人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 02日

時を経てー熱月・8月(4)

あの暑さが嘘のように涼やかな日である。
半袖でいると少し寒いと感じる。
氷菓のガリガリ君を食べる気にもならない。
T女史からメールが届いて、この氷菓の事が(笑)付きで触れら
れていた。
意外とこの話は、M氏やT女史のようなインテリに受けてるみたいだ。
そういえばガリガリ君を最初に印象付けてくれたのは、十年ほど前の
夏ライブで来たフォーク歌手の及川恒平さんだった。
マネージャーの人に、暑いから買って来て、と頼んでいたのだ。
この時はガリガリ君ソーダ―味だよ、と念を押していたのを覚えている。
それ以来この氷菓の名前が記憶にあった。
包装に描かれた独特のキャラクターが印象的だった事もある。
今回の今村しずかさんのCDジャケットのデザインもそうだが、包装の
インパクトも中味に負けずに大切な要素と思う。
亡くなった今村はまなさんの本は、イラストと漫画で構成された本だが、
日々の入院・療養生活の中で感じ行った事の日常が暖かなタッチの筆で
感じたまま描かれている。
南西の山稜地帯に近い簾舞の病院でその自然環境の中で、酸素ボンベに
電動車椅子の生活を送りながら、人を見詰め自然を見詰め今生きている
自分を見詰めて描かれている。
暗く閉じることなく、あるがままにその日常を些細な事実の積み重ねを愛し
むように描いている。
表紙にもなっている表題の「私もその自然の中の一部なんだ」という絵は、
特にその事実を象徴していると思える。
真ん中に電動車椅子に酸素ボンベのはまなさんが描かれ、その周囲には
アスファルトに卵を生みつけているバッタ、足のもげたクワガタ、羽のちぎれ
た動けない蝶、何かの死骸にアリ達が群がり、蝶やキリギリスが交尾をし、
といった文字と絵が描かれている。
そしてそれらの上に大きく「私もその自然の中の一部なんだ」という表題が
書かれている。
これらの絵も文字も対象への暖かな愛情に満ちていて、少しも深刻さや暗さ
が感じられない筆触なのである。
入院中にこの絵やイラストが評判となり、2003年10月に展覧会が催され
翌2004年に一冊の本となった。
そして今年6月妹の今村しずかさんの初CD「この世界に」の発売に合わせて
絶版となっていたこの本を妹のしずかさんが復刊さたのだ。
昨年の3・11大震災を経て生まれた新曲「この世界に」を書いている内に
今は亡き姉の言葉「私もその自然の一部なんだ」が自然と心に浮かんできた
という。

 同じテーマにたどり着いたのは、きっと、意味があると信じています。
 7年の時が経ちましたが、今だからこそ、この本を手にとって読んでほしい。

                           (今村しずかー再版チラシから)

2005年3月にこの世を去った姉はまなさんへの追悼とともに、ふたりが時を
経て同じテーマに至った心の時間が、この本の再版と初CDに収録された歌の
には篭められている。
それは生と死に分かれ7年の歳月を経てなお、繋がる同時代の心の軌跡である。
そして今展示には2006年8月にこの世を去ったムラギシも入って、生死だけでは
分断できない人の心の同時代性が、展示の大きなコアともなって展示の深部を繋
げている。

*「この世界に」展ー8月5日(日)まで。am11時ーpm7時。
 :今村はまな原画×森本めぐみ(絵画)+村岸宏昭(絵画)
 :今村しずか「この世界に」CDー1200円
 :今村はまな作品集「私もその自然の中の一部なんだ」ー1500円
 :村岸宏昭遺作集ー2000円

 テンポラリースペースー札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2012-08-02 15:53 | Comments(0)
2012年 08月 01日

一雨降ってー熱月・8月(3)

朝雨が降って上がる。
少し涼しくなる。
暑さと湿度と疲れからか、少し寝坊する。
腰も捻って若干ぎっくり腰のようだ。
活舌の作家の一週間、今村さんのライブ準備展示と熱いライブの夜。
そして深夜帰ってのオリンピックサッカー男子TV実況観戦と月末病、
そんな疲れが溜まっていたようだ。
瀬戸くんが来て、ふたりで弁当とガリガリ君梨味を買って遅い昼食。
そういえば東京・目黒のM氏から珍しくメールが来て、ガリガリ君梨味を
探したけど見つからなかったという。
たまにこんなメールも良いでしょう、と書いてあった。
ふっふふ・・、
いつも炭鉱展とか硬派の美術評論の切れ者の人が、氷菓に反応する
とは思わなかった。
代わりにソーダ味を買って美味しかったと書いてあった。
氷菓の話ついでにもうひとつ、セコマの羊蹄山の湧き水掻き氷もイケル。
これは東京では手に入らないだろうなあ。
M氏、いつか来たらご馳走しますよ。
これも味が種々あるけれど、シンプルなのが一番良い。
そういえば、ガリガリ君もあの印象的な表のイラストが色々あって
みんな同じでない事に瀬戸くんの指摘で気付いた。
他愛ない事だが、色々勉強になります。

涼しい風が通って暑さも一段落した感じがする。
週末詩人のFさんが東京から帰省すると連絡があった。
Fさんの処女詩集の装丁は、森本めぐみさんの絵画である。
今年6月完成の新作を見たかったと言う。
2年前の大作共々、今回今村はまなさんの遺作集の原画とともに展示
してあるので、タイミングが良かった。
2冊目の詩集の装丁もFさんは森本作品の意向のようで、ここでもふたり
の作家の心の呼応がリレーされている。
今村しずかさんの作曲・歌詞作品2曲に連動するように森本さんの作品
があり、Fさんもまた別の角度から呼応して森本作品がある。
この3人のそれぞれ世代も違う優れた女性たちの連動は、素晴らしい。
Fさんはまた別の意味で、今村しずか・はまなさんの作品との接点も生まれ
るかも知れない気がする。
作品が媒介する清々しい関係と思う。
生者も死者もその境界を超えて、作品が相手を思い相手の存在を
教えてくれる。
ムラギシ作曲の遺作「撓む指は羽根」を古館賢治さんと今村しずかさんの
声のハーモニーでメロデイーを歌い上げた有山睦さんの見事な編曲は、
2日前のライブのひとつのハイライトでもあった。
これも作品が繋げた境を超えた心の架橋である。

*「この世界に」展ー8月5日(日)まで。am11時ーpm7時。
 :今村はまな原画×森本めぐみ絵画+村岸宏昭絵画
 :今村しずか「この世界に」CD-1200円。
 :今村はまな作品集「私もその自然の中の一部なんだ」-1500円。
 :村岸宏昭遺作集ー2000円

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2012-08-01 14:03 | Comments(0)