人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2015年 04月 15日

過剰なるー斜道(7)

過剰という事は、時に枠を越えるエネルギーの事だ。
そのエネルギーは時に新たな表現領域、新たな展開の突破口
ともなる。
ぎっしりと詰め込まれたアキタヒデキのフライヤーを見ながら
文字と写真の紙面の濃さにあらためてそう思う。
過剰なのは作家ばかりではない。
フライヤーを広げて大きく白抜きされた文字で目に飛び込む
山田航の一文もまた過剰なものだ。
わずか15行の短文中、<泣きたくなる写真>というフレーズ
が二度、<目頭が熱くなってくる>が一度と、同じ意味の言葉
が3度も繰り返して使われる。
しかしその事が少しも山田の素直な写真作品評価を妨げはせず、
むしろ感動のリフレーンとなって小波のようにこちらに伝わってくる。
作品が受け手をも過剰にしているのだ。
作者だけではない。
作品を媒介にして見る者・受け手もまた過剰になるのである。
山田航は写真の領域の人ではない。
短歌の世界の人である。
ジャンルを超えたふたりの過剰なる人は、ここで写真という作品
を媒介にして、ともに過剰なる情念で共震しているのだ。
第一このフライヤーは通常の案内の枠を超えて作られている。
これはアキタヒデキの写真と文章を凝縮した作品集のような小冊子
でもあるからだ。
過剰なる抒情は過剰なる叙情の同志を呼び、言葉と写真のジャンル
を超える。
アキタヒデキが写真の内側でどう悩み足掻こうと、もう作品自体が
ジャンルを超え、作品に触れた他者の過剰なる波にも似た言葉を
弾きだしているのは紛れも無い事実だ。
純粋な過剰こそ純粋な創造の友ともなる。

展覧会すべてが始まる前から、このアキタのフライヤーだけで熱く
語りたくなる私もまた過剰なる者である。
恥ずかしながら、許されよ・・。


 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2015-04-15 12:40 | Comments(0)
2015年 04月 14日

ふたつの展覧会ー斜道(6)

アキタヒデキさんが二つの会場で写真展を開く。
「こころ」と「せかい」と題している。
両方の会場を紹介する非常に意欲的なフライヤーが、
先日届けられていた。
四つ折りで開くとポスターにもなるアキタ色満載の
美しいフライヤーだ。
山田航さんがこれに寄せた一文が大きく載っている。
「泣きたくなる写真」というフレーズが15行程の短い
文章に三度も繰り返され、心に響いてくる。

アキタさんが最初個展の開いたのは2008年で、その
時はユニクロTシャツデザインの大賞を受賞した時で、
写真家というよりはデザインの仕事が中心だったと思う。
しかし本人はデザインに収まりきらない表現者の意識が
濃厚で、写真はその中の一つであったと思う。
展示期間中、彼の写真に注目したのが後に三角展で一緒に
写真展を開く事になる写真家の竹本氏とメタ佐藤さんだった。
その頃からアキタ君は自らの表現領域として写真を意識する
事が大きくなってきたように思う。
それでも自ら写真家と名乗るより、平面作家と自称すること
が多かった。
今回彼はそのジレンマを初めて真正面から向き合う為彼の中の
写真という概念をふたつに分けて提示している。
それが「こころ」と「せかい」である。
彼は今までカメラで撮影した被写体に過剰に光を赤くしたり
フィルターを極度にかけたりと、非常に情念的に見える加工
を被写体にほどこしてきた。
そうせざるを得ない何かが彼の心には蠢いていたのだろう。
正直な人である。
内側から溢れ出るものとレンズの向うにある被写体という現実。
レンズのこちら側で叫ぶのだろうか、
これを選んだ自分というこちら側の現実が。
それが自分の撮った被写体に過剰なまで何かを上塗りさせるのだ。
そうしたこれまでの写真へのジレンマを、「せかい」と「こころ」に分けて
発表する事で自らにも他者にも問おうとしている。

言葉に拘っていえば、写真という文字にすべては語られている。
<写>・<真>なのだ。
真は心のシンでもあるだろう。
そして同時に現実の真実の真(マコト)のシンでもあるだろう
どの被写体を選び、どの角度で撮るかだけでも、世界の見え方は
違う
その視線・視角に写真家の生き方全ても写し出される。
それが多分本来的な写真家の在り様だとも思う。
それ以上に写真そのものを素材として自らの<こころ>を重ねる
とすれば、それはアキタヒデキという表現者の誕生であって写真
というジャンルの問いではないと思う。

アキタヒデキは正直で過剰なる人である。
だからカメラという写真の領域にも正直に立ち向かう。
そして同時にカメラを通した被写体現実への直接的な心も隠せ
ない。
それが時に絵描きのように青や赤の光で被写体を染め上げるのだ。
その過剰さこそが彼そのものなのだと私は思う。

アキタさんに前回ここで個展をした高向さんの作品を見て欲し
かったと今更思う。
書道の世界で書から過剰になった情念を鉛筆絵画で表現し写真
では色で表現していた。
多分アキタさんと同世代の高向さん。
彼女は書の白黒世界を鉛筆画の世界で過剰な真実・心を表現していた。
それは書というお手本のある世界から溢れる過剰なる心の為せる
業である。
ここでも写真の真を文字に置き換えれば、アキタさんと同じ心の
叫びが渦巻いていた事が分かるのだ。
今言える事はアキタヒデキはアキタヒデキであり、高向彩子は高向
彩子だ、という事実である。
その事実は同時に自らの真実として自立し、再び書に写真にと
立ち向かうだろう。

それぞれの表現の故郷がどこにあるのか。
主題と手段の真摯な模索が隠された本当のテーマでもあるふたつの
展覧会と思える。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2015-04-14 15:26 | Comments(0)
2015年 04月 12日

場を創るー斜道(5)

横浜で、沖縄で、どういう展示が為されるのか、
それにもよるが、札幌で石狩で如何なる展示を組み立てるか、
その流れを考えている。
バッハの対位法のように、遁走する連続を考える。
遁走曲ならぬ遁走展なのだ。
場がゾーン(曲)と為るように、体験される場の連鎖展。
それを出来ないか・・・。
石田尚志のフーガ・遁走曲展。

一ヶ所集中なら、モエレ沼公園の中。
川の源山並みが遠く見渡せる低い地形に開いたモエレ沼公園。
そこは石狩川と札幌扇状地の川が合流する河口に近い湿地帯
の場所。
問題はイサム・ノグチ設計の公園との関連性である。
ここも公的機関が管理しているから、地形としての場以外に
イサム・ノグチとの整合性が問われるのだ。

かって18歳の時東京を立ち沖縄へ、そして再び今個展として
ヨコハマからオキナワへ。
そしてその後、札幌・石狩はどう受け止めるのか。
近代とともに開かれた港ヨコハマ。
近代とともに開かれた都サッポロ。
このふたつの近代を象徴するミナト(入り口)とミヤコ(集散)の
両都市。
近代の入り口ヨカハマから発して縄文時代の海人の文化の濃い
沖縄を経て、近代の内陸・都サッポロで近代そのものを見詰める
のが主調低音となる。
そして北海道には沖縄の海人縄文よりより内陸の山人的縄文文化
も眠っているから、遠い昔の沖縄とアイヌの人の関わりのように、
黒潮を経た沖縄との繋がりも示唆されるのである。
サッポロはヨコハマとの純粋近代としてのミナト・ミヤコの関係性
もあるが、一方で沖縄人とアイヌ人の風貌の近似性や海から世界
を見る文化観の近似性から両方の集散地として札幌・石狩は存在
するのだ。

石田尚志のこれまでの表現・人生そのものに触れる場が札幌(純粋
トーキョウ)・石狩(北オキナワ)とも思えるのだ。
その自覚によって石田尚志展の場を考えるのである。

生前の萱野茂さんに親しくさせて頂いた時、昔アイヌの家には
阿房鳥の骨がよく飾られていたと聞いた事がある。
南の島に繁殖した最大の大きさの海鳥アホウドリ。
それは古アイヌ人が黒潮を経て北海道へ渡って来た海人の記憶
を窺がわせる。
近代がヨコハマートウキョウーハコダテを経てサッポロという
新しい内陸のミヤコを造ったのは僅か百余年前の事である。
その純粋近代を江戸人ではなく東京人石田尚志の作品は抽象動画
で煌めくように映像化している。
彼の真摯な近代への生き方と純粋映像抽出力に、この場は応えね
ばならない。
それは私自身のサッポロ・イシカリを問われ、自らのこの地に生き
る意味も問われる事だからだ。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2015-04-12 17:34 | Comments(0)
2015年 04月 11日

場という事ー斜道(4)

石田尚志さんの展示を考えながら、場所の事を思う。
横浜、沖縄、ともに美術館での展示である。
じやあ、札幌でも美術館かというとそう簡単でもない。
映像作家で北海道と直接縁ある訳ではない。
年齢からしても巨匠の域でもない。
札幌は<道立>近代美術館であって、現代美術の最先端
を主にしている訳ではない。
気になるのは創館何十周年での記念誌巻頭に書かれた<日本
の最北に位置し云々>という位置付けが気になる。
北海道を日本列島全体から見渡す東京目線なのだ。
釧路でも帯広で函館でもない石狩国札幌は、日本の最北端と
いう一言で他の都市と同様括られて欲しくはないのだ。
釧路と函館が同じではないのと同様、個々の地域の国が違う。
大体道立と名乗っているのは、札幌にある美術館だけである。
釧路も旭川も函館も帯広もその美術館の在る地名を名乗って
いる。
道庁があり道都という上から目線が札幌を石狩を消している。
北海道で札幌ゾ-ンだけが人口的に肥大化し全道人口の半分
近くを占めている。
いわば北海道の東京的都市が札幌なのである。
そこで公的な場所は札幌を消して、北海道を頭に付与する。
道立が付いて、札幌という一地方は消去されるのである。
そういう所で中央を反射させた石田尚志展はやりたくはない。
もっと地域に根差したここでしか出来得ない展示でなければ
意味が無いのだ。
広い空間で展示を羅列すれば良いという物ではない。
石田さんの創作のエネルギーとなり、沖縄ーヨコハマを結ぶ
なにかが生まれるような場でなければならない。
そう考えると多くの美術館という名の建物はあるが、どれも
私にはこれだ、という思いにさせてくれるものはないのだ。
石狩国札幌だぞ!という気概を保ったここ固有の公の場が
薄いのだ。
多くの立派な建物はあるが、どこか視線は足元ではなく、大
向を見ている。
それでは私の意図する石田尚志を迎える場ではないのだ。
一館で無理なら、複数の場を巻き込みゾーンとして石田の
映像とパフォーマンスを連続させる。
そんな事も考える。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2015-04-11 14:39 | Comments(0)
2015年 04月 10日

横浜からー斜道(3)

横浜美術館で5月31日まで開催中の「石田尚志 渦巻く光」
展にあわせて出版された石田尚志作品集(青幻舎)が送られ
てくる。
初期作品から現在まで充実した内容である。
吉増剛造の長編詩「絵馬」に触発されて制作された「絵馬・絵巻」
そして現在公開中の「渦巻く光」まで横長の150頁の大冊である。
現在43歳油の乗った天才だ。
沖縄に移住した18歳から吉増さんとの出会いを経て何かが花開
いていく。
そんな道程を感じされる、少し早い総括だ。
沖縄移住を志した18歳から多くの人との出会いが彼を突き動かし
成長させてくれた。
嬉しい事にその一人のように、年譜2004年の一行に私との出会
いが、札幌初個展の文字とともに記されている。
それから現在のスペースも含めてここで3度の個展があった。
同一スペースで3回は他に無い。
さらに昨年の吉増剛造展で「怪物君」草稿撮影フイルムの公開と
最近では吉増さんの展示には必ず顔を出している。

今横浜で開催中の個展は9月から沖縄美術館でも次に開催される
という。
来年は札幌でもしたいなあと思う。
石田さんと北海道の繋がりは、沖縄ー吉増剛造を経て石狩・夕張
を経た札幌なのだ。
東京生まれの石田尚志が、南と北の両極を振り子のように動いて
、今に繋がる表現磁場がある。
ヨコハマという幕末・明治の近代の港を経て、縄文の古い文化の残
る南の島沖縄、そして近代具現のランドと同時に縄文自然の大地
北海道でも石田尚志展を開きたいと切に思うのだ。

どう組み立てるか。
札幌と北海道の精神的位相が主要な問題である。
近代という近くて遠い主題が、ヨコハマ(東京)-オキナワー
サッポロという三都市を経巡り渦巻く。

心して来年までのテーマとしたい。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel.fax011-737-5503

by kakiten | 2015-04-10 14:08 | Comments(0)
2015年 04月 09日

冷たい風ー斜道(2)

冷たい風が吹く。
自己嫌悪のように青空が広がる。

少し早い五月病かなあ。
身も心も落ち込む日。

by kakiten | 2015-04-09 12:51 | Comments(0)
2015年 04月 08日

寒の戻りー斜道(1)

寒気が戻り青空。
季節も真っ直ぐには行かない。
蛇行するように行きつ戻りつ前に進む。
自然にショートカットはない。
そう思って自分自身の体調も慰めてみる。

高向さんの大きな書、後漢の時代の道開通を祝う記念石碑
の文字が良かったのを思い出す。
刻石された文字のもつ大らかさ素朴さ。
「開通褒斜道刻石」という石碑だそうだ。
ここでも道は直線ではなく、斜めの道。
荒涼とした荒地にやっと多くの人の力で道が通った、その
喜びが書全体に躍動している。
人々の顔周りの風景までもが見えてくるような字だ。
誰か特定の偉い人を讃えた石碑ではなく、斜道の開通を祝う
喜びの石碑である。
斜めというのが良いなあ、・・・。
人の力の行きつ、戻りつを連想させる。

画廊の進行も行きつ戻りつ空きの時間もある。
私自身の体調と同じで、いつも快調とはいかない。
ロスアンゼルスから帰ったばかりの吉増さんからFAX。
「怪物君」草稿610葉に達したという。
年末への新たな展開へ着々とWATARU(歌)余位(フイルム)
仁美(花)ー「怪物君の歌垣」は深化している。
これを実現・達成させるのも、行きつ戻りつの斜道。
あの開通石刻碑文のようにみんなで祝う刻(とき)を保てたら、と
今から思うのである。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2015-04-08 14:57 | Comments(0)
2015年 04月 07日

電話機とスマホー歩行(31)

自宅は以前からの電話機のみでケータイの類は一切無い。
パソコンもなく、このブログもギヤラリーで打っている。
不便を感じた事は無く、かえってネットから解放されるようで
気が楽である。
ゆっくり自分自身の中に入り外からの情報に引き回されないで
いいからだ。
唯一の外部と繋がる情報端末電話機。
電話機とケータイ・スマホの違いは勿論その機能の多岐の相違
もあるが、着信音の響きの大きさの相違もあると気づく。
電話が鳴れば部屋中に響く。
時として何かかにか家の中で忙しい時は、この電話呼び出し音
でパニックになる事もある。
物が煮立っていたり、お腹ペコペコで、さあ食べようか、という
時だったり、トイレに向かう時だったり、電話の音は容赦なく
鳴り響く。
電話が家の物から個人の物に変わってきているから、私ももう
この電話機の領域に居ないのかもしれない。
会社のような職場環境には電話機は必要だろうが、個人的環境
にはケータイの類が合致しているのだろう。
それだけ社会が個人社会になってきて、家という単位で存在した
一台の電話機はもう影が薄い存在となっている。
スマートフォーンに至っては、もう声で伝えるだけの道具ではなく
、個人的なものがさらに個人に細分化されてスマホが在る。
それにつれ電話機はさらに個人的な状況から離れ、組織的公的な
場所にしか残れなくなるのだろう。
部屋中に響き渡るベル音は、もともとそうした共同体的な存在だった
時代の名残である。
音を小さくすれば良いという人もいるが、元々会社・家族等と共有
して存在した物だから、周囲にに呼び出し音が聞こえるように存在
したのだ。

にいちゃ~ん、誰それさんから電話だよ~。と母親が呼ぶとか、
下宿でも、xxさん、お電話だよ~と下宿のおばさんに呼ばれた時代
までが電話の個人性が共同体の中でも初々しく生きていた時代だ。
周りを気にしながら、誰かさんと話をしたドキドキの時間を思い出す。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2015-04-07 13:38 | Comments(0)
2015年 04月 06日

終わりの始まりー歩行(30)

公務員で某所の管理職にあるY女史が来る。
多分高向さんの人生上の先輩にあたるYさんには
是非この展示を見て欲しかった。
予想通りYさんは展示に感動する言葉を発してくれた。
それから3時間近くも居てくれただろうか。
調子に乗って私も自分の事、父や祖父の事まで語り
話は尽きなかった。
多分表には見せない多くの苦労を経験しつつも、柔らか
で少女のような感性を保って今を生きている。
そんなY女史は、高向さんにも大きな勇気を与えるもの
と感じていた。
作品を見てその後ゆっくりと寛いで様々な話に打ち込め
る、それも大きな評価の在り方と感じている。
作品によって心が開かれなくては、そういう時間は訪れ
ないからだ。

最終日らしく次々人が訪れ、閉じる30分前頃K氏が来る。
優れた感性の目の持ち主で、美術家ともデザイナーとも
映像作家とも何とも決め難い特異な人だ。
ここでする吉増銅造展の展示はすべて彼の手によるもので、
その会場構成力は吉増さんも唸らす実力の持ち主である。
その彼が嬉々として会場を廻りデジカメで撮影したり、
高向さんと話している。
気に入らなければ、プィと素通りする人である。
作品展には気難しく高踏派的な明瞭な審美眼を持つ人で
、滞在時間が長くなるのは作品と会場構成が気に入った
証である。
高向さんとは面識があったようだが、こうして作品を見る
のは初めてでその分新鮮で嬉しいのだろう、ここでも話が
弾んで空気が揺れる。
午後7時を過ぎようとして最後にまた友人と思しき人が
来る。

メタ佐藤さんに始まり、既知の人未知の人と濃く楽しい
時間が過ぎて高向彩子展は終わる。
仕事の合間最終日には終日在廊し、作品を通して自分と他者
と向き合い、ナイーブで初々しい高向彩子初個展は終了した。
この何か月か胃の痛くなるような思いをしてきた高向さんは
最後の一日で多くの勇気を頂いたようだ。
絵を続ける、とぽそっと呟いた言葉を私は忘れない。
間違いも無くあなた(作品)は、あなたでしたよ。
迷わず、描き、書き続けてください・・。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2015-04-06 14:58 | Comments(0)
2015年 04月 05日

高向彩子展最終日ー歩行(29)

春一番強風が吹く。
朝一番メタ佐藤さんが来る。
蛸の切り身を描いた鉛筆画に深く惹かれのか、第一声
”やばいす~よ!これ!”だった。
細かい鉛筆の濃淡の線描に深い情念を感じると言う。
その後ゆっくりと会場全体を見た後、作家の高向さんと
奥で話す。
写真家のメタ佐藤さんは写真の枠を超えて、表現者とし
ての根本のところで高向さんの姿勢に共感したようだ。
蛸の切り身の鉛筆画にここまで絞り込んで話が深まるのは
初めてである。
作家自身が一番嬉しく励まされた事だろう。
ファッションではなく、生きる事の根幹に触れながら
表現とは、世界と触れる事の回路とは、が各々の経験を
織り込みながら話し込まれた。
鉛筆の濃淡の線だけで描かれる、人間の食用となる切り身
その向こうにある生命身体の存在感。
メタ佐藤さんが風景の向こうにある光という光景を撮ろう
とした昨年末の個展での試みと共通したのだろうか、話は
言葉少ないけど濃い生々しさの中で続いた。
昨日まで少し落ち込んでいた高向さんがみるみる蘇生する
ように明るい表情となる。
”絵を続けるわ~”とポツリと言う。
”これは独りグループ展だな!”と最初メタさんが言っていた。
それは絵画・書・写真と三種類の表現手段で展示が構成
されている事への彼なりの最大の評価である。
見えるものは一つ、個展だと感じた評価なのだ。
その上で特に蛸の鉛筆画に深く心打たれ何度もその絵の前に
立ち言葉ともならぬ呻くような声を発していた。

春一番。
メタ佐藤朝一番。
気持ちの篭った最終日のスタートだ。

*高向彩子書画展ー4月5日(日)pm7時まで。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2015-04-05 13:25 | Comments(0)