洋服と同じように。
そうした個人の記憶の記録の側面と、より普遍的な時代の記憶と記録。
連れて来た小さな男の子が、グリコのおまけで一時集めていた昭和の
フィギュア、昔の洗濯機、怪獣、プロレス等を目ざとく見つけ遊び出した。
本人は仮面ライダー何とかに夢中で、いろんなライダーを連呼していた。
電気装置の声を出す機械を操作し、煩い事この上なし。
仮面ライダーにゴレンジャーが全部セットされているのだ。

手でローラーを回し洗濯物を絞る昔の洗濯機のミニフィギュアーを
見ていて、ふっとほかの事も思い出した。
TVのチャンネルも手で回転し、電球もその上のスイッッチを手で捻る。
今はボタンを押す、タッチするドットの指先操作である。
ある時代まで、指先、小手先で物事は進まなかった。
掌全体を使って動いたのである。
昨年芸術の森美術館で催された「さっぽろ・昭和30年代」展で
流されていたこの時代の映像の中には、もっとそうした数々の生活が
記録されていた。
買い物する主婦、魚屋のおじさん、路端で遊ぶ子供。
そこには全身を使って動き、行為する姿があった。
売るのも、買うのも全身行為。
掌は勿論のこと、全身を動かす行為が日常である。
子供の玩具が如何に機械化され、ボタン化されていても、子供は子供である。
これらの機械を操り、最後は興奮して仮面ライダーになりきり、こちらに蹴りを
入れる。アッチャ~とか、奇声を発して飛び掛ってくる。
最初は相手をしていたが、最後は疲れて本気になって泣かせてしまった。
結局子供は全身を使う。それが自然なのだ。
ドットの機械もその全身行為の道具に過ぎない。
疲れたけれど、そう気付いて少し救われた気がした。

*竹本英樹写真展「意識の素粒子」-8月18日(木)-9月8日(木)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*及川恒平コンサート「まだあたたかい悲しみー其の四」
 8月21日(日)午後6時~予約2500円当日3000円。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax-11-737-5503

# by kakiten | 2011-08-20 12:15 | Comments(0)
2011年 08月 18日

竹本英樹展始るーdotの時代(1)

竹本英樹展「意識の素粒子」始る。
親族の帰省で遅めのお盆、お墓参りをすませ、昨日午後会場に着く。
すでに前夜遅くまでかけて、展示が完了していた。
会場一杯178枚A3程の大きさの作品が、埋め込まれている。
どれもが写真家竹本英樹の大切なショット、その集大成と思われる。
タイトルの「意識の素粒子」とは、これら一枚一枚の画素をいうのであろう。
ひとりの写真家の脳内を歩哨するかのように、見る者は会場を漂う。
ここにストーリーは多分ない。
これらはひとりの写真家の生きてきた時間に蓄積された記憶の画素である。
この展示を思い立った切っ掛けには、多分M佐藤氏とともに汗した被災地
の津波に汚れた名も知らぬ無名の人の写真を洗浄した体験があると思われる。
その経験から導き出された、自らの内に眠る記憶の画素の洗浄。
写真家として、写真を撮り続ける原点の確認。
その一瞬一瞬の撮る原点を洗い直し、あたかも泥に汚れた被災地の
無名の写真を洗浄し干したように、自らの一瞬一瞬を画素として確認する
作業のように、この展示はある。
もともと竹本英樹の写真には、淡い現実の一瞬の動きを、淡いままに
記録する独特のショットが多かった。
しかしその眼差しの奥には、現実の一瞬をリアルに見詰める極めて
怜悧な硬派の視線軸が潜んでいた。
その強靭な硬派の目線が一番強く出たのは、車椅子に座る愛する娘を
撮った時のショットである。
この写真は今回展示されていないが、この写真では淡い、時として幻想的な
いつもの画調は消え、まっすぐに被写体を見据え、思わぬ身体の不幸に耐え
る幼い娘の父を見上げる眼差しをしっかりと受け止めていた。
この作品における愛娘の存在は、多分彼の人生の素粒子そのものと思われる。
そして今回家族・肉親に繋がる被災地の多くの写真の存在に、きっと彼は
これら汚れた写真の数々を洗浄する作業を通して、あらためて再確認する
何かがあったに違いない。
その体験がもう一度一瞬、一瞬の何かを受け止め記憶を記録してきた、写真家
としての画素の再確認に向かわせたと思う。
淡い黄昏の空気、渚を漂う家族。
街を切るハイヒールの鋭い一瞬の翳。
風に滲む花の赤・黄。
走り去る猫の影。
空に伸びた梢の揺らめき。
等々。
これら一瞬の幻想的に切り取られた画素は、みな竹本英樹の
撮影映像の画素・素(もと)である。
それらをもう一度洗浄し、乾かすように、記憶を記録し確認する極めて
怜悧で剛直な、今でしか多分出来ないであろうタイミングで、この個展は
開かれたと私には思える。
かって愛する娘の身体の不幸に、真正面から立ち向かい撮影した竹本英樹の
果敢な精神視座は、今回これまでの幻想味溢れる撮影被写体を自らのドット
そのものとして再確認し再構成を試みた展示へと向かわせたと考えられる。
多くの交通手段が、画素というドットの点で構成されている現代。
液晶TVもデジタルカメラもケイタイ画面もパソコンも交通網も、すべてがドット
の点描の時代である。
そこに線や面という有機的な繋がりは、時として失われがちな時代である。
我々の記憶も記録もまた然りである。
そのドットの時代に、これらすべてのインフラが喪われた災害時、被災地の人々
はこの一枚の写真を唯一自らの生きたきた証しとして、救いと人生上の連続性・
生きてきた根拠の繋がる線を求めていたのだ。
一枚の写真が保つこのReーPublicな思いにこそ、ドットの時代からの再生の
切っ掛けが潜んでいる。
その事を果敢に竹本英樹は、写真家として挑戦したと私には思えるのだ。

*竹本英樹写真展「意識の素粒子」-8月18日(木)-9月8日(木)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*及川恒平コンサート「まだあたたかい悲しみー其の四」-8月21日(日)
 午後6時~予約2500円当日3000円。
*藤谷康晴展「覚醒庵」-9月13日(火)-25日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

# by kakiten | 2011-08-18 12:20 | Comments(0)
2011年 08月 16日

アーカイブス展補遺ー弓張月(24)

今年は1月の川俣正展から3回のアーカイブス展をしている。
こんな事もあまりない事だ。
そしてその度に、これらテンポラリースペースの収蔵庫の種子たちが、
新たな花を咲かせてくれた気がする。
記録として、これら種子たちのテンポラリー来歴を補遺として記す。

*川俣正アーカイブス「テトラハウス・326プロジェクト」展ー2011年1月
 1983年8月円山北町で約1ヵ月行なわれた民家を使った川俣正の
 インスタレーシヨンの資料と記録展。
 今年1月北海道インプログレスで来道した川俣正を迎えて企画した。
*「記憶と現在」展ー2011年3月
 東日本大震災・原発事故の後追悼と祈りを主題に構成。
 ・展示作品と来歴
 *一原有徳「鏡面ステンレスにアセチレン焼とフォトエッチング」
  1991年3月個展作品。
 *坂口登「野草と精神」アクリル オンキャンバス
  1990年6月個展作品。
 *鯉江良ニ「飛礫」陶作品
  1995年7月鯉江良ニ×岡部昌生「ヒロシマその後」展作品。
 *佐々木徹「コラージュ」ゴム布に油彩
  1990年9月個展作品。
 *西雅秋「AIR HIROSHIMA」鉄作品。
  1992年5月個展。
 *村上善男「常盤村紙円の繰り」和紙・糸
  1993年4月個展作品。
 *岡部昌生「ビッキ神の舌に触れて」フロッタージュ。
  1991年1月個展作品。
 *神内康年「Un titled」鉄製メッシュ・陶土。
   1991年5月個展作品
 *甲斐扶佐義「両猿」写真。
  2002年9月個展作品。
 *藤木正則「界川游行コンセプト」紙粘土。
  1989年界川游行プレゼン作品。
 *野上裕之「BAKED WAORLD」鉛・木。
  2004年7月個展。
*「海に沿って」-2010年8月
  *上野憲男「along outside of the sea」銅板画5点セット。
   「水原にて」油彩。
   1992年6月個展。
  *戸谷成雄「雷神」彫刻・木。
   1993年6月個展。
  *佐佐木方斎「シーリングボード」新建材・彩色。
   2008年5月個展。
  *アキタヒデキ「ヴェトナム少女・瞳」写真。
   2010年6月三角展。
  *藤谷康晴「常温で狂乱」別巻・DMマジックインク。
   2006年7月個展。
  *藤倉翼「石狩河口」写真(新作)。
   2009年9月個展。
  *野上裕之「掌」彫刻・木。
   2007年1月個展作品。  
  *高臣大介「冬光」ガラス。
   2010年2月個展作品。
  *竹本英樹「ISHIKARI」写真(新作)。
   2010年6月三角展。

以上アーカイブス作品の来歴を記した。


*竹本英樹展「意識の素粒子」-8月18日(木)-9月8日(木)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*及川恒平フォークコンサート「まだあたたかい悲しみー其の四」
  8月21日(日)午後6時~予約2500円当日3000円。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

# by kakiten | 2011-08-16 14:05 | Comments(0)
2011年 08月 14日

「海に沿って」展終るー弓張月(23)

テンポラリーアーカイブス「海に沿って」展終る。
予定した作家の順延により急遽企画した収蔵品による展示だった。
導入部の作品は、上野憲男氏の銅板画集「along out side of the sea」
5点と油彩「水原にて」を左正面と正面壁に展示した。
そして正面左床には、佐佐木方斎「シーリングボード」(2002年)2点を立て
掛け、正面前床には’93年札幌奥三角で制作展示された戸谷成雄の
「雷神」一部を設置した。この作品は山中に在ったものだが、8年程前蟻に侵食
され倒れたものを一部切り、保管したものである。
当初倒れたままに朽ちさせる考えであったが、設置場所の開発状況もあり、
自然に朽ちさせるという当初の考えを変更したのだ。
チエンソーで彫刻された高さ15m程の戸谷成雄の力作の一部分である。
そしてその横には、’90年個展の故佐々木徹氏の展示作品のひとつ
ゴム布にコラージュされた皮膚のような作品が敷かれた。
自らを「少し空気の抜けた捉えどころのないかたちのゴムマリのぼく」と、
この時個展カタログに記した佐々木徹の個性を端的に表わす作品である。
大量情報社会の今日をすでに予見し生きていたかのような、感性の皮膚
のような作品である。
上野憲男の抒情的な海の作品に囲まれて、戸谷成雄の傷ついた森を思わ
す「雷神」、佐々木徹の都市の皮膚のような作品が手前に置かれた。
そして、左壁隅に置かれたアキタヒデキの写真「ヴェトナム少女・瞳」は、
ヴェトナム戦争の後遺症で左眼が白濁した白い瞳の片目のアップである。
床に置かれた作品は、みな今日の我々の生きている社会の反映である。
さらにこのアキタヒデキの作品の対角線上に、次々回個展の藤谷康晴の
2006年制作の「常温で狂乱」別バージヨンのトーテンポールを配した。
この作品は2006年7月個展の最終日に仕上げた、その後の藤谷康晴の
出発点ともなる作品である。
数十枚の当時のDMに描き込まれた摩訶不思議な描線の中に、大きな目
がある。この目とヴェトナム少女の瞳が東角と西角で相対し会場を交叉す
るように配置した。
南窓際には、同じアキタヒデキの「ヴェトナム座礁船」を置き、海と岸辺の
イメージを紡いだ。
さらに西側芳名録前にアキタヒデキ「石狩河口」の写真を置き、最後に昨年
共に歩いた時撮影した藤倉翼の写真、もうひとつの「石狩河口」を配した。
この作品は頂いたまま仕舞ってあったが、展示していてふっと思い出した
のである。
そしてこのライトブルーの美しい作品が、最後に会場の全体を柔らかく
弾き締めてくれた。
さらにこの作品が起点ともなって、当初展示を予定していなかった2階に
竹本英樹氏の作品が新たに会期中加わる事ともなった。
2階にはこうして会期後半から、竹本英樹の「ISHIKARI」シリーズ新作
が8点加わり充実する。
この新たな展開によって、「海に沿って」展は、単なるアーカイブスの範疇
を超え、新旧作品の競演となった。
主題の設定が作品を呼び寄せたと思う。
なお会場入り口右奥別コーナーには、甲斐扶佐義写真「両猿」を掛け、
その下に野上裕之の彫刻「掌」(2007年)を置いた。
甲斐扶佐義の作品は’96年頃の作品で、二匹の猿が寄り添い座っている
後姿を撮影した作品である。ほのぼのとした生きものの暖かさが伝わる佳品
である。その下に両の手を彫刻した野上裕之のふたつの掌が置かれた。
これは震災と津波の海を追悼し、祈る気持を表わす為、構成し配置した。

炎暑の夏、海を主題に私は私なりの思いをこれら収蔵品の展示構成に託し、
構成した積りである。
個々の個展時とはまた違う、作品同士の交響が新たな空間を湧出したと
思う。
そしてこの会期中何人かの方がこの思いに応え、新たな展開に加わって
くれた事に深く感謝している。

*竹本英樹展「意識の素粒子」ー8月18日(木)-9月8日(木)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*及川恒平コンサート「まだあたたかい悲しみー其の四」
 8月21日(日)午後6時~予約2500円当日3000円。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

# by kakiten | 2011-08-14 13:19 | Comments(0)
2011年 08月 13日

本州浪漫の街ー弓張月(22)

昨日の道新夕刊に小さく岩見沢の老舗割烹「酔月」の建物解体の記事があった。
11日市民有志約100人が集り、名残を惜しんだという。
木造の大きなこの建物は、往時の岩見沢の街を偲ばせるものである。
炭鉱全盛期に多くの本州人が往来し、きっと遠い故郷を想うように建てられた
本格的な和風木造建築物だ。
岩見沢の地名は、湯浴みする沢から転じたというから、元々人の往来の休憩所
のような交差する所だったと思える。
さらに汽車の交通網の集合地点として多くの鉄道路線が交差し、石炭の運搬
人の往来の集結地点でもあったのだろう。
その多くが本州から移住、出稼ぎに来た人たちなので、この街の匂いには
本州浪漫が色濃くある。
その街の匂いを代表する建物が、この割烹の存在だった。
往時の広大な敷地を彷彿とさせる寺院の存在もあり、この街のコアが本州
憧憬・浪漫として、他の都市とはまた違う独特の風情を形づくっていた。
アーケードのある駅前商店街にも、店舗の背後に立派な軟石倉庫があり、
この蔵の造りも本州の伝統的な様式を保っている。
またアーケード街には、懐かしいような街頭放送が流れて、喫茶店の造りも
昭和の匂いがした。
札幌ではもう遠く喪われた昭和・本州浪漫が、今だ色濃く残っていて、
初めて昨年訪れた私には、とても新鮮な街だったのだ。
その中でも特にこの割烹「酔月」の建物の大きさ、存在感には吃驚した。
今でもこの建物の前を大きな車輪に幌付きの人力車を牽く男が、芸者さんを
乗せて走っていても少しも違和感なく感じられるような、風格ある建物だった。
札幌にも幾く代とか東京庵とか都心近くにそうした料亭があったと思うが、
もうとっくに消えて今は何も無い。
さらに札幌は洋への志向が濃い為、時計台や豊平館のような洋館が多い。
これはこれで、札幌という都市のもつ街の匂いである。
その点岩見沢は明らかに、本州憧憬・浪漫がこの街の匂いなのだ。
その街の匂いを遺す建物が消える事は、もう岩見沢が岩見沢ではなくなる
ような気がする。
官ではなく、民の中で生まれたこうした建物文化が、経済的理由にも拠るの
だろうが、純粋なこの土地ならではの匂いが凝縮した結晶が壊されるようで
誠に残念と思わざるを得ない。
全道で唯一美術講座のある北海道教育大学岩見沢校がある岩見沢で、
何故こうした地元の文化資産を活用し、維持するような運動が起きない
のだろうか。
人口の多い札幌ばかりを、人口計測志向で見てばかりいては、真の文化の
足下は固まらないのではないのか。

*「海に沿って」展ー8月14日(日)まで。am11時ーpm7時。
*及川恒平コンサート「まだあたたかい悲しみー其の四」
 8月21日(日)午後6時~予約2500円当日3000円。
*竹本英樹展ー予定。
*藤谷康晴展「覚醒庵」-9月13日(火)-26日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

# by kakiten | 2011-08-13 13:32 | Comments(0)