人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 09日

歩き透むー森の記憶(2)

まだ疲れが残っている気がする。
今週は先週までのアクシデントの心の後遺症が残る。
とはいえ、昨日追悼・大野一雄展飾り付け終了。
今年2月「大野一雄頌」として、森本めぐみさんの新作と併せて
展示したのだが、今回はあらためて6月1日逝去された大野一雄を
追悼する試みである。
展示を終えてパソコンを開くと、東京在住のFさんから着信がある。
現在銀座で展示中の吉増剛造展への誘いのメールだった。
14日に大野慶人さんと吉増さんの対話イヴェントがある。
その日ボーイフレンドのO君も来るから、有楽町で一緒に待ち合わせ
しないかという内容だった。
大野先生の自宅へお線香をあげに行き、その際吉増展を見てと考えていた。
さらに慶人さんと吉増さんの対話もと心は跳んだが、
あまり一度にも、と思い返していた。
Fさんのお誘いは、夢のような、わくわくした気持ちになるものだったが、
ここはここで静かに大野先生を札幌でひっそりと追悼したいと思い返した。
今週は東京のAさんの写真展が中止になって、ぽっかり空いた時間である。
慶人さんと吉増さんの対話に出れば、私はきっと石狩河口公演後の
大野先生の果たされなかったカムチャッカ行きの夢を、道行きとして
語るだろう。
原題の「石狩の鼻曲がり」を、敢えて「石狩・みちゆき・大野一雄」と
改題した私の我儘な思いを黙って許してくれた大野一雄を熱く語るだろう。
石狩以降のさらなる思いは、その事において今も心に続いている。
<父の再見>。大野一雄が戦後初めて触れる事の出来た<父の復権>
を熱く語るだろう。
その思いを一緒にカムチャッカへと繋げる事は、もう叶わなくなった。
その原点とも言うべき石狩河口公演記録展を、今ここで展示する事は、
私にとっての、せめてもの大野一雄追悼という<みちゆき>でもある。
それはやはり東京ではなく、ここで今追悼すべきであると思うのだ。
<石狩・みちゆき・大野一雄>は、本当は引き続き
<カムチャッカ・みちゆき・大野一雄>として、一緒に先生の父祖の海
を経て、果たすべき道程だったと今も思っている。
それは私があの時、大野先生に思わず語りかけた、”先生、一緒に石狩へ
行きましょう!”の言葉に全身全霊で応えて頂いた事への、私なりの返礼
でもあるのだった。
<カムチャッカ・みちゆき・大野一雄>は、果たされなかった大野先生へ
の敬意と尊敬の心からなる返礼である。
先生の長い人生上で再発見し取り戻されようと為された<父>の位相を、
私は同じ時代を生きた証(あかし)として、もう一度一緒に<みちゆき>の
道程を歩みたかった。
先生との<石狩・みちゆき>は振り返るように懐かしむものではない。
新たな道行きの一道程だったのである。

 まさか「石狩の鼻曲がり」のあの舞台全体が、匂いから何から全部生きて、
 クマまで引きずって、もっと北へ行かれて、カムチャッカにまで行って、
 そして今度は翻ってくるようにニューギニアの水母の輪の下の水葬の、
 死んでいった方々への哀悼になってくるという、ダイナミックな広がりに
 なろうとは思わなかったですね。(吉増)

 はい。(大野)

        対談<石狩ーカムチャッカ>生と死の舞踏 大野一雄・吉増剛造
        1999年8月号「FRONT」誌最終行から抜粋。

*追悼・大野一雄展ー7月9日(金)ー18日(日)am11時ーpm7時。
 月曜定休。
*唐牛幸史展「REPUBLIC」-7月20日~展示準備。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2010-07-09 12:41 | Comments(0)
2010年 07月 08日

歩くー森の記憶(1)

法事で来札中の東京のIさんか来る。
今年の冬以来である。
一級建築士でもあるIさんの頼みで、清華亭を案内する。
どうせなら植物園から歩こうという事で、午後ミニ大通りで待ち合わせ、
歩き出す。
久し振りに植物園を散策。
その広さとなによりも春楡(エルム)の巨木群に心打たれる。
園内の宮部金吾記念館では、2階に続く階段の手摺りと踊場に開く窓の
美しさが印象的だった。
梢の緑と窓ガラスの揺れが、遠い近代の時間を象嵌している。
植物園を出て、伊藤邸脇を抜ける。
Iさんは、ただただ感嘆の声をあげている。
鬱蒼とした庭の風景は、壁のフエンス越しに今を盛りの濃い緑の匂いを
発散させている。
そこからJRの高架線をくぐり、清華亭へ向かう。
途中偕楽園緑地の井頭龍神の祠を詣で、清華亭正面に立つ。
先に庭の春楡の大木を案内し、庭先を回り中に入る。
洋間の奥の日本間で足を伸ばし、暫し休息。
若い女性の訪問が珍しいのか、Iさんに管理人のお爺さんが丁寧に
説明してくれる。
和洋折衷のこの古い建築物に、建築家でもあるIさんは興味を示して
盛んにカメラを向けている。
清華亭東側の小道を抜け、環状線を渡り北大クラーク会館横に入る。
そこから復原されたサクシコトニ川沿いに北大第二農場モデルバーンまで
構内を歩く。
緑の森の面影が続く構内は長く広大である。
創建時のままに保存されている第二農場には、様々な農機具等が
展示されている。
かって時を知らせたエルムの鐘も遺されていた。
エルムの学園と呼ばれた時代の名残りである。
この第二農場の風景は、「風と共に去りぬ」の映画の一シーンのように
純粋アメリカ的風景である。
そこを出てエルムトンネル口から斜め通りに沿って歩き、
テンポラリースペースに到着する。
蒸し暑い日だったので、少し疲れたのかIさんは、2階吹き抜け回廊の窓際、
涼しい場所で仮眠したいという。
私はメールチェックし、このところ乱れがちなハミガキブログを書こうとしたが、
無理だった。
今回通しで歩いてみて、川の痕跡よりも森の痕跡が強く心に刻まれる。
なによりもやはりこの森の王、春楡(エルム)の存在が強烈である。
この小さな旅を通して、ふと昔読んだSFの内容を思い出してもいた。
地球がひとつの国家となり、初めて宇宙人の訪問者を迎え地球中を旅した
宇宙人がいよいよ帰る時、地球大統領が訪問の印象を聞くシーンである。

 何が一番印象に残りましたか?

 たくさん歓迎を受け、どれもみんな嬉しかったのですが
 一番気になったのは、あの寡黙で緑色の頭をした人たちでした。
 よろしくお伝え下さい。

と、そんな筋だった記憶がある。
今回の小さな旅の主役もまた、そんな緑の頭をした寡黙な人たち
だったのだ。

*追悼・大野一雄展ー7月9日(金)ー18日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*唐牛幸史展「REPUBLIC」-7月20日(火)~展示準備。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503
 

by kakiten | 2010-07-08 12:46 | Comments(0)
2010年 07月 06日

魂・球ー木霊(こだま)する(30)

火曜日休みをとって、瀬川葉子展「記憶に沈んだ庭」を見に行く。
ギヤラリーは月曜日定休日のところが多い。
こういう機会でないとなかなか見にゆく事が出来ない。
瀬川葉子さんは、20年ぶりの個展である。
かって詩人高橋秀明氏の同人誌の装丁をしている。
また円山北町時代には、私の所で4人展をしている。
結婚し育児と家事等で絵画活動から離れていたが、今回20年ぶりの
個展となる。
家事育児の間に少しづつ描き溜めていたのだろうか。
高橋氏と午後1時に待ち合わせ会場に向かう。
先客がいて、その間ゆっくりと作品を見て回る。
南壁一面に展開した作品群が良かった。
小さな作品をこつこつ描き続け、会場で一気に散じたという感じがする。
溜めと開放の勢いが、時間の土の内に胚胎していた事を思うのだ。
高橋氏とともに3人で話す。
もうこんな時間は本当に何年ぶりだろうか。
作品というものは、こうして見ていると魂の<タマ>でもあり、球の<タマ>
でもあるような気がする。
魂の<タマ>が現(うつつ)であるなら、球の<タマ>は実(實)である。
家事・仕事の合間にコピー用紙に描き連ねていたという瀬川さんの
画紙は、球のように實であり、こうして展示された展覧会の作品構成群は、
魂のように、現(うつつ)の<現実>である。
魂・球一体となって、私たちはもう20年近い御無沙汰を一気に跳び超え、
昨日逢った続きのように話しているのであった。

ひとつの鉄の優れた作品が、春楡(エルム)を呼び寄せたように、
ひとつの作品が様々な出会いをもたらす。
それは時間だったり、巨木だったり、死者だったり、個々の固有の記憶
だったりと、多様である。
魂球は自在なパスワークのように、ドラマを繋ぐ。
作家もまたその魂球を受け止めるひとりでもある。
その事実を抜きに、作家と作品の位置は本来測れないものだ。

*大野一雄追悼展ー7月9日(金)-18日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax-11-737-5503

by kakiten | 2010-07-06 17:12 | Comments(0)
2010年 07月 05日

春楡(エルム)の声ー木霊(こだま)する(29)

一昨日夕電話が鳴る。
ウダガワですという。
近くの居酒屋「ゆかり」の店主宇田川洋さんからだった。
今大いに議論しているので、来ないかと言う。
伊藤邸高層ビル化の報道に対峙し、この1万4千平方の敷地に眠る
道庁前庭ー植物園ー伊藤邸ー清華亭ー北大構内と南北に連なる
貴重な風景としての文化遺産保存を共に訴えませんかと
先日宇田川さんに私は話していたのだ。
宇田川洋さんは、アイヌ語地名研究の山田秀三さんのエッセイにも実名で
登場する学者である。
以前は東大常呂研究室に勤務した学者先生で、実はオホーツク文化と
アイヌ学の権威でもあられる。
退官後多くの人との縁(ゆかり)を求める場として、この居酒屋を4年前に
開店したのだ。
この日は土曜日でアキタヒデキさんも会場に常駐し、多くの人が見え
急には出かけられず、その旨を宇田川さんに伝えると、あらためてもっと
多くの人が集る日に是非来て欲しいと言って電話は終った。
前々回の阿部守展の作品が清華亭の春楡を呼び寄せ、その庭に
作品を常設したいという人が集った。
残念ながらこの構想は様々な要因で実現は出来なかった。
その直後西牧浩一さんの個展初日にお花を届けに来たM上さんは、
仕事を越えて作品と向き合ってくれその事に感動し記した私のブログに
後にコメントを寄せてくれた。
実はM上さんは清華亭の近くで生まれ幼少期を過ごしたという話だった。
私にはこの話が、伊藤邸の北側に位置する清華亭の庭に立つ巨木の声
のように聞こえたのだ。
ひとつの作品が放った心のボールは、こうして還ってくるのである。
作品は作家の手を離れて、キックされたボールのように廻るのである。
民間の所有地でもある伊藤邸の庭の森は、北5条通りを挟んで植物園
の巨木たちの森と梢が触れんばかりにして、生い茂っている。
元々は一体の森であったこのゾーンは、伏流水の豊かな湧泉の地であり
そこに触れる命の春楡(エルム)の森でもあったのだ。
その面影を残す南北の帯状のゾーンとして本来連鎖しているのである。
その地下水脈が高層ビル化によって断絶される事は、この巨木たちの根
が触れる命の元を絶つ事でもある。
湧泉となって溢れることはもう適わない状況だが、辛うじて深く伏流する水脈
はこの樹たちの根の先にはあるに違いない。
さらにこの森と泉の緑の帯は、札幌の貴重な近代建築物をも多く有してる
処でもある。
この風景としての文化遺産を、ゾーンとして破断させない為にも、
私たちは勇気をもって声を挙げなければならない。
ひとつの作品が人の心に波及し届けたもの、それはこの森の春楡(エルム)
の声だったような気が私はしている。
今週以降私は、宇田川洋先生たちとともに、この春楡(エルム)の声に
共に此処を生き抜く者として、応えていかねばならない。
そう心に期しているのだ。

*大野一雄煩ー追悼展ー7月9日(金)-18日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2010-07-05 15:23 | Comments(0)
2010年 07月 03日

涙するー木霊(こだま)する(28)

アキタヒデキさんの友人というMさんが見えて、話する。
切っ掛けは、2階吹き抜けベンチで横になり寝ている姿を見たからだ。
気持ちいいですか、と声をかけたのが始まりである。
なにか落ち着くの、と応えて会話が始った。
その日はもう閉廊時間が近く、可愛い自転車でMさんは帰った。
翌日気が付くと、大きなリュックが置いてある。
あれ、これは誰のかと思い、Mさんのだなあと思う。
その日午後慌てた顔をしてMさんが飛び込んで来た。
やはり彼女のものだった。
作家のK氏が来て話し込んでいた最中なので、リュックを確認して
もらい話を続けた。
K氏が帰って不図見ると窓際に腰を下ろし、Mさんがまだ居た。
それから奥の談話室で色々と話を聞いた。
介護の仕事をしていると言う。
午後6時からまた仕事があるので、それまで時間があるという。
ずっと気になっていたといって、書棚の上に飾られているムラギシの笑顔の
写真を指さし、これは誰?と尋ねられた。
ムラギシの本を見せ、22歳で事故死した濃い人生を話す。
そのうちみるみる眼が潤み出し鼻声となる。
感受性の強い人である。
思い立って、有山睦さんたちの演奏したムラギシ曲「撓む指は羽根」を聞かせた。
これはこの本に納められているCDから、自分たちのジャズに取り入れて
再生した演奏ですと、解説した。
鼻水は止まらず、演奏終了後小さく拍手をしてくれるMさんだった。
そして、この本を購入したいと言ってくれた。
聞くと本人もドラムとヴォーカルの演奏活動をしているという。
ムラギシと同じ年齢だと呟いた。
仕事の始る時間近くまでいて、Mさんはまた来ますといって
可愛い自転車で少し太めの後姿を見せて帰って行った。
あっ、少し太目は余計だった。
豊かで魅力的な後姿と言い換える。

三角展が二角展のようになって3人の企画による「パラダイムシフト」展
もあと残り二日なる。
先週同様土日の今日明日は、アキタヒデキさんが在廊予定だ。
この展示が切っ掛けとなって、Mさんのような人が新たな出会いを
用意してくれる。
作家は出来得ればその機会を多く持つ方が望ましい。
だがメタ佐藤さんは東京で仕事に缶詰中、他のふたりも程度の差こそあれ
仕事が続く。
先週は特に作家が誰も居ない初日に始まり、週末土曜日午前中の竹本さん、
昼から在廊のアキタさんと、ダブルヒデキの日にアクシデントが起き、
残念な二週目となった。
実力ある3人だけに、今後も写真家集団三角の企画展を写真誌ともども
続けてくれる事を願うのだ。

*写真家集団三角展「パラダイムシフト」-7月4日(日)まで。
 am11時ーpm7時。
*大野一雄追悼展7月9日(金)-18日(日)
*唐牛幸史展ー7月20日~展示準備。

 テンポライリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2010-07-03 12:22 | Comments(0)
2010年 07月 02日

魂へキックオフー木霊(こだま)する(27)

昨夜帰りに大きな本屋に寄り、現代詩手帖7月号を買う。
特集文月悠光を帰って早速読む。
吉増剛造さんとの往復書簡「地面の下を叩くように」に感動する。
ここに跳んでいる感受性のボールは、今年6月亡くなられた大野一雄だ。
1991年生れの文月さんと1939年生れの吉増さんが、1906年生まれ
の大野一雄の石狩河口公演を交感している。
大野先生の石狩河口公演は1991年9月の事であり、
文月さんが産まれた年でもある。
この世代を超えた交感は何なのか。

  赤く染まることに
  思いをかけなければ
  生きてはおれない、
  そう夕日に迫られていた

 貴女が生まれたころの石狩川の河畔、夕日に向かって、
 ハイヒールで、地面の下を叩くようにして踊ってられた、
 これオーノさんの(その底のー母・・・アルヘンチーナの、・・・)
 声のようにして、わたしも、このトーンを、聞いていました。
 とうとうこんなときがきた、・・・歓こびとメランコリー(というより正直すぎかな、・・・)
 が、書けたのだと思います。
  逢いたいね。

                (文月悠光さま   吉増剛造)

今年2月森本めぐみさんの新作「なみなみとして、もつ」とともに大野一雄頌展
を企画し展示した際、文月さん、宍戸さん、森本さんたちと大野一雄石狩河口
公演のヴィデオを見ていた。
18、19、22歳の3人は食い入るように画面を見詰め、途中目頭を熱くしていた。
吉増さんはこの時の文月さんの感動を記したブログを読み、言葉を紡ぐ。

 ・・・文月さんが”私は鮭をねじ込まれる地面の気持ちになった、・・・”と、
 「石狩の鼻曲がり」の記録映像を、そう、ブログの地面に彫り込むように、
 打ちこまれているのをみて、貴女に、あなたさまに、・・・か、何かを確実に
 リレーが出来たのだと、誰いうともなく呟き、喜びおりました。

オーノさんの渾身の野外舞台の映像は、この時魂のボールとなって
キックオフしたのである。
まだこの世に生を受けたか受けないかの時代の映像が、3人の心に
送り込んだものは、魂のボール、そのキックオフである。
104歳でこの世を去ったオーノさん。70歳を迎えるヨシマスさん。
18歳の文月さん。
ここに<何かを確実にリレー>されるものがあるのだとすれば、
それはもう世代を超えた<魂の球>としか言いようがないものである。
吉増剛造の文月さんへの返信書簡の最後の言葉、

 逢いたいね。

この言葉に魂の球の行方、全てが篭もっている。
小さな場末のガタピシ画廊の片隅で、少し歪んだ画面に映し出された
遠い時間の夕陽の石狩河口特設舞台。
そこで真っ赤な衣装にハイヒールのオーノさんの足踏み、
その乾いた靴裏の音。
水平線と地平線の淡く交わった落日の真っ赤な太陽に向かい、
何度も何度も大きなイナウを振り上げ、靴の踵を鳴らしたオーノさん。
あれは私たちの時代の同時代へのノック、キックだったと今も思う。
魂へキックオフ。
往復書簡 吉増剛造+文月悠光「地面の下を叩くように」は、
コンテンポラリーの<コン>、
この同時代を叩く<キック・オフ>のトーン。
今もなお、この時代の地面深く響いている声音なのだ。

そうですよ、オーノ先生!

*写真家集団三角展「パラダイムシフト」-7月4日(日)まで。
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503
                     

by kakiten | 2010-07-02 12:30 | Comments(0)
2010年 07月 01日

お湿りー木霊(こだま)する(26)

朝、車の音が水に濡れている。
シャー、シャーと響く。
雨だ。
しかし蒸し暑い。
久し振りのお湿り。

今日から7月(文月)。
文月だからというわけでもないのだろうが、
今月の現代詩手帖は、文月悠光さんの特集という。
本人のブログで知ったが、まだ手にはとっていない。
弱冠18歳でもう特集とは、凄いことである。
青田刈りにならねばいいと思う。
第一詩集がでたばかりで賞をふたつもとり、こうももてはやされるとは、
本人が一番大変と思うが、そうでもないのだろうか。
夏休みの再会が今から楽しみだ。

東京学芸大学大学院のNさんが来る。
時々ブログにコメントを寄せてくれ、ちょっと辛口のそのコメントに別の人
を想像していた。
同姓で想定していた人とは別で、初対面だった。
森本めぐみさんの作品のフアンという。
このブログはきちっと読んでいるらしく、話していてなにか受け取る感じが
柔らかである。
大分話してから、自己紹介され気付いたのだ。
ムラギシの本を購入してくれる。
ほぼ同世代のNさんにはきっといい刺激になるだろう。
夏が本格的に訪れ、夏休みを迎える人たちが不意にここを尋ねて
くれる季節となる。
来週から予定していた東京Aさんの個展が中止となったので、次週は少し休む。
今月後半からは、唐牛幸史さんの山下邸を軸とするRepublic展が始る。
それまでちょっと休み、先日亡くなられた大野一雄追悼展を考えている。

*写真家集団三角展「パラダイムシフト」-7月4日(日)まで。
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2010-07-01 13:51 | Comments(2)