テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 02日

身の生きる場ーサッポロ・ランド(13)

「メイ」の取材撮影で名寄に出かけていた大木さん
が、帰る前テンポラリーに寄る。
連れの人が古い友人で、今福島県北海道事務所のT氏。
3・11以後北海道に避難してきた県民の仕事で最近
札幌に赴任して来たという。
昨年5月吉増展で深い出会いをした福島県浪江の原田氏
の事もあり、何かふっと出会いの予感がする。
奥の談話室に坐って間もなく、T氏が棚にある村岸宏昭
主演・楽曲のパリ短編映画祭グランプリ受賞のDVDに
注目した。
最近この映像を知って興味あったと言う。
えっ、という事になり、5分程の映像を見せる。
2006年8月13日四国鏡川で遭難死。
その前月テンポラリースペースで個展「木は水を運ん
でいる」をし、22歳で夭折した村岸宏昭。
この出会いで初対面の福島のT氏と一気に距離が深まる。
しかも当時ムラギシが四国を訪れたのは、隣の大木裕之
さんを尋ねての事だった。
大木さんはさすがに心痛むのだろう、映像を流す前に買
い物に席を外す。
夕刻帰京前の短い時間、濃い話が続いた。
そこへ来月個展予定のチQくんが来て、十数年ぶりに
大木さんと再会する。
これを機に大木・T氏が帰った後チQくんの話。
母親が最近病重くなり、来月の個展延期も考えている、
どう思うか、という相談だった。
この何年間少し低迷気味な彼に、私は強い心で作品を
母上に見せて勇気づける気持ちで作品を仕上げたら
と話した。
自分のしたい事をして見せるのが、最大の親孝行と思う
と告げた。
母に寄り添う子ではなく、自分がしたい事をする自分を
自信をもって見せてあげる。
それをしないと、何時までも私の所為でお前に迷惑を
かけて・・・とお母さんも自分の内に閉じてしまう。
先刻ムラギシの追悼本を購入してくれたT氏を例に、
息子の死後息子の仕事に励まされその記録を纏め遺作
・追悼の本造りにみんなと情熱を傾け、本完成直前に
亡くなった母村岸玲子さんの事を話した。
作品は死後も遺ってチQくんの母と同じ病の村岸の母を
勇気づけたのだと。
ふっと涙目だったチQくんは、その後さっぱりした表情
で勤務の仕事に戻って行った。

人は様々な与件状況の中で生きている。
そして時にその与件状況を脱する行為を身を以って行う。
行動する身は、この時心をコアとして呑み込んでいる。
黒人でジャズマンのジョンルイスがバッハに憧れ、その
様式を取り入れたジャズ演奏をした時、クラシック、モ
ダーンジャズ界両方のから批判されたと聞く。
そしてまだ人種差別も多い社会で、彼は人種差別・ジャ
ンル差別の両方の社会的与件差別の中で彼の音を追求した。
晩年彼はピアノソロでバッハの平均律、奥さんと共演の
ゴールドベルク変奏曲を遺している。
本当にしたい事を彼はしたのだ。
最愛の人とともに。
ジョン&ミリヤナ・ルイスの名でバッハを演奏している。
ここに観念的社会差別はない。
身を以って与件を突破し、実体(作品)としたのだ。
この作品が生まれ、生き抜く世界こそ、もうひとつの人間
の国(ランド)といえるのかも知れない。

*八木保次素描展ー6月5日〈火)-17日(日):月曜定休
 AM12時ーpm7時:但し水・金午後3時まで。


 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




[PR]

# by kakiten | 2018-06-02 18:40 | Comments(0)
2018年 05月 31日

身の時代ーサッポロ・ランド(12)

年一回の造影CT検査を受ける。
移動する丸い円筒の中に入れられ、コンピューターと
放射線を使って体の断層画像を撮影する検査だ。
造影剤を注射され始まる。
年一回いつも思うのは、レンジの中でサンマになって
焼かれているようなレンジ内感覚だ。
造影剤は油かな・・。
人間も最後は、身の問題である。
身の丈、身の内、身に沁みる・・・。
身の程知らずの自分は、やっと最近身を認識している。

昨年6月同時期に見たふたつの個展を思い出す。
斉藤周個展「片鱗」と蔦井美枝子個展「纏う」。
斉藤周の個展挨拶に次のような言葉がある。

 子供の頃に何度となく父と訪れていたニセコ比羅夫での
 このスキー体験は、今まで感じた事のないような、強烈な
 高揚感が体の内側から湧き上がってくるものでした。奇し
 くもそれは自身の内なる部分をさらに掘り下げ、自身の原
 風景を呼び起こすきっかけになったのです。

古い木造のアパートがギャラリーとなったその空間で、今ま
でにない斉藤周の<身の内なる部分>が乱舞していた。
マンションに無い、木造の集合住宅が保つ柔らかい有機的な
空間体が、斉藤周の身の内なる片鱗を解放していた。

そして同時に瀟洒な現代美術のギャラリーで展示されていた
「纏う」蔦井美枝子の着尺展。
染めと織りの着尺の展示とそれで仕立て上げた着物一体。
この着物は、亡くなった母に捧げて仕立てたという。
今は亡き母の身体・その身に纏う着尺。

このふたりに偶然共通していたのは、亡き肉親への想いが、
作品を解放させかつ作品の素(もと)となっていた事だ。
亡き肉親の身体が自らの身の内から湧き上がり、飛翔し、
作品となっていた。
私はこの時<着物>という文字の保つ意味が初めて解った
ように思えた。
纏(まと)う<身>が先に在る。
<心身>と心が先に立つのではない。
<身も心も>と、<身>が心の底に在るのである。
作品という<物>は、そういう身のモノなのだ。

最近出版された吉増剛造の「火ノ刺繍」一冊にもそれを感じている。
厚さ6cm、1・3kgのこの本は、書物という身のモノである。
薄っぺらな指示表出の文字が横並びに氾濫する時代。
この書物はそれ自体が、時代に抗し<書き物>という身としても在る。

<身>の時代が始まっているのかも知れない。
”あ~と”と、物流の回路に流される衣装表出優先の時代に対峙
する、<身>という実体への位相構築。
心の奥底に身が在る。
自己表出と指示表出。
10月予定のドイツ在住の谷口顕一郎が今度の個展で初めて
する事があると聞く。
<ケン&アヤ>と名乗る事だ。
ふたりという<身>の顕在化である。
男女平等という心=概念ではない。
実体=身の自己表出である。
ふたりは13年前稚内からサハリンを経てシベリア大陸を越え
欧州へ辿り着いた体験がある。
欧州でのその後の谷口の活動を支え、ともに生きて来た彩さん。
堂々ふたりの名前で故郷に錦を飾るのが相応しいと、今思う。

クリスト&ジャンヌクロード
ジョンルイス&ミリヤナ・ルイス

現代美術とモダーンジャズにもこうした先達がいる。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

# by kakiten | 2018-05-31 18:17 | Comments(0)
2018年 05月 30日

大木裕之氏来るーサッポロ・ランド(11)

映像作家の大木さんがひょいと現れる。
5月も残り少ない29日。
2004年から撮り続けている映像「メイ」。
円山時代、北大エルムゾーン時代と私の軌跡を
主題に5月(メイ)に撮影を続けている。
まだ未完のこの映像作品、今年はどうなるのか・・。
途中父上を亡くされ、「おかくれ」という名作を
札幌ー石狩をバックに制作したり、水戸芸術館の
映像個展で、石田尚志氏とともに招かれ鼎談に及ん
だ事もあった。
東大建築科出身の異能の映像作家である。
飄々として神出鬼没、自由にして直向、ある種天才
型の映像人である。
こんな人に記録される私とは如何なる像を結ぶのか、
いい加減な生き方はできないと覚悟している。
きっと本当の完成は、私の死後となる予感もするの
だが・・・。

最前列にして最後尾 背後には黒々と街の火

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

# by kakiten | 2018-05-30 14:43 | Comments(0)
2018年 05月 27日

異父兄弟・子母澤・三岸ーサッポロ・ランド(10)

全国各地の大学出版会の編集・運営等を指導している
元東大出版代表茅ケ崎在住の竹中英俊氏が来る。
明治の治水学者岡崎文吉の終焉の地茅ケ崎。
その岡崎宅から数百メートル同じ茅ケ崎にお住まい
という事が縁となり、私の大学時代の先輩門倉弘氏と
ともに仕事をした縁も重なり、出張の折りは毎回テン
ポラリーに寄ってくれる。
宮城県のお生まれで、同じ大学出身という事もあって不
思議と話が合う。
蚕(かいこ)をお蚕さんと呼び、味噌・醤油の自家用に
麦畑で麦踏みの経験があったという、東北の逞しい生活
を経ている東北人の面白さがあるのだ。
今年2月の鈴木余位・村上仁美展「ふたたび 花傍らに」
の村上さんの絹糸の造形にも鋭く反応し、及川恒平×山田
航ライブのテーマ「麦」にも深い関心を寄せていた。
北海道生まれにない、東北の生活基盤の知識・経験。
それがここで新鮮に触発される。
今回も今北海道立文学館で開催中の「子母澤寛」展を
見て聞いた話が心惹かれた。
石狩河口近い厚田村生まれの子母澤寛。
その異父弟が、なんと昭和前半の天才モダニスト画家
三岸好太郎だという。
ふたりの父の祖父は明治初期函館戦争の敗残の武士、
子母澤寛は時代小説の素材を幕末・維新、遊侠・股旅
モノとして「新選組始末記」「弥太郎笠」など数々の
名作を世に残した。
それに対し異父弟の三岸好太郎は札幌薄野の遊郭に産ま
れ、その斬新なモダニズム絵画は今も三岸好太郎美術館
として網羅されている。
榎本武揚等の蝦夷地独立の夢。
その祖父の血統を継いだふたりの孫たち子母澤寛・三岸
好太郎。
「無頼三代 蝦夷の夢」という子母澤寛展の副題は、言い
得て妙である。
なにか札幌モダニズムの根を見ている気がした。
明治新政府に抗い、伝統文化に抗う・
幕府・明治新政府に対峙する蝦夷共和国の夢。
伝統的な絵画・彫刻に対峙するモダニズム洋画。
その根は<対峙>というアンチの精神なのだ。

竹中氏によって石狩河口のもうひとつの原像が
開かれた気がした。

*八木保次・伸子展「彩」-期間不定展示中。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




[PR]

# by kakiten | 2018-05-27 15:19 | Comments(0)
2018年 05月 26日

空いた時間ーサッポロ・ランド(9)

次の個展まで、エアーポケットのように空いた時間。
八木保次・伸子展の作品提供者ふたりが親のご不幸
があり、搬出が遅れている。
引っ越し、引き取りと大変なようだ。
その間作品展示はそのままに、新たに吉増剛造の
新刊「火ノ刺繍」寄贈分の包装・出荷の作業場に
なっている。
出版元の札幌・響文社高橋さんの依頼で、厚さ6㎝
もある大部冊子に吉増さん直筆の寄贈先名入り和紙
を添えるのだが、本から和紙がはみ出す為折れない
ように梱包を手作りで作業している。
包むという行為は、若林奮直伝の大事な行為なので、
吉増さんは非常に神経を使う。
その任を吉増さんは信頼厚い村上仁美さんを指名した
ので、その梱包作業を空いた時間ここでしている。
しかし肝心の本が販売先優先で、まだ到着していない。
この間百余枚の八木保次グワッシュ作品を、会期中
人手に渡り空いた壁面に新たに飾っている。
自由奔放に描いたグワッシュ作品は、八木保次さんの
生前のアトリエに山のように積まれて在ったものだ。
どこか吉増さんの「怪物君」草稿と似ている。
空いている時間、これらをかっての八木保次アトリエ
を再現するように飾ってみようかと思う。

*不定期「八木保次・伸子―彩」展ー期間未定

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




[PR]

# by kakiten | 2018-05-26 12:30 | Comments(0)
2018年 05月 24日

シジフォスの旅・日常ーサッポロ・ランド(8)

ここ半年、栃木・足利市立美術館、沖縄・那覇県立美術館
それぞれの吉増剛造展に駆り出される旅が続いた。
初めての栃木・足利市、約10年振りの沖縄・那覇。
初めての栃木では新鮮な里山経験。
沖縄では10年振りの作家と作品の再会、そして中グスクの
城址跡探訪。
透析治療の合間を縫って、深い経験の旅だった。
南の島と東北のふたつの文化のコアを、人と作品、街道の
道筋に極めてラデイカルに感受させてくれたのだ。
表に顕れぬ、場所・作品・人そのものが保つ最前線の存在力。
栃木の近代以前の道と都構造。
沖縄の近代以前の城・家構造、そして戦後モダニズムの
最前線で孤立し描き続ける美術家。
吉増剛造展が呼び水ながら、私はそれとは別に、旅が独自に
保つ深い世界に触れる泉と出会っていたのだ。
勿論吉増剛造展がその土地と触れる新鮮な会場構成であった事
も大きな収穫ではあったのだが。
しかし丘の上のアトリエで10年前と変わらぬ沖縄・豊平ヨ
シオさんの作品群は、美術館にも勝るとも劣らぬ彼・沖縄の
孤高のランド(くに)であった。

今週没後7年目の八木保次・伸子展を終え、つくづく作品
とは時空を超え瞬く星のような存在と思う。
日常の重荷を押し上げ登るシジフォスは、ふっと束の間
重荷から解放される頂きの一瞬。
その頂きに瞬くのが、作品という星のランドだ。
そして再び繰り返す裾野の日常から押し上げるシジフォスの
苦力。
どこかでそんなシジフォスと重ねながらいる自分の今を感じる。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

# by kakiten | 2018-05-24 13:13 | Comments(0)
2018年 05月 22日

及川恒平×山田航ライブーサッポロ・ランド(7)

20日夕刻フォークソングの草分け及川恒平さん
と現代短歌の歌人山田航さんの年2,3回恒例
のライブがあった。
いつもどちらともなく題を決めふたりそれぞれ
が、ソングと朗誦で表現をする。
今回は「麦」がお題である。
ある種違和を唱えたのは、年長の及川さん。
俺は麦について何も知らない、
麦畑も見た事がない。
それでなんの違和もなく生きて来た。

そんな思いを及川さんは詩にして唄った。
山田さんは、トーストを主題に詩を創り朗誦した。

このふたりの麦への反応が面白かった。
日本は麦文化が希薄だ。
麦茶くらいが伝統的な麦文化だろうか。
麦酒、ビールは近代に入って渡来した飲み物である。
パンも然りだ。
圧倒的に稲文化が勝っている。
しかし今は、お米・ライス以外は希薄になりつつある。
やがて麦と同じくらい日常から縁遠くなるかも知れない。
お米一俵、酒一升、土地一坪(畳2畳)の単位。
畳・藁という米粒以外の稲穂の存在。
〆飾り等衣食住に深く関わった稲文化。
今は手軽で便利な石油化工製品プラスチックに
その利用価値を奪われている。
大量生産・大量消費そして大量破棄の物流文化。

一方麦文化は、日本の近代化とともにパンとして
根付き、戦後現代はアメリカ文化・トーストとして
バター、珈琲、トースターとともに根付いた。
ドイツパン、フランスパン、イギリスパンなどの
欧州麦文化とはまた一味違うトーストというアメリカ
文化。
山田さんのトーストの歌、及川さんの麦なんて知らない
の歌唱。
及川さんと山田さんの1945年を挟んだ世代差も
麦文化への親和感の差異として感じられて面白かった。

フォーク界でも反戦や生活といった社会性の強い主流に
対峙するかのように、北海道生まれの透明な季節感、空気感
を伸び伸びと歌い上げる今も変わらぬ及川さんの生き方、
歌唱力、作詩力。
北の風土への愛着がきっと麦への違和感としてあったのだ
ろう。
戦後アメリカ近代のど真ん中で生まれた山田さんには、
正にトーストこそが戦後日常そのものだったと思う。
ふたりの麦は、これからも姿を変え、ふたりの日常の根で
近代をモダニズムを問い掛け続けるだろう。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

# by kakiten | 2018-05-22 13:05 | Comments(0)
2018年 05月 20日

ヤギとコメ・ムギーサッポロ・ランド(6)

八木保次・伸子展「彩」最終日夕刻、及川恒平×山田航の
ライブ「麦」がある。
江別の美術家秋元さなえさんが今年個展で麦を素材に
展示した縁で、昨夕会場に麦茎を素材に会場一角に空間
を設けてくれた。
麦を知らないという及川さんは、戸籍江別産まれの自分
由来を伝え、江別の麦に喜んでいた。

麦を知らない・・・。
これも現代事情だ。
多分今は稲も知らない。
パン=麦粒・麦粉、ライス=米粒は知っているが、稲穂・麦穂
は知らない。
稲から藁が採れ、畳になりゴザになり草鞋になり、蓑になる。
お米はお酒になり、一升瓶、一合桝という容量単位にもなる。
畳は二畳で一坪という土地の計測の原点に。
このように稲は、日本人の衣食住に深く関わっている。
麦はパン・ビールになって、西洋人の主食を支えているもの
だから、それは近代になってから知ると言っても良い。
麦茶の文化はあっても、麦は米文化より余程縁が遠い。
まして現代においては、稲文化すら遠く、ライスの素とは知っ
ていても藁はビニール・プラステック系の石油化学製品に取っ
て代わられ、縄や俵という梱包素材の単位は消えつつある。
お酒・お米を包んだ縄・俵はもう姿を消しつつある。
主食の半分をパンが占めつつ、稲も麦も総体が見えない時代
なのだ。
きっと麦には麦の文化があるだろう。
そして近代日本にとって、近代に属する麦文化を、歌謡の歴
史の中でフォークソングという近代歌謡を歌い続ける及川さ
んの麦・近代観を聞いてみたい。

*八木保次・伸子展「彩」-5月20日まで。
*及川恒平×山田航ライブ「麦」-5月20日午後5時~
 参加費2500円・予約2000円

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


[PR]

# by kakiten | 2018-05-20 14:29 | Comments(0)
2018年 05月 19日

寒暖・春ーサッポロ・ランド(5)

リラ冷えが続く。
満開の桜が一気に散ってピンクのカーペット。
一夜明け、桜のカーペットは縮んで舗道と車道の間に
帯のように固まっている。
明治近代化とともに移住して来たリラ・ライラック。
ポプラもそうだなあ。
桜と一緒に、寒の戻り、北の春に耐えている。

どこで踊る?
どこでも踊るさ・・。
大野一雄のように、リラが”生きる”を呟く。

植物たちと同じように、文化も生きれば良い。
遠い昔漢字が大陸から渡来して、仮名文字を生んだように。
<心身一如>は<身も心も>と、柔らかく生きれば良い。
和歌、短歌、俳句として新たな表現を生きる。
尊王攘夷・文明開化の近代は、仮名文字の柔らかい筋肉がない。
尊王攘夷・鬼畜米英は原爆を、戦後の占領下・安心安全は原発を、
ノーモアと招く。

寒の戻りを、リラ冷えと呼ぶモダニズムならノーモアはない。

*八木保次・伸子展「彩」-5月20日まで。
*及川恒平×山田航ライブ「麦」-5月20日午後5時~
 参加費2500円

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


[PR]

# by kakiten | 2018-05-19 14:36 | Comments(0)
2018年 05月 17日

リラ冷えーサッポロ・ランド(4)

初夏のような昨日。
今日は一転して冷たい風が吹く。
寒の戻り。
強い風に満開の桜が散って、路上の端にピンクの帯が舞う。
ライラック(リラ)の紫がその濃さを増し、サッポロの春
の変転。
季節がゴホン、ゴホンと咳をしているようだ。
風は風邪、桜とリラ・・・。

吉増剛造「火ノ刺繍」発売記念トークセッションが
終わり、火ノ刺繍と打刻された長い帯状の銅板が、
絵の具に塗れて終了後ここに来た。
八木保次・伸子さんの作品の前に一時置く。
保次さんのグワッシュの作品とどこか波長が合って、違和感
があまり起きない。
天衣無縫、ふたりの描く時の姿勢を思い出す。
先日吉増さん来廊時も、2階吹き抜け壁に吊ってある保次
作品を見上げて、好いね、と呟いていた。
その後見に来た八木フアンも床に置かれた絵の具の散る
吉増作品に疑問・不審の声を誰も発しなかった。
偶然とはいえ、この二人の作品のこの場の出会いも
不思議な因縁のように思う。

浪江出身で東京在住の原田洋二さんが昨年初めてここを
訪ねて来た時。リラの匂いと碁盤の目の路に迷ったといった。
異国の近代が根付いているサッポロの街。
その幻惑がまだ残っているのだろうか。
黒澤明がドストエフスキーの「白痴」を札幌に置き換え撮影
したサッポロの風土・建物。
後に「影武者」撮影で再度来札した時、高層ビル・地下鉄の
走る札幌に、もうここは俺の知るサッポロではない、と怒っ
たと聞く。

リラ冷えとライラックの香り、
整然と仕切られた幅広い碁盤の直線の道。
原田さんの迷い道は、そんなサッポロ近代呪縛の残り香
だったのだろうか・・。

*八木保次・伸子展「彩」ー5月20日(日)まで。
 am11時ーpm7時:金曜午後3時休廊。
*及川恒平×山田航ライブ「麦」-5月20日午後5時~
 参加費2500円

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
のだろうか。


[PR]

# by kakiten | 2018-05-17 13:08 | Comments(0)