人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 04日

雨の道行きー花(2)

村上・高臣展初日の熱い夜が明けて翌日月一回の検診
に中の島のJ病院へ向かう。
朝から猛烈な風雨で土砂降りだ。
偶然昨晩オープニングで熱唱した酒井君も他の検査で同じ病院
同じ予約時間で行くという。
それで地下鉄大通り駅で待ち合わせ、薄野から路面電車で病院
へ向かった。
電車を降りて南22条大橋を渡り右折すれば病院が見えてくる。
その間降りしきる雨とすれ違う車が跳ねる水に気をつけながら
ぼそぼそと昨夕の話をする。
主に根についての話だった。

私は酒井君の歌う歌が古い曲が多い事と彼の声が時に激しく
古き良き時代へと逆行しない事を話した。
地下を流れる水。
地下に根を張る植物の根。
これらも決して地中だけに生きている訳ではない。
時として地上に溢れ出、泉となり梢と姿を変え光を求める。
酒井君の歌声も同じだと話したのだ。
暗い心の傷が過去へと閉じる事無く、ファイト!と現在を
突き破る。それは時に夢よ、叫べ!と我々を鼓舞するのだ。
従って彼の歌声はただの懐メロでは決してない。
時に本物のオリジナルより、より深く心に沁み入る場合があるからだ。
それは酒井君の心の根がそうさせるからだ、と話した。

寂れた男ふたりの雨中の短い道行き。
病院では昼食を共にし、その後それぞれの診察に向かい別れた。
私は採血だけですぐ終わり、それから来た時と同じ道を戻り歩いて
透析の病院へ向かった。
この日は一日高臣大介さんに会場に詰めてもらう。

*村上仁美・高臣大介展「Water Fall-花とガラス」-9月6日(日)まで。
 am11時ーpm7時。

テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2015-09-04 12:00 | Comments(0)
2015年 09月 01日

花とガラス展ー花(1)

家屋全体が器のようだ。
毬藻の様に家屋全体を包み茂る蔦。
その中にこの日の為に吹き上げた大介のガラスと
仁美の植物が根を張っている。
透明なガラス造形と野性味溢れる植物が空間を家
全体を内側から溢れ変容している。
奥の談話室に入ると、そこも花材の余りで溢れ室内
植物園の一角のようだった。
2階は窓の外の蔦と呼応するように、枝・草が這って
いる。
見下ろすと会場中央に赤錆びたトタン板にガラスと花
が野の泉のように揺れている。
その背後に吊られた錆びたトタンが三枚ほど縦に吊られ
ガラスと枝の柔らかさを赤く錆びた鉄の波打つ表面と
一体化している。
そしてその一隅の床は剥がされ穴となりそこに透明な筒
状の長いガラスが木のように立てられている。
会場の空間全体が床も含めて家屋を抱え込み作品と化し
ている。
今朝早めに会場に着いた第一印象だ。

入り口ドアーのガラスが割れていた。
材料を運び込むのにドアーを外して倒れた為という。
勢い余ってという事だ。
昨夜から今朝早朝の展示時の熱気が伝わる。

*村上仁美・高臣大介展「Water Fallー花とガラス」
 9月1日(火)-6日(日)am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2015-09-01 12:39 | Comments(0)