人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ

<   2020年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2020年 07月 19日

木は水を運んでいるー荒地(31)

ずっと何処かで気になっていた。
村岸宏明最後の個展のタイトル。
<木は水を運んでいる>。
この<運ぶ>という言葉だ。
15回目の命日を来月に意識して、ふっと気付いた事だ。
「人はウイルスを運んでいる」
人は国家・社会を越えて、グローバルな回路を経済・交通
の回路として地球規模の物流構造を築いてきた。
そこに新型コロナというウイルスが人を介して運ばれ、現在の
感染状況がある。
一時代前であれば、中国一地方の風土病のような現象が、物と
人のグロ-バル回路と共にニューヨーク、東京に代表される
人と物の大集散地に集結し感染者を日々大量に発生させている。
<木は水を運んでいる>位相と対峙するような<人は新型コロナ
を運んでいる>状況は、人と地球・人と国家社会の在り様を
<運ぶ>という共通する言葉で、ムラギシはすでに感受していた
気がしたのだ。
高校3年の時描かれた唯一遺された油彩画は、その若い感性が向
き合った社会への視座がある。
膝を抱いた骨だけのような腕・指。
その足元は不確かで、首を吊った身体のように不安定だ。
大学に入り自然と向き合い作曲し、演奏を続けていた彼の遺した
CDに「銭箱から星置まで」という曲がある。
これは実際に海岸から内陸の川の源流域まで歩いて創られた曲・演奏
である。
道途中の風・波音も音として曲に取り入れられているからだ。
最後の個展「木は水を運んでいる」では、円山川源流域の白樺の倒木
を運び込み、会場中央吹き抜けに吊り、見る人は樹の幹を抱き耳を充
てそこに仕込まれた音を聞く展示だった。
音は展示の樹の立っていた傍を流れる川の音、そして吹き渡る風の音。

樹木の保つ有機的な命の脈のような水音。
地と繋がり命へと繋がる<運ぶ>。
この本質的な<運ぶ>の差異を、現代社会に対しムラギシはすでに問い
かけていた気がする。
高知の川で死んで15回目の夏。
15年目の<追伸>を、私は私の選択で他の作家たちの作品で構成して
みたいと思う。

*「ムラギシ追伸ー15年目の夏」ー8月18日-30日

 テンポラリ―スペースー札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




by kakiten | 2020-07-19 17:51 | Comments(0)
2020年 07月 14日

15年目のムラギシー荒地(30)

若い友人村岸宏明が2006年高知の鏡川で溺死して15年になる。
来月8月に命日が来る。
1897年から続いた老舗の家業を閉じた年、その半年後に現在地
にギャラリーだけを残して新たな場を創った。
心通じる友人たちの多大な協力で、荒れた古民家を再生した。
狭い展示スペースは、天井を抜き縦に拡がる縦軸の空間とし、
土壁は板を張り白い壁とした。
古いがしっかりした梁木・棟木はそのまま残し、押し入れなど
の空間に床板を張り2階余剰部分は回廊とした。
展示場から2階に登る為吹き抜けを繋ぐ梯子を設け、奥の階段
と併せて昇り降り可能にした。
その為作品を見る人は、自らの視座を身体の移動と共に作品を観
る角度を獲得し、新鮮な身体を通した経験を得る効果が生まれた。
こうした空間構成を一番最初に評価し喜んでくれたのが村岸君
だった。
そして自ら初の個展を開廊の2ヵ月後に開いたのだ。
この展示の想い出は死後かりん舎より出版された追悼遺稿集に
心籠めて私は書いた。
他にも彼の多くの友人、先輩、恩師たちが心深い文章を寄せている。

作曲・演奏のみならず、絵画、インスタレーション、文章を含め、
表現者として全身で生きようとした村岸宏明を、私は私なりの構成
で追悼の展示を企画してみようか、と思っている。
コロナ、九州豪雨と心重い年に、社会と向き合い、自然と向き
合ったムラギシの純粋な魂を、テンポラリ―スペースの収蔵品で
構成してみたい。
ムラギシの僅か23年の純粋な人生の精髄には、コロナ以降顕在化
した自然と人間、国家社会と人間の、現代が孕む多くの相克が凝縮
して息づいている気がするからだ。

*<ムラギシ追伸ー15年目・夏>ー8月11日ー30日

テンポラリ―スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
tel/fax011-737-5503



by kakiten | 2020-07-14 15:10 | Comments(0)
2020年 07月 07日

孤独な夏ー荒地(29)

気温・湿度が上がる。
額と首に汗が滲んでいる。
やっと本格的夏。
これまで夕刻を過ぎると、寒気が漂った。
体調が狂い、少しバテ気味だった。
しかも低血圧でふらつき、目眩がした。
透析治療が5時間から4時間になり、少し楽だ。
ドライウエイトも少し増やしてくれた所為もある。

今朝のTVニュースで南九州地方の豪雨の画面を見る。
10mの高さで一気に水が街を襲う。
土砂崩れ、川の氾濫、人も車も建物も橋も呑み込む。
梅雨とも重なり、まだまだ続くようだ。
泥水の街にコロナの危険も隣り合わさっている。
自然を人間のインフラのように扱ってきた附けが、自然
の剥き出し野生の逆襲のように感じる。
微小生物ウイルスの増殖、昆虫大群の農作物襲撃、鳥の
空を埋め立てる大群襲来と今回の清流大氾濫は、何処かで
同じ気脈にある気がする。
人と自然の共生空間・故里がその界(さかい)の位相を
喪失して傲慢な人間社会の利害が、荒々しい自然野生を
呼び寄せている。
大国が宇宙を支配しようと、多くのロケットを宇宙空間
に送っている。
大気圏・オゾン層もやがて破壊され、地球自体の界(さかい)
の位相もいずれかには喪われるのかも知れない。
故里と呼べる風土が、恐ろしい勢いで喪失している現実が
現代である。
心の難民が都会のビル群の間を彷徨い、グローバルという
名のタワー社会構造が個々の故里を吸い上げていく。
海も山も観光資源と化し、その恵みは商品資源として大量に
加工され金銭対象でしかない。
故里は、住んで生きる人間の生活の場を希薄にして、遠い昔
に情緒の木霊で漂うしかないのか。

これから台風の季節も来る。
コロナ―台風ー地震ー津波と自然と人間の戦争は続く。
敗戦75年前の予言のように、ある言葉が想起される昨今だ

 「さよなら、太陽も海も信ずるに足りない」

 *花人・花や展ー7月9日(木)ー11日(土)am12時ーpm7時


 テンポラリ―スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き

 tel/fax011-737-5503


by kakiten | 2020-07-07 19:17 | Comments(0)