人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 15日

440葉の大草稿ー風曼陀羅・霜月(9)

多摩美大の石田尚志・鈴木余位両氏の撮影を終えて
吉増剛造さんの大草稿の塊りが届く。
1年前の倍近い量となっての帰還である。
ただただ今は茫然として見守るのみ。

1994年の吉増さんの長編詩「石狩シーツ」は、約半年の
石狩河口滞在から夕張に遡行し<女坑夫さん>のリフレーン
で終わっている。
そこから17年の歳月を経て、「石狩河口/座ル ふたたび」
展を起点として新たに書き進められている草稿が、まるで流星
のように炎を増しながら各地を回り、この場所へ戻って来た。
この未完のオリジナル草稿の大束を今回は何人かの友人たちと
とともに恣意的に択び、それぞれの罫線で窓を開け括る試みを
行う。
草稿の順番には関係なく、それぞれが2,3葉の草稿を選択し
それをもとに吉増さんがコピーし再構成して展示するのである。
選ばれた草稿は小惑星のように、新たな宇宙を創る。
440葉に膨れ上がった大草稿は、ここでひとつの系・罫線と
なり小宇宙を再構成してゆく。
石田尚志さん、鈴木余位さんの映像による小惑星、文月悠光さ
んの小惑星、山田航さんの小惑星等がテンポラリーの会場を
新たな銀河系へと変えてゆく事だろう。
これからあと1ヵ月弱、1989年の「アートイヴェント界川遊行」
に始まる深い伏流水のような時間がまたひとつ結晶してゆく。

吉増さん、いよいよ始まりますね。
新たな神窓の時間が・・・。

*吉田切羽写真展「on the road」-11月19日(火)-
 12月1日(日)
*吉増剛造展「ノート君~神窓へ」-12月10日ー1月5日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2013-11-15 13:09 | Comments(0)
2013年 11月 14日

沈む街角ー風曼陀羅・霜月(8)

紅葉が去り黄葉の増した道。
季節の縁を疾走る。
雪が降っては消え、短い秋は冬の入り口にある。
路傍の凍った路面を避け、滑らないように注意して
自転車を走らす。
エルムの森の黄葉した枯葉の中、玄冬が潜んで
暗い眼差しがある。

これから半年近い冬が来る。
衣食住の環境も変わり、自転車で走る事もなくなる。
朝と夜の30分の自転車漕ぎが無くなると、1時間の
歩行になるから夜は少し辛いなあ。
地下鉄はたまには乗るけど、基本的には乗りたくない。
矢印のような人の歩行が嫌だ。
この街のリズムは札幌国際芸術祭の来年夏までの短い
時間にも流れていて、近代・炭鉱・水脈・森等の幅広い
メニューをどうして半年で消化できるのだろうか。
源流も河口も森も炭鉱もそして近代と現代の境の街道も
30年近い歳月をかけて、ひとりの作家を代表するよう
な作品を私は企画し続けてきた。
今回の芸術祭のメニューを見ながら、あらためてそう思う。
そしてそれは今も現在進行形の「緑の運河エルムゾーンを
守る会」の運動や、2年前の「石狩河口・座ル ふたたび」
から3年連続して続く吉増剛造展に繋がっているのである。
個々の作家と場の関係性には、それなりの熟成する時間が
必要であり、場と人の濃い関係性が生まれてはじめて作品
へと結晶するのだ。
山奥の戸谷成雄の彫刻「雷神」。源流の土による「川に還る」
鯉江良二の作品。夕張での佐藤時啓の写真作品。石狩河口の
大野一雄の舞踏公演、吉増剛造の長編詩「石狩シーツ」とこの他
にも多くの作家の作品が今もその輝きを失う事はない。
1983年の川俣正の街角プロジェクト「テトラハウス」に始ま
って、それ以来札幌の近代とそれ以前の境を現場として、多くの
作品が生み出され続けてきた。
今その事実をあらためて振り返り、なお今も進行形として感じて
いる。
僅々半年ほどの時間で、これらのメニューが真に作品として結実
するかどうかはまことに不可解で疑問なのである。


*吉田切羽写真展「on yhe road」-11月19日(火)
 -12月1日(日)
*吉増剛造展「ノート君~神窓へ」-12月10日ー1月5日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2013-11-14 13:42 | Comments(0)
2013年 11月 12日

冷え込むー風曼陀羅・霜月(7)

一気に路面も凍結。
自転車は置いて徒歩出勤。
白い朝だ。
灯油の手配も遅れ寒さに震える。
灯油だけではない。
遅れているものばかりで、崖っぷち。
友軍は負傷者続出、戦線は急を告げて余裕無し。

昨日は山田航さんを案内して、十二軒通りを歩く。
彼の新聞連載の取材の為である。
いつのまにか多くの家が建って、風景が変わっている。
路地が舗装され以前歩いた場所とは違う処に出る。
苔むした馬のお墓だけが唯一、古い路傍の記憶を残していた。
「南無阿弥陀仏」と刻まれた長方形の墓石。
馬頭観音とは違う、蝮に咬まれ死んだ愛馬の為に建てられ
たお墓と地元の人に聞いた。
十二軒の小さな集落のあった琴似川沿いの通り。
今はそのすぐ傍を幅広い車道、通称ロスアンゼルス通りが
広がっている。
そして教会を模したブライダル産業の結婚式場が建ち、ファ
ミレスが並んでいる。
さらに大きく華麗な美術館もあって、近代と現代の境目が
馬の墓石と激しく対比されて在る。
このふたつの対照的な空間に流れるものは、時の蓄積の
相違である。
土地と生き物の記憶が鎮魂として息づく墓石の佇む路傍と、
物流の新旧の流れが激しく往来するペーブメントの時空の
差異が併存しているのだ。
通称ロスアンゼルス通りには、現代を象徴するメニューの
ようにアートも美食も並んでいるが、そこに土地と命の記
憶は無い。
土地と命の記憶が希薄という事は、そこが産地ではなく消費
と集散地の交差地としてあるという事だ。
十二軒通りもまた駅前通り地下歩行空間と同じ時空間に変質
しつつある。

個人的状況も含めて状況は同質の境目を露にしてひたひたと
侵攻して日常に迫ってくる。
厳しい寒気の到来はそのまま今という時代の寒気かもしれない。

*吉田切羽写真展「on the road」-11月19日(火)-
 12月1日(日)
*吉増剛造展「ノート君~神窓へ」-12月10日(火)-1月5日
 (日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/xfax011-737-5503

by kakiten | 2013-11-12 14:06 | Comments(0)
2013年 11月 09日

初雪降るー風曼陀羅・霜月(6)

体が覚えていたとおり、プロ野球の日本シリーズが終わると
冬が来た。

一昨日は入院中の宇田川洋さんをお見舞いに行く。
エルムゾーン伊藤邸の市議会陳情書の報告を兼ねて病院へ行く。
声帯手術後初めて会う宇田川さんは、声は出ないが元気そうだった。
「札幌緑の運河エルムゾーンを守る会」の運動が重要な局面に
ある今、声は交せなくとも目と握手で心を繋いだ。
そんなお見舞いの時間だった。
活字印刷日章堂印房の酒井君も膝のお皿を割って入院・まつば
杖で、今は信頼するふたりの一日も早い回復を願うものだ。

このふたりの存在は私には大きなものだ。
エルムゾーンの伊藤邸高層ビル反対運動と年末の吉増剛造展と
いう一見脈絡の無いかのようなふたつの動きが私の内部では深く
関わりあっている。
3年前緑の運河エルムゾーンを歩いた事から始まった吉増剛造さん
の大草稿の旅とそのゾーンにある伊藤邸高層化反対運動とは私の中
で同じ水脈にある運動体なのだ。
一方は膨大な現在も進行中の四百余葉の作品草稿としてあり、一方
は高層ビル化阻止も含めた現実の運動としてある。
その運動体の同志が宇田川さんであり、酒井君である。
札幌緑の運河エルムゾーンを守る会の代表として宇田川さんがいて、
吉増剛造展の秀逸な案内状に酒井君の優れた活字技術があったから
である。
そしてこの友人とともに磁場となってあるのはこのゾーンの存在である。
ここを磁場としてなにかが生まれ得るか。
それが今札幌を産地として自耕する出来得る限りの自分の行為なのだ。


1989年見えない川・界川から始まった私自身の札幌への試行は、
源流へ河口へと今も変わらず続いている。



*吉田切羽写真展「on the road」-11月19日(火)ー
 12月1日(日)
+吉増剛造展「ノート君~神窓へ」-12月13日(火)-1月5日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2013-11-09 14:44 | Comments(0)
2013年 11月 06日

メニューと産地ー風曼陀羅・霜月(5)

ホテルやデパートの高級レストランの食材表記偽装の報道
が相次いで行われている。
食材の産地が、有名ブランドに偽装されていた疑いである。
豪華な空間で有名ブランドの食材を高価な金額を払い食する。
そんな有名ブランドのメニューに騙されていたとすれば、それ
は料理を出す方の責任も勿論あるけれど有名ブランドに弱
い食する方のにも責任の一端はあると思える。
この時両方に共通しているのは、どちらもが産地にいないと
いう事である。
もしそこがその食材の産地であるならば、偽装も騙される事
もどちらもあり得ない筈なのだ。
すべては産地から遠い消費地での虚栄に満ちた物流の現場で
の出来事なのだ。

札幌国際芸術祭の多彩なイヴェントメニューを新聞で見なが
ら、同時に報道されていたこのニュースを思い出していた。
頭の良い人たちが外からいろんなメニューを提案するのは、
それはそれで意味ある事かもしれない。
産炭地も水源地も自然も近代の歴史的建造物も音楽も多方面
から、札幌・北海道という地域性を考えるのは大事な事かも
しれない。
しかしながら、文化もまた産地から生まれるものである。
産地である事を抜きにして、メニューだけを揃えてもそれは
消費地・物流の中心にしかなりえない。
豪華な調度品で装われた高級ホテルや有名デパートのレスト
ランと変わらぬ存在となるのだ。
産地とは言い換えれば、場という事である。
それぞれのメニューの産地が様々であって、ここ固有の産地
の場が私には見えてこないのだ。
例えば何故産炭地が会場のひとつとなるのか。

同時に市民参加のアートを謳っているけれど、産地が文化の
基本であるならば市民は参加ではなく主体であるのが本筋
である。
そこで問題は札幌という場が、果たして産地としてあるのか、
ないのかという根本的な問いである。
北海道の総人口の半分近い人口数を保ち、大消費都市として
また道庁を戴く道都として政治経済の中心都市として機能する
位置からは、産地としての地に根付いたものは不鮮明であるのだ。
高級ホテルや高級デパートと同じような器の立派さが際立つよう
な大都市構造の消費中枢が、その実体ではないのか。

少なくともはっきりといえる事は、伊勢海老の産地で偽の伊勢海老
がおおぴらに提供される事は有得ないという事である。
産地から遠く離れた場でこそ、そうした偽装がまかり通るのだ。
今必要なものは、いかに真に自らの大地に鍬を降ろして耕している
かを問う地道な現場・産地を問う事である。

*吉田切羽写真展「on the road」-11月19日(火)-
 12月1日(日)
*吉増剛造展ー12月10日(火)-1月5日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



by kakiten | 2013-11-06 14:26 | Comments(0)
2013年 11月 05日

緋色の森ー風曼陀羅・霜月(4)

なにもする気にもなれず、一日過ぎる。
休廊日の月曜日。
ある人から札幌国際芸術祭シンポジュウムへのお誘い
もあったが、コンサートホールキタラの豪華なパイプ
オルガンを背にした坂本龍一をメインとする会場に
足を運ぶ気持ちにはならなかった。
市民参加の芸術祭という声を聞けば聞くほど、場との
遊離を感じるからだ。

東北楽天イーグルスが、東京読売ジアイアンツに勝つ。
ただの野球ゲームを超えた感動がある。
否、ゲームという虚構だからこそ純粋に感動するなにか
があるのだろう。
今年1年を象徴するかのような東北の勝利である。
前夜の160球完投し負けた田中投手の再度の登板
とその勝利は、まるで東北の半沢直樹ではないのか。
”やられたらやり返す”そして”今でしょ!”と今年
の流行語そのもののような場面だった。
この勝利の日が3・11を逆転した11・3という偶然も、
東京圏対東北圏の対峙という深層構造を反映していた
かに思える。
野球というゲームを超えた熱い何かが、あの東北の空
には在ったと思える。
この時ゲームはもう単なるゲームではなく、無償の無為
の精神性を保った純粋ななにかであったような気がする。
そしてこの時未だ癒されぬ現実の痛みを抱いているから
こそ、逆転・倍返しの情念結晶なのだ。
この現実を抜きにして、あの熱い時間の波及はない。
前日敗れた投手田中に東北の人が重ねて見たものは、傷つ
いてなお立ち向かう意志への共感であり、その上での勝利
という劇の純粋感動なのだ。
勝利はゲームであり、主役はあくまで傷ついている現実で
ある。
しかしそれがこの時逆転したのだ。
野球もまた文化なのだとこの時私は思った。
虚構が現実を超えたからである。
一時の夢にせよ、そう思える時間が熱く流れたのは間違い
ない事実である。

札幌で国際芸術祭を開く時、この東北に匹敵する必然性と
夢があるのかを自らも含めて問いたい。
文化芸術とは、現実との深いところの傷痕との対峙から生
まれる虚実の逆転の行為ではないのか。
あらためて自らの今生きている現場を考えるのである。

*吉田切羽写真展「on the road」-11月19日(火)
 -12月1日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2013-11-05 14:47 | Comments(0)
2013年 11月 03日

秋深くー風曼陀羅・霜月(3)

大体プロ野球の日本シリーズが終わる頃、秋は終わり
冬の季節になる。
そんな身体の記憶がある。

昨夜の東京と東北の対決は第7戦までもつれ込み、今日
で決着。
なにかこのところの時代状況を象徴するような戦いである。
東北の人たちは昨夜の敗戦を暗い沈黙で見ていたと、
現場のアナウンサーが報告していたのが印象に残る。
たかが野球ゲームの事とはいえ、その奥底には東京と
対決する東北の深層心理があるような気がする。
東京電力の電力需給基地としてのフクシマやその他の
原発関連基地を擁する東北人の思いである。
大都市圏帝国主義の物資・エネルギー植民地としてある
現状への、密やかな反骨心が、この対戦の熱狂の底にあ
るような気がするからだ。
東京読売巨人軍が勝つにせよ、東北楽天イーグルスが勝
つにせよ、これ自体は野球のゲームであり一時的なカタ
ルシスにしかならないものだ。
ただゲームである分だけより純粋に、大都市東京圏との
直接対決を仮想敵として闘う気持ちを味わう事ができる
のだ。
昨夜の敗戦の後球場内外に詰め掛けた東北の人たちの、
なんともいえない一様の無言の表情というレポートは、
いつものゲームの負けとは一味違う重さをたたえていた
ように思う。

*吉田切羽写真展「on the road」-11月19日(火)
 -12月1日(日)
*吉増剛造展「ノート君~神窓へ」-12月10日ー1月5日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2013-11-03 13:58 | Comments(0)
2013年 11月 02日

曇天・紅葉ー風曼陀羅・霜月(2)

曇天、風穏やかな日。
暗い空気に紅葉が映える。

日々の具体的な金銭の支払いに心煩わしている身には、
エルムゾーン伊藤邸敷地に飛び交うブラックホールの
ような巨額な経済の話に、大きな乖離を感じる。
多分それは等身大の生活者のものではなく、非等身大の
増幅された物質的幻想観念領域に属するものである。
かってそういう現場に自分自身もいたことがあるから、
その時代の事をふっと思い返していたりもしていたのだ。
万円札が十円か百円のように軽く飛び交う時空もある。
今そうした状況からは遠く、水道代電気代電話代石油代
食費を以下に工面するか、という誠にまともな生活の内に
いる。
この時の金銭とは、日々の生活そのもののデイテールで
あり、幻想でも観念でもなく現実の手触りそのものである。
切れれば痛みを伴い、身にも及ぶ小さな刃物のようでもある。
この普通の生活感覚で使えば恐らく何百年も使えるであろう
巨額な金銭とは、幻視の世界の増幅された物質概念として
まるでブラックホールのように人を呑み込んで狂わすものだ。
それらを自在に操るかの如き人たちを、人は事業家とか政治
家とか呼ぶのかもしれない。
人間とは幻想に生きる動物である。
金銭という経済行為もまた物質衣装を纏った幻想概念なのだ。
それはそれで独自に増幅し、現実化する。
その対極の幻想概念が芸術文化のそれであるのだろう。
この両極の渦が緑の運河エルムゾーンに渦巻いている。
この両極の対峙こそが、極めて人間的な本質に関わる磁場と
して、再生のエネルギーに転換していかなければならない。
保護され特化された囲繞地で、芸術文化が生まれるものでは
決してない。
巨大化する物質的幻想概念ときっちり対峙し得る理念的幻想
観念の構築こそが、磁場渦中の本質である。

少し金銭の毒気に当てられ、向きになったのかな・・・。
明日のあれ、どう支払おうかしら。
ほっ・・・。

*吉田切羽写真展「on the road」-11月19日(火)
 -12月1日(日)
*吉増剛造展「ノート君~神窓へ」-12月10日ー1月5日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2013-11-02 15:15 | Comments(0)
2013年 11月 01日

枯葉舞う日ー風曼陀羅・霜月(1)

先日の新聞報道もあり、伊藤邸高層マンシヨン化計画の
波紋が広がってきている。
札幌市が今年6月に実施した植生調査報告書も公表され、
その所為もあって道自然保護協会も声を挙げだしたようだ。
「札幌緑の運河エルムゾーンを守る会」の事は、一言も
触れられてはいないが、もう3年前から地道な反対署名
活動を続けてきて過日市議会にも陳情書を提出している
訳で、報道関係の取材不足は否めない。
先日の緊急会合で明らかになったのは、6月の通り一片
の概括的な調査結果だけは、あの伊藤邸1万4千平方mの
本当の貴重な自然遺産の様相はまだ解明されていないと
いう事実である。
樹木だけではなく、湧泉の周囲には歴史の遺跡もまた土の
下に眠っている筈なのだ。
より徹底した調査・研究が求められるのだ。
こうした一連の動きは、これからさらに加速化してさらな
る巨額な資金や思惑が蠢いてくる事だろう。
政治家やゼネコンも介入してくると、これらの物質的な観念
が巨額な金銭の容(かたち)をして、飛び交うのだ。
巨額な金銭もまた、人間の産む物質幻想観念である。
理念としてのエルムゾーンは、ここに至って非常に物質的な
経済観念と化してひたひたと青臭い文化の理念を追い返して
くるのである。
それは文化理念という幻想観念と政治経済という物質的な幻想
概念のせめぎあいとも思える。

霜月・修羅場の予感がエルムゾーンにも吹き荒れてきた。
この現実に心折れる事なく、理念の原則を貫かねばならない。


 *吉田切羽写真展「on the road」-11月19日(火)
 -12月1日(日)
 *吉増剛造展「ノート君~神窓へ」-12月10日ー1月5日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2013-11-01 15:10 | Comments(2)