テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 28日

掌(てのひら)と書物ーシジフォス(15)

出版編集企画の竹中英俊さんが茅ケ崎から来て、本居宣長の
「古事記伝」原本を見せて頂いた。
前回見せて頂いた、25歳福沢諭吉編集の英語・中国語和語
辞典も、その苦闘する翻訳語に明治の若々しい青春を感じて
面白かったが、漢字・平仮名を駆使し古事記を日本語に定着
させた本居宣長の情熱が、装本・木版活字の美しさに顕れて
いて、感動した。
美濃紙を使った和紙の一葉、一葉の、時を超えた存在感。
そして掌にしっとりと納まる書物全体の存在感。
掌に保ち、一葉ずつ頁を捲る優しく微妙な指先の感覚。
18世紀の国学者本居宣長の瑞々しい感性が、そのまま
書物の形をして凝縮している。
三百年近い時を超えて、この書物自体が少しも古びては
いない。
漢字に訓読みを加え、平仮名と漢字を組み合わせた文章。
それをしっかりと受け止めている木版文字と美濃紙の
しなやかな強靭さ。
そして何よりも和紙と木版印刷とが保つ植物の有機的な
相性が奏でる心地良さ。
さらにその総体を掌(てのひら)で受け止め、包み、捲る
快い重さ。
人の手に渡り、人の手の油を吸い、さらに書物は長持ちし
活きてゆくと云う。
短い最新が横行し、直ちに古へと見捨てられて行く現代。
その価値基準とは対極にある書物という有機的なモノ。
そんな背筋を伸ばし書物と向き合う時間を、何時の間にか
喪ってきた自分を思うのだ。

もう古い、最新の・・と警告を送ってくるパソコンの画面
を睨みながら。

*斎藤周展「継へ」-8月15日(水)ー26日(日)
 am11時ーpm7時・月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

# by kakiten | 2018-07-28 14:23 | Comments(0)
2018年 07月 24日

送り・送られてーシジフォス(14)

チQ君から電話が来る。
母上が亡くなられたと言う。
明日千歳でお葬式。
先週初の個展を自分と母上の為に終え、会期中母上
は病院から自宅に戻り、彼を送り出していたと聞く。
会場まで一度は来て見てもらいたい、と願っていた
が、いまいち体調が整わず個展終了時家で母上の為
に描いた新作を見せたと言う。
母上の名前碧(みどり)の地に銀の経文が書かれた
組作品9点と、ガンに侵された肝臓・脾臓の形を
モチーフに島のように描いた碧(あお)と碧(みど
り)の作品だ。
会場では1階正面に組作品9点と右壁に1点展示
されていた。
母上は黙って、じっと作品を見ていたと言う。
その後病院に帰り、間もなく息を引き取った。

南の島沖縄や先祖の島佐渡島に憧れ、ここ十数年放浪
を繰り返していたチQ君が、母上の病んだ内臓をまる
で島のように象り、銀の文字と碧色で彩った絵画。
彼自身の内なる島を最も身近な母の内に発見したかの
ような美しい作品だった。
お母さんは何も言わずとも、心の心緒でじっと感じて
いたに違いない。
本当に個展出来て良かったです・・。
見てもらって良かったです・・・。
少し涙声のチQ君だった。

個展中我が家に戻り、家から息子を見送った碧さん。
そして個展の終わりを見届けるように、その後病院に
戻り遠い国へ旅立って行った。
今度はチQ君が見送る番だね・・。
私は初の個展を終えた労いと共に、そう彼に伝えた。

たった一枚の絵にも、個人的な理由(わけ)がある。
遠い島への憧れにも、個人的な身近な理由がある。
その身近な理由(わけ)と向き合い、全力で表現しよう
とした時、踵(かかと)の芯から湧き上がる視界がある。
爪先を跳ばす遠い眼差しは、見えない踵(かかと)の内
なる眼差しとなって、重く病んだ碧の内臓を見たのだ。
表現する、顕すとは、母上とチQ君の、見送り・見送ら
れる行為に似てる。
個展会期中母上の束の間の滞在は、その心の顕われなのだ。
今回の新作に在ったように、作品の内に滞在したふたりの
心は、祭壇に作品をそっと飾る積りと語ったチQ君の最後の
言葉にも響いていた。

*斎藤周展「継ぎへ」-8月15日(水)-26日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503






[PR]

# by kakiten | 2018-07-24 14:05 | Comments(0)
2018年 07月 22日

楽屋の集まりーシジフォス(13)

ドイツから帰国し札幌での10月設置仕事に追われて
いる彫刻家谷口顕一郎・彩子さんを囲んで、熊谷直樹
氏、山田航さん、中嶋幸治氏、村上仁美さん、私と久
しぶりに円山北町の楽屋に集まった。
河田雅文氏、中川潤氏は所用で来れなかったのが残念。
北18条の居酒屋ゆかりが閉店し、以前の馴染みの
居酒屋楽屋に集まったわけで谷口さん、熊谷さんも
馴染みで懐かしそうだ。
話はそれぞれの近況、谷口さんの10月完成の某文化セ
ンターに設置する大きな仕事、その基本コンセプト等が
中心だった。
お百度駆け足登山を毎日続けている中嶋さんは疲労が溜
まっている感じだったが、元気だった。
熊谷さんは、谷口さんの工場で制作中の新作品をスマホ
画面で見て、モスラのようだと感心している。
宙に浮いている新しい作品には、私も今までにないある
攻撃性を感じていたので、モスラ発言はどこか共感して
聞いていた。

札幌から稚内ーサハリンを経由してベルリンへ行って
10有余年。
ケン&アヤー谷口は、故郷にこれまでの転機となるモニ
ュメント作品をパブリックな形で残そうとしている。
アヤさんはこれを機会にドイツでの仕事を離職し、本格
的にケンの作品行為に寄り添うようだ。
テンポラリ―スペースで予定の初のふたり名での作品発表
も待ち遠しい。
その折にはアヤさんの書いた約2ヵ月に及ぶロシアー欧州
への旅日記を再構成し製本して公けにお披露目した方が良
いと思う。
誰にでもできる事ではない。
ふたりだからこそ出来た、10余年前の出立の記録、作品
でもあるからだ。
最初のケン&アヤ作品発表時に皆さんにお披露目したら良
いと私は思う。
多くのサハリンからベルリンまでの道中写真も残されて
いるので、それらをも含めて公開し遺すべきだ。
故郷で公的に認められ、10月公開展示される今制作中の
大作。
ふたりがその故郷を出立したシベリア経由の欧州への旅
の記録。
ひとつの行為の札幌ー欧州ー札幌と循環する10余年の
行為の螺旋。
故郷札幌に今回遺して欲しいものだ。

中嶋さんの駆け足登山の成果ー短パンから見えた脛の
筋骨の逞しさ。
そして思わずポロリと漏らした山田さんの入籍報告。
今制作中の作品のコンセプトー界(さかい)へのノック
から生まれた札幌の地形・凹みの彫刻。
岐阜で見つけた幻のハッチョウ蜻蛉。
タニシと沢蟹とヒルの共存する川。
話は種々跳び、楽しい楽屋の夜だった。

*斎藤周展「継ぎへ」-8月15日(水)-26日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



[PR]

# by kakiten | 2018-07-22 14:46 | Comments(0)
2018年 07月 21日

南の青・北の赤ーシジフォス(12)

沖縄の美術家豊平ヨシオさんが秋に来ると言う。
現在のテンポラリースペースは初めての訪問だ。

1992年11月末から12月末まで最初の個展を
旧テンポラリースペースで展示した。
その時は廃材絵画と呼び、素材は古い板角材、テント地
、そして流木。
流木以外は沖縄駐留米軍の倉庫の床板に使っていた
廃材だ。
米軍の駐留地の床材やテントなどの廃材にはニスや
コールタールが塗られている。
その無数の痕跡が生々しい。
本来沖縄には無かった素材。
そこに沖縄の敗戦後も長く続く占領地社会の深い傷
口が、垣間見えた。
その十余年後電話が入った。
私の心を撃ったのは、次のような彼の一言だった。

 沖縄は基地と観光だけです。
 たくさん作品はあります。ただ眺めています・・。
 見に来て下さい。

札幌は厳寒の2月。
野上裕之さんの鉛を素材にした現場制作オブジェ展が
開催中だった。
初めての沖縄へ二泊三日の強行日程で羽田を経由し
一日がかりで沖縄・那覇空港へ。
この時初めて日本列島の長さを思った。
晴れた青空、梅の花にウグイスが鳴いている。
札幌の鉛色の空・零下の水道管凍結の昨日を思った。
そして訪ねた丘の上のアトリエ。
さらに10年後今年5月再度訪ねたアトリエ。
何も変わらず作品たちが佇んでいた。
米軍基地から排出された廃材・テント・ニス・コール
タールの塗装剤。
それらを使い現代の御嶽のように制作された廃材絵画。
その社会的視座の作品は消えていた。
もっと自然そのものに添った悲しみ・怒りが、シンプルに
青い色彩と亀裂だけで表現されていた。
沖縄の空と海の青、その叫びのような中央の亀裂。
ただそれだけの2m×1m程の縦長の作品群。
それらが百余点壁を覆っている。
その前でただ沈黙・無言・・・だった私は翌日帰札し
、それから10年。
豊平さんが1992年当時制作していた基地沖縄への
強い眼差しが何時から現在の作品に変化したのかは
知らない。
たた2009年時点ではすでに100点前後の作品が
創られていたから、少なくとも10年前2000年前後
から制作し続けていた気がする。
2018年の現在から思えば、20年近く祈りのように
沖縄の深い亀裂・悲しみを、塗り・彫りこんでいるのだ。

来年2月厳寒の白い大地札幌で、この作品を抱き締めたい。
その前に下見に来られる作家を、壁の紅葉した蔦が北の赤で
、南の青を迎えるのだ。

*斎藤周展「継へ」-8月15日(水)-26日(日)

 テンポラリースペース 札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

# by kakiten | 2018-07-21 13:04 | Comments(0)
2018年 07月 19日

危険な・・・-シジフォス(11)

西日本豪雨災害その後のニュースを見ていると、危険な
暑さという表現が盛んに使われている。
豪雨災害後の猛暑を表現する言葉だ。
40度を超える暑さ、そして泥流や流木で埋まった災害地
の衛生環境悪化がそれに輪をかけている。
何時の間にか、夏の暑さも危険という二文字が被せられる。
熱さだけではない。
自然界の山・川・森、人間社会のビル・道路・地下通路等も
危険なと付けると何故か頷く我々がいる。
安心・安全・便利・快適の環境が、一瞬にして怖いインフラ
環境・自然環境として顕れだしている。
まるで戦後原子力発電が安心・安全で定着して3・11で
逆転したその流れのように。
危険な暑さ、危険な風、危険な川、危険な山裾、危険なビル
危険な車輛・・・危険の付かないものが無いほど自然の野生が
鎌首を擡げている。
工業化・都市化を進めた近代化は、安全・安心・便利・快適
が旗印。
と同時に現在は、危険・不安・不便・不快が、自然の荒々しい
野生の前に露呈しているのだ。

一昔前まで人はその怖れを身に沁みて経験していたはずだ。
自然界との界目に手を合わせる祠・神社を祀り、護岸を兼ねた
石段で補強をし、森を里山として守り、故郷を創った。

♪兎追いしかの山、小鮒釣りしかの川・・・

と謳われた「故郷(ふるさと)」とは、そうした自然野生と
人間社会の界(さかい)の存在・共生への賛歌と思う。
人は身体外巨大エネルギーを操作し、畏怖・畏敬の自然観を
喪失して、エゴという我欲を剥き出しにしつつ今がある。
それに呼応するように、自然もまた野生を剥き出してくる。
孫悟空の如意棒・筋斗雲のようなものだ。
大自然という釈迦は掌(てのひら)を広げ、お前の行った世界
の果てとは此処かい?と指を差し出す。
掌(てのひら)と小手先。
世界の大きさの大いなる相違。
そこに畏怖と畏敬の源、故郷の源もある筈だ。

土石流溢れ出ししかの山、巨木流れ車流れしかの川・・
 
が畏れを保つ野生の自然なのだ。
夏は危険な暑さを保って、危険な風の渦を伴う。
大地が揺れ、水が溢れ、風が唸る
危険な夏が来た・・・。

*斉藤周展「継ぎ」-8月15日(水)-26日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503







[PR]

# by kakiten | 2018-07-19 12:49 | Comments(0)
2018年 07月 15日

基地・ふたりーシジフォス(10)

蒸し暑かった昨日。
喉が渇いて清涼飲料を買いに外を歩いていると、郵便配達の
バイクが止まり、声を掛けられる。
沖縄から速達ですよ、と大きめの郵便封筒を手渡される。
郵便配達の人、顔を覚えていてくれたんだ、と何となく感激する。
封筒は沖縄の豊平ヨシオさんからだった。
中には大きな文字の手紙と、豊平さんが美術館で購入した吉増剛造
さんの3冊の本に書かれた献辞コピーだつた。
6月NHK密着取材撮影の合間を縫って吉増さんが、アトリエに作
品を見に来てくれた時のレポート・報告が書かれていた。
1時間弱、沈黙・無言のまま椅子に座って作品群を眺瞰していた
という。

 無言と沈黙。
 座って。

豊平さんが美術館で購入した吉増剛造展覧会図録・詩学講義ー無限
のエコー等は、現在スペインにいる愛息の太郎君に送る為なのか、
豊平太郎さんへと大きく書かれ、<沖縄の白眉のときを、希蹟のよ
うに過ごしつつ、・・・>
といった豊平さん作品への献辞が添え文が綴られていた。
この時の胸に積もるものがあるのか、豊平さんの大きな男らしい
文字が時に立ち止まり、時に溢れて言葉にならない気持ちが10葉
余の文面に滲んでいる。
20年近くこの作品を黙々と創り続けてきた、現代美術の豊平ヨシ
オの表現体。
この作品群が同世代、福生・横田基地近くに育った吉増さんと、
今なお日本70%の基地に囲まれた沖縄の純粋な魂を真っ直ぐに
刻み続けている豊平さんとが、現代詩・現代美術の最前線で出会
っている。
ふたりの間の作品を前にした<沈黙・無言>には、深い雄弁、深
い信頼が見えてくる。
配達前に声を掛けて渡してくれた郵便配達人さん。
そのずっしりした大きな封筒の重さと共に、中味に詰まったふたり
の心の重さも、私には嬉しく心地良いふたりの魂の重さだった。

*チQ展「NMAMDB」-7月15日午後7時まで。
*斉藤周展「継ぎへ」-8月15日ー26日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



[PR]

# by kakiten | 2018-07-15 12:48 | Comments(0)
2018年 07月 13日

碧(あお)の記憶ーシジフォス(9)

2階吹き抜け廻廊の壁一面に、古代洞窟壁画のように
自由奔放な黄色の大文字「南無阿弥陀仏」が躍り、そ
の背に重なる様に銀色の経文の文字が緑の背景に踊っ
ている。
そして真ん中に「幸福的生活」と書かれた文字と共に
女神が瞑想した笑顔で立っている。
一転して吹き抜け下の展示は小品が主体で、碧に銀の
小品9点が正面壁に縦横3点の方形の形で求心力を保
って鎮座する。
この二色が主流となって、他の小品が逆放射状に世界
を構成している。
日中陽の光が入る時は、できるだけ照明を点けない状態
で見て欲しいと思った。
銀が照明で特有のギラッとした光を喪うからだ。

今回の展示のトニカ(基調低音)となっているのは、
<祈り>である。
そして碧と書くミドリの色彩だ。
今肝臓と膵臓を病んでいるという母上の名前に由来する
碧(みどり)だと聞く。
それに添う銀色は、多分チQさんの祈りの彩(いろ)だ。

初個展で、彼は初めて母への祈りを真として、行・草の
展開を顕現したと思う。
それは同時にかって憧れ移住した沖縄の彩(いろ)とも
重なり、祈りの銀彩は沖縄の哀しみの亀裂からも及んで
きたものかも知れない、と私は感じていた。
2009年2月、2018年4月二度沖縄で見た豊平ヨ
シオさんの、紺碧の青に亀裂の作品がどこかでそう告げ
ていたからである。

チQさんの幻に終わった沖縄移住は、今母上への深い感謝
と余命への深い祈りという形で、彼自身の御嶽(ウタキ)、
ニライカナイのように顕れている。
次へ繋がる、或いは次へと繋げなければならない、不惑の
初個展なのだ。

*チQ展「NMAMDB」展ー7月15日(日)まで。
 am11時ーpm7時
*斉藤周展「継ぎへ」-8月15日ー26日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




[PR]

# by kakiten | 2018-07-13 12:32 | Comments(0)
2018年 07月 10日

チQ展始まるーシジフォス(8)

チQさんの展示としては、ひとつのエポックとなる展示だ。
吹き抜け2階全面大作の過剰感。
1階の凝縮した透明感溢れる小品群。
フイジカル・メタフイジカル的にいえば、2階吹き抜けは
フイジカルな饒舌性に溢れ、1階展示は緑と銀が主体のメ
タフイジカルな透明感に溢れている。
このようにトータルな表現発表は初めてではないだろうか。
チQさん、身も心も・・・である。
聞くと、母上の肝臓・膵臓の重い病を思い、母上のお名前
碧(みどり)とその内臓を意識して描いたともいう。
この祈り・心配が、作品群に反映されている気がする。
そんな個人的理由(わけ)が、作品というある普遍性を抱いて
展開されている。
碧(みどり)がトニカとなって、彼自身の<身>と<心>が
作品全体に脈動しているからだ。

話は違うが、東日本大震災に続き西日本大豪雨災害が死者・
行方不明者の数を更新しながら、連日報道されている。
画面に映る悲惨な状況を、我々はどれ程共有出来得るのか。
被災者の個々の苦悩・悲しみを、個人的理由に封印しては
ならない。
現代が保つ自然と人間社会に共通する災害基盤として受け
留めなければならない時代の要因がある。
水や風や山や森に対する畏敬と畏怖の欠如・喪失。
何故土砂災害は起こるのか。
何故集中豪雨は発生するのか。
その何割かは喪われつつある自然への畏敬・畏怖感の拠点・
界(さかい)喪失に起因している気がする。
石炭・石油・原子力と、自然が内蔵するエネルギーを利用し
人は人間自身のフイジカルなエネルギーを超えた力を得たの
だが、その身体外エネルギーを指先の操作で操る文明症候群
が、本来の自然への畏怖・畏敬を喪失させて、自然と人間社
会の共生空間である故郷を剥ぎ起こし、怖い自然野生と剥き
出しで対峙する時代を顕現さているような気がする。
東・西に続き、北・南にも何時どんな大災害・大震災が起き
てもおかしくない時代だからである。

チQさんの母上への個人的な理由(わけ)が、他人事ではなく
ある普遍性を保つのは、作品自身が個に埋没する事なく、母と
いう他者への想い・祈りが深い処にあるからである。
個人的理由(わけ)を情緒的に扇動し舞い上げるのではなく、
個の内から他者への愛として架橋する真摯さが、真の心の故郷
(ふるさと)を再生させ、作品を生む人間のエネルギー源であ
ると思える。

*チQ展「NMAMDB」-7月15日(日)まで。
 am11時ーpm7時
*斉藤周展ー8月15日(水)ー26日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
 


[PR]

# by kakiten | 2018-07-10 12:55 | Comments(0)
2018年 07月 04日

小さな里帰りーシジフォス(7)

ギャラリー吹き抜け上の、小さな事務所でブログを
打ち込んでいた。
階下にふっと人の気配がして、真っ赤なワンピース
を着た若い女性と男性の姿が見えた。
入って良いか、と聞く。
どうぞ、と応え階下に降りた。
男性は欧米人のようで、寡黙である。
展示中の故八木保次さんの知り合いとも思えない。
若い女性は身重らしく、お腹が少し大きい。
その内外国人の男性が、南窓上部にある八木保次の
黒一色の書のような横長の作品を指さし、値段を聞いた。
1988年円山時代個展の折り、会場で一気に描いた
抽象画である。
時を経て3っに折れて補強して展示している。
私の好きな作品で、毎年追悼展には必ず展示している。
他の積んであるガッシュ作品から選んで壁に並べた赤い
作品と2点欲しいという。
通訳は赤い服の女性で、こちらも少し発音が日本人らしく
ないが、言葉は流調で分りやすいい。
聞くと中国の人で、旦那さんはスイス人という。
そして中国の女性は7年前北大に留学し、この近くに下宿
していたと言う。
テンポラリースペースは通り道で知っていたらしい。
旦那さんに自分の青春を過ごした大学構内と住んでいた界隈
を案内し、スイス土産に自分たちの記念としてこの2点の絵
を購入して帰国するのだ。
台風の影響で雨降る中、今夜札幌を発つと聞き、梱包を
しっかりしなければと思った。
閉廊時間の午後7時までもう一度銀行でお金をおろして
から来ると言った。

故郷中国を離れ、北海道大学で学び、スイス人と恋をし
スイスに住む。
その直前母校と母校沿いの斜め通りの自分の住んでいた地域。
その近くの寂れた前から気になっていた画廊。
案内してそこで旦那さんが選んだ赤いガッシュと墨象の抽象画。
奥さんの方は、実は小さな赤いガッシュ画が好きだという。
もう一点赤い大きめのガッシュ画を選んだ旦那さんの気持ち
がなんとなく解ったような気がした。

着ていた赤いワンピース。
あの赤もきっと国を顕す赤ではない。
国を離れ異国へ行く個の選んだ燃える赤。
そしてこの北大界隈は、彼女自身の小さな故郷。
そう感じた。

八木保次さんの作品がスイスへ一緒に旅立つ。
私が私蔵しているよりは、その方が数段良い。
今、絵は赤いワンピースの身重な女性と同じように
ひとりで旅立ってゆくのだ。
絵の作者の来歴も顔も何も知らない国へ。
作品もまた中国のこの女性と同じように、個として、
個の魅力として立つのである。

八木保次さんの新聞資料等をしきりに写真に収めて
いる旦那の姿があった。

*八木保次遺作ガッシュ展ー7月8日(日)まで。
 am12時ーpm7時:水・金・午後3時閉廊
*チQ展「NMAMDB」-7月10日(月)-15日(日)
 
テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
tel/fax011-737-5503



[PR]

# by kakiten | 2018-07-04 14:18 | Comments(0)
2018年 07月 03日

身も心も・意ーシジフォス(6)

友人のN君が毎日円山走駆登山を実行していると聞く。
お百度詣だという。
精神的に辛い時期、心を身体に転換して勤しむ。
心が負ければ、身体もよれよれ。
身体を通して、心を再生する。
身も心も・・の実践。
私が5時間の透析治療中左腕を緩く固定したまま、
両足倒立、大股くの字開き、腹筋、アキレス腱伸
ばし、足首回転等の自主メニューを間を覆いて数回
続けているのも身の心の実践なのだろう。
もう七十数回登頂をしたというN君の話を聞いて、
どこか共感する何かがあった。
お百度詣で、と意識したのは、きっと毎日山へ走って
登ろうと決意した後の事だろうと想像する。
身に心が宿るのだ。
最初からお百度参りの目標を立てたわけではない、と
感じる。
身が心を引き込んだ・・。
私自身も闘病と言う身体の時間を、身体で応えると
心を切り替える為実践している。
内臓の貯水池、筋肉のダムを少しでも創り、水と闘う
病と向き合う為だ。
時に肥大化し、増幅・増殖する不安・心の暴走に身を
以って対峙する必要があるのだ。
身も心も、左右両足の靴のように、両足揃えて履き直
さなければならない。

人が妊娠し孕む形象を文字で<身>と顕す。
身は心も孕み、声を発する。
声を発する時、音の下に心が結んで<意>ともなる。
意は<こころ>とも読むのだ。
<身も心も>の<意>実践を、人は生きると言う。

*八木保次遺作ガッシュ展ー7月8日まで。
 am12時ーpm7時:水・金は午後3時閉廊
*チQ展ー7月10日ー15日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




[PR]

# by kakiten | 2018-07-03 13:41 | Comments(0)