人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 04日

大荒れー光陰・4月(3)

猛烈に発達した低気圧が通り過ぎていく。
台風並みの風にマンシヨンビル風が加わり、街路を突風が走る。
春一番という浮かれた気分ではない。
猛烈である。
そんな荒れた天気の中で齋藤玄輔さんの撤退作業が続いている。
暗闇の会場に光が射し込みいつもの風景が戻って来た。
美の暗室。
暗視を明視に転換して浮き上がらせた、名も無き草花の有機的な美しい姿。
草花の名前は記されず、押し花を暗転して光に浮かび上がらせる。
その無名の美へのこだわりは、有名・明視の現実への対峙として暗渠の要塞
のようにあるのかも知れない。
有機的な植物の生命の姿は、それ自体がある完結性を保った美でもある。
古来先人たちはその姿に美を見て、草花紋様にしさまざまな様式でデザイン
化してきた。家紋・着物・活け花・建築様式の装飾と。
日本だけではなく、草花紋は洋の東西を問わず見られるものである。
もし齋藤さんの草花への視座とそれらとの違いを見るとすれば、それは
暗視の内にその美を浮き上がらせる暗室の設定という光の装置だろうか。
押し花の版画をカーボン紙に削り落として、その剥落した部分に光を透過
させる。実体としての植物が剥落した虚の部分として光に浮かぶ。
この虚を実として反転させる行為に、斎藤さんの現実への批判精神・反転
への強い批評精神が込められもいると思える。
しかしそれは同時に暗室への閉じた美の要塞とも化して、時に自己完結
する密室構造の陥穽も用意されている気がするのである。
植物の有機的な生命の立ち姿は、本質的に光・水・風と有機的に関わって
在る姿である。
一瞬たりとも固化された生命ではない。
水に触れ、光に触れ、風に触れる連続する命の形である。
その命の輝きを一瞬のものとしてではなく、ある永遠の形象として固化する
行為を時に人は芸術家の宿命として考えるだろう。
斎藤さんの暗室行為は、その意味で光の押し花装置とも思え、無名の草花
を光の宇宙(COSMOS)へ転換する行為と思える。
そしてその行為の仮設装置という意味では、暗室インスタレーシヨンと言って
も良いのである。
この暗室インスタレーシヨンの2週間、偶然私は敬愛する人の死を見詰めて
いた。この暗室は冥界の青い部屋のようにあり、草花は星座のようにあった。
かって死者とともに歩き回った山野の草花の大地の陰画のように、この暗室
は存在した。そう思えたのは、この暗室の草花には、色彩が無かったからで
ある。この暗室の彩(いろ)は、暗闇の青い光彩であって色彩ではないからだ。
死者との想い出には、陽光の色彩が輝く森、草、花、そして暁の光があった。
死者はなによりも、誰よりも、朝の人であった。
それは決して早起きとかいう意味ではない。
朝の光が一番似合う光彩の色彩人であったのだ。
八木保次氏、光の色彩(いろ)の画家であったから。

*追悼・八木保次・伸子展ー4月中旬予定。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax-011-737-5503

by kakiten | 2012-04-04 14:36 | Comments(0)
2012年 04月 03日

寒の戻りー光陰・4月(2)

寒気が戻って来た。
風冷たく、雪が舞う。

2009年に開催された目黒美術館「’文化’資源としての<炭鉱>」展
開催中に行なわれた連続講座「夜の美術館大学」講義録が送られて
きた。300頁余にぎっしりと細かい活字と写真が載っている。
全14講座に補講2講座、論考、番外。
本番の展覧会も凄いものだったが、この纏めもまた凄いものである。
「・・・<炭鉱>」展と同時に企画され残念ながら流産となった「原爆を視る
1945-1970」展についても最後に言及されているが、フクシマの原発
事故以前にこうした優れて先見性のある企画が立てられていた事につい
てもあらためて深い尊敬の念を覚えるものである。
キューレーターである正木基氏の渾身の仕事である。
吉増剛造さんの昨年末の「石狩河口/坐ル ふたたび」展についても
番外篇でさり気なく触れていて、現在から今後に繋がる視座も保たれて
いる。
この講義録は展覧会のカタログテキストと併せて、貴重な資料として
将来もさらに輝きを放つに違いない。

齋藤玄輔展終る。
植物の生命の青い煌きを、星空のように浮かび上がらせた2週間だった。
会期中に敬愛する八木保次氏の逝去もあり、私には忘れがたい2週間
だった。
私にとって札幌という土地・風土への入口ともいうべき八木保次さんとの
思い出が深く交錯して、この冥界の青のような齋藤玄輔さんの世界があ
った気がする。
冬の年の終わり、3、4月が過ぎてゆく。

 鉄橋のようにわたしは生きるのだ辛い三月四月をこえて (福島泰樹)

*追悼・八木保次・伸子展ー4月中旬予定

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503 

by kakiten | 2012-04-03 13:09 | Comments(0)
2012年 04月 01日

冷たい風ー光陰・4月

窓が鳴っている。
風が強い。
空は晴れて陽射しが強くなってきた。
確実にこの風は、新しい季節を運んでいる。
植物は光と水に触れ天地と垂直に触れている生命であるけれど、
この風の力によって新たな生を繋いでいる。
風媒花。風に飛ぶ種子そして綿毛。
そんな光景が今もうすぐやって来る。
そしてその前に、風が凍結した大地の雪氷を溶かし空へと運んでゆく。
風とは運ぶものだ。
植物を見ていると、光に触れ水に触れ内へと吸収して生きている。
しかし風にも触れていて、風は植物の花の匂いを運び、子孫を運ぶ。
風はタッチする。
ハイタッチ、バトンタッチ。
人間もきっと同じ行為をしている。
光を浴び、水を吸い、風とハイタッチ、バトンタッチ。
全身で体を使ってそれをしている。
眼で皮膚で口で手で。
そして、人と人の間にも風が吹く。
夢の中にも風が吹く。
死者の夢も見る。

*追悼・八木保次・伸子展ー4月中旬予定。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2012-04-01 14:24 | Comments(0)