人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 09日

石狩風景ーDecember voice(5)

Sくんと彼の車で石狩高岡へ行く。以前から気になっていた地域だ。
昭和33年の地質図に石狩油田の記号が沢山ある。
厚田油田はウエン浜ですでに歩いているから、この奥の春別油田地域を一度見
ておきたかった。
Sくんはすでにそこを見聞していたので、彼の案内で廻る。
途中八幡墓地に寄る。江別・対雁に強制移住された樺太アイヌの終焉地。
和人のお墓の下に眠っていたアイヌの人達の埋葬場所である。
何年か前に発掘され慰霊碑が建てられた。その頃偶然賀村順治夫妻たちとそ
こを歩いていた。発掘の最中であった。墓地に寄る前、旧八幡神社に立ち寄る。
以前英国の美術家ロジャー・アックリングが望来で滞在制作をした時、ここに寄
って深く心を動かされていた場所である。明治のある時期魂抜きをされ、対岸の
石狩役場のある方に移転した後、残された場所である。八幡稲荷神社と名を変
え雪に赤い鳥居が続いている。そこから墓地へ入り慰霊碑を探す。私が見た時
はまだ木標が立っていただけだったが、今は立派な石碑となって墓地の奥にあ
った。以前来た時は夏だったので風景が違う。この日は吹きさらしのスカスカの
薄い台地の隅という感じだ。Sくんはここが初めてで熱心に碑文を読んでいる。
その後大曲から石狩高岡へ向かう。風景は一転して里の趣きが漂う。途中高岡
神社の前に立つ。向かいに牛馬観音の石碑がある。馬頭観音は多いが、牛と一
緒のものは数少ない。知津狩の中川潤さんの家近くの一基しか他に知らない。
素朴な石の佇まいがいい。そこからさらに奥へ向かい、五の沢に入る。ますます
里の趣きが濃い。小学校の廃校がある。きっとこの辺もかっては人が多くいたの
だろう。Sくんが近隣の人に聞いた話だと石油の送油官がここにきて多勢の人が
石油発掘の仕事をしていたと言う。傍ら農業・牧畜も盛んだったのではないだろう
か。五の沢の手前は丘陵地帯でそんな感じが漂っている。牛が馬と同じく祭られ
るのはその所為と思える。多くの油田のあった地帯へは途中鎖が張られ雪も多く
入るのを諦める。その後正利冠を抜け望来に到る。この内陸のルートで望来に来
たのは初めてである。いつもは海岸の道からだったので、新鮮である。
望洋荘で遅い昼食をとる。ホッケ定食が美味かった。
帰路対岸の旧石狩役場前に寄る。雪で道は不鮮明だったがここは曲線の路にな
っていてシャワー通りと名付けられているらしい。パルコの裏通と同じだ。
自然の曲線が豊富なこの場所で何をテーマパークみたいな事をするのだろう。
立派な建物が並び、書き割りの舞台のようである。石狩高岡や五の沢の里の趣
きの方が余程雄弁である。風景に厚味がある。整理整頓された風景には時間の
保水力がない。整形された嘘が風景を薄くする。大体シャワー通りとは何か。
保水力の不足を補うシャワーかよ。ここには地・ランドがない。標本化されたパサ
パサの感性が都会の化粧を塗っているだけだ。
本来の大地は対岸に存する。海沿いの道、内陸への道。そこに時間が蓄積され
初冬の灰色の天地に息づいている。夏はゴルフ場がひしめく所と聞くが、冬の風
景は雪が本来の地形を梱包し、変容した大地を彷彿と甦らせてくれるのだ。
海から陸へと伸びる石狩の国への視座を感受した日だった。

*斎藤沙貴展ー12月16日(火)-21日(日)
*2009年へのプレビュー展ー12月18日(火)-28日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2008-12-09 13:35 | Comments(0)
2008年 12月 06日

裸木の時間ーDecember voice(4)

自転車を捨て歩く。歩行の筋肉と車輪を扱ぐ筋肉が違う。
筋肉のバランスが悪い。しばらく歩くと戻った気がした。
曇天に山が白く、裸木が黒く浮き出て水墨画のようだ。
小雪のなか歩く。
ギヤラリーの空いた今週、一年の疲れが出る。
ぼんやりとして血圧が高く感じる。歩くのがいい。
ユニクロでズボンとセーターを買う。
去年まで着ていたセーターが洗濯で縮んだのだ。洗い方も勉強である。
心も、洗い方ひとつで縮みもする。ぼんやりして部屋に居ると心も縮むのか。
雪の積もった自転車置き場。放置された自転車が転がって、オブジェのよう。
雪はクリストする。物が雪で梱包されると、不意に存在になる。
用のものから形態になる。
目を上げ裸木の梢を見る。葉を落として黒々と幹・枝が無言で立つ。
湿った雪を白い影にしてまとい、空に根を張る。木はいい。
用に縛られず、命の容(かたち)。
街のグリーン、色の匂い消しのように植えられた街路樹も、
この時期色を無くし形態が顕われる。
それは命のかたちだ。用を離脱して命が立っている。
暗渠の川の上に立つ友人の街路樹に今日も挨拶。
友よ。同じ与件の命を生きているから。
歩行は言葉を生む。風景と会話する。会話を拒絶するものもある。内部に入らな
ければ許可しないものもある。大きな構造物。商品の植民地。商品の領土。
ソフト帝国の城。一方的な言説がものに誘惑・多弁・慇懃無礼。
民・公の街路・地下路。ここに会話は無い。歩く、そして出会う一本の樹の沈黙、
その無言の雄弁には敵わないのだ。
足下が濡れて滑る。深い轍(わだち)はまだない。意地悪く斜めに凍った路。
空と同じ色。呼気吸気を重ねて身体が目覚める。
俺も裸木の時間にいる。
一年の終わりの時。疲れがゆっくりと体を周っている。裸木たちと話す時間。
地に立つことを感じて励まされ、歩行という人間の立つランドにいる。
歩行しない木たちの天地に立つ命に、違いを超えて友情がある。

*斎藤沙貴展ー12月16日(火)-21日(日)
*2009年へのプレビュー展ー12月23日(火)-28日(日)
 :来年個展予定者による展示・野上裕之・佐々木恒雄ほか。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2008-12-06 11:43 | Comments(0)
2008年 12月 04日

<私>から個への戦いーDecember voice(3)

眼の先端で凝視し、息詰めて消去する街。そこには、色彩もなく人もない。
街路の建築物だけが描かれる。高さも自己の眼の尺度である。
見上げる事も、足下に眼を落とす事もない。
そのような視座で描かれた街景が、藤谷康晴の一番街風景である。
一昨年夏この眼のテロリストは、溜め込んだ殺意を個展でそのように表現した。
街の雑踏に溢れる人・色・喧騒をすべて消去したのである。
この絵画上での殺意は、秋葉原の無差別殺人や行きすがりに駅で不意の殺戮
起す極めて傲慢な<私>の視線に近いものがある.
<私>以外の他者の存在は消去の対象でしかない、真っ白な世界である。
<私>以外の外界に向けられるこの殺意は、自己という内を覗き込む自己否定
の契機と、他者への関係性を空洞にした外界への憎悪から成り立っている。
その街に抱いた殺意を内界への視座として描いたのが、今回の個展と思う。
合理と功利の直線の街に潜む、憎悪と暴力の妖怪がそこにはある。
軽薄な美術青年として美術家のなれ合いの小世界をわたりあるくことをせず、生
活社会の底辺の情念として、都市の内包する凶気を表現する作家は希少である
。自己と他、公と私の間を凶気という感性で見詰めているからだ。
公とは世間であり、体制であり、量的多数である。私とは現場であり、生活であり、
少数の我(エゴ)である。
この公私は時に激しく対立し、かつ<私>は<公>の前に敗退するものだ。
<私>が公に擦り拠って、あたかもその敗北の無いかの如く群れる恥知らずの
現在が多い中、藤谷康晴の殺意・テロの絵画は数少ない存在である。
何故ならこの殺意は、多くの孤立する<私>の日常、日々<私>の内部で地中
から湧き出る熱泉の泡のような普段なる存在だからである。
この妖怪が現実社会の片隅で不意に暴走する事件を私たちは見聞している。
おとなしくどこにでもいそうな普通の人間が、不意に殺意が熱泉が噴き出るように
起す無差別殺人がその事を知らしてくれる。
今なれ合いの小世界をわたりあるくことをせず、<私>の世界に潜む凶気を外界
に叩きつける藤谷康晴の絵画表現は、<私>の敗北を前提としてある。
そしてそれは、<私>の敗北が個の世界へと逆転する戦いとしてあると思えるの
だ。かって息を殺し外部を静謐に見据えた彼の視軸は、その凶気を内なるものとし
て顕在化し、外部と内部の境を晒しだし今明確にしつつある。

*藤谷康晴展「ウルトラサイレンス」-12月6日まで。
 ほくせんギヤラリーアイボリーで開催中

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2008-12-04 14:12 | Comments(0)
2008年 12月 03日

地下情念ーDecember voice(2)

今週は展示が空いたので、一昨日見損なった藤谷康晴展を見に行く。
一昨年7月無機質な都市風景を細密画で描き、昨年は一転して毎月ライブドロ
ーイングに明け暮れた藤谷さんの着地を示す展覧会だった。注目したのは、都市
のビル群が上部にあり、その舗道の下の情念が怪しく乱舞している絵だった。
大きな色紙に収められた他の絵も含めて、この色紙自体が都市の壁のように思
えた。ライブドローイングの中に引かれた直線もその象徴であると思える。
鬱屈し潜行する情念が、一昨年の個展以降爆発して、再び都市の内に対峙して
いる。無表情にして見詰めていた内なる激情が爆発したのが、昨年一年間のライ
ブドローイングであるなら、今回の個展は再びその蹉跌と向き合い対峙して、両方
をせめぎ合うように表現しているかに思える。かって都市の街角でマネキンのよう
に無表情だった顔が、今回は歌舞伎のおどろおどろした表情のように顕われてい
る。
衛生・安全・管理の都市に対し隠された凶器のようにあった殺意は、取り澄ました
無表情の仮面を引き剥がし、素面で立ち顕われてくる。
ライブドローイングに見られた、情念の迸る抽象の線は、より現実的な形・容(か
たち)となって憤怒の様相を帯びている。
この都市と対峙する藤谷康晴の行程は、今後いかなる方向へと進みのか。
この情念のテロリストの今回の着地は、これからが正念場である事を予感させる
。場所も含めて今回の個展は、彼の対象ともいえる都市の内部へと、再び回帰し
たからである。
一二の三と、この3年間の助走の時を経て、真のスタート地点に今立つたと思え
るからだ。
都市と個、時代と個、ここで私情の<私>という情念を如何に都市という公と対峙
し得るかが問われるのだ。
彼の熱く燃えたぎる情念の溶岩が冷えた軽石となるのか、燃えるまま焼き尽くし泥
流となり流れ続けるのか。
次なる荒野の予感に立つ姿が垣間見えるのだ。
それが1年後か、2年後か分からないが、次なる場を何処にするかもまた、大きな
意味を保つと考える。
彼の身体の地下に潜んでいたテロにも似た情念は、ライブドローイングの形で肉
体化して顕われ、その矛先は対象となる都市風景を疾駆してきたが、燃え盛るマ
グマはもうすでに冷却の時間を迎えている。
自己を<私憤>から如何に個の鋼に研ぎ澄ますか。
その凝縮する過程に、今後の藤谷康晴の都市へのテロの刃の行方もある。

by kakiten | 2008-12-03 15:05 | Comments(0)
2008年 12月 02日

明るい他国ーDecember voice(1)

休廊日、久し振りに街を歩く。
ジョアンでパンを買い、八雲でお蕎麦を食べ、地下書店で本を見た。
ふっとライブペインテイングのあった藤谷康晴展を思い出し、アイボリーへ向かう
。ここに来るのは二度目だが、階数を間違え暫し迷う。
覗くと内部は暗くやっていない。入口に貼ってあるポスターを見ると明日からの会
期だった。ライブだけが先に行われたようだ。この場所は二度訪れるも二度休み
で縁が薄い。白く漂白された無菌室のようで、あまり好きではない。
そう感じるのはここだけではない。ビル全体がそう感じる。
久し振りに歩いた街路もそうだ。此処で生まれ育ったから、なおそう感じるのかも
知れない。葉を落とした街路樹の枝・梢に巻きつく照明。ビルの壁面一杯のネオ
ン。外を歩いているのに、外ではない世界。地下から上がると、そこもまた内部化
したインドアーの連鎖である。音楽がひっきりなしに流れ、目も耳もメッセージの
氾濫の渦中にある。内部と外部が一元化して、華やかだが変わり映えのしない
色彩の氾濫が続く。誰もが早足でスピードこそが生命線のように歩いている。
物も流行りというスピードで勝負している。清潔・安全を第一の美徳にして直線の
時間が支配している。東西線と南北線の交叉する地下鉄のプラットホームには、
新たに乗客のスピードを抑制する壁ができていた。乗り急ぐ人達の安全の為だろ
う。足下には、「段差アリ足下注意」と大書したプレートもある。
この街は何時からこんな風になったのか。
籠の中の実験用のマウスみたいに、くるくると人も早足を止めない。
カッカッと背後から足音が脅迫するように響く。追い越させて、階段でわざと抜く。
はるか下にいて、もう早足が効かない。地下街の人込みの中、人の隙間にぐいっ
と速度を上げて抜く。一瞬の足キック。小腹が立って人込みで遊んだ。
人、物、色彩、音、絶え間ない坩堝。
明治の祖父、大正の父の住んだ街ではない。商業植民地。政・官の植民地構造
が他国からの移住者の質を変え、今は商業移住者の街となった。
百年の個は消去され、顔の見えない商標の類が覆っている。
それすらスピードの渦の中で泡のように浮き沈みしている。
アメリカ屋は何時のまにか消え、ワシントンは地下に潜り、丸善も消えた。
熊の土産店、帽子屋はとっくにパルコ、ダイエーも消え、銀行も名前が変わった。
スピードを競う国際体育ショーが、今でも形を変えて続いている。
その時から、父と祖父の街角は拡幅された舗道の下に沈んだのだ。
ひとつのビルの角から角までに、いくつもの沈んだ街角がある。
早足の群集の足下で、百年の孤独が眠れない時間に撓(たわ)む。
この街に加担した自分の責務を見つめ、心は巨大な街というボートピープルの
一員のように漂流していた。
それは今も変わらない私の、サッポロバナナボートだ。

*今週は展示なし。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011ー737-5503 Email:temporary@marble.ocn.ne.jp

by kakiten | 2008-12-02 13:42 | Comments(0)