人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 06日

窓の蔦ー夏の末(sak-kes)(13)

蔦の緑が濃さを越え少し乾いてきた。枯葉が窓から入る。
空家だった2年前に比べ、蔦に勢いがある。人が出入りして、その熱と湿気が勢
いを与えるのだろうか。表から見ると、家全体が、ぬいぐるみのようにも見える。
昨年5月の樫見菜々子さんの個展の時、初めて発見したのだ。
夕暮灯りが窓に溢れて、蔦が衣装のように家を覆っていた。
今2階の窓が蔦に覆われている。内側から最初にその写真を撮ったのは、村岸
さんだった。遺品の写真に残っていたのだ。
前のスペースの2階の窓も大きくて美しかった。
蔦と銀杏の木が藻岩山を遠景にして、窓が額縁のように嵌っていた。
ここの窓の外はマンシヨンである。それでも、近景の蔦が窓を美しく縁取っている。
窓の横には後藤和子さんの青い作品がある。これは、青い空。
25年いた円山北町の建物に蔦が繁り出したのは、17年くらい経ってからである。
母親が亡くなった年だった。初雪が降り、銀杏の葉が黄色く、遠く山が見えた。
窓の縁の赤く色づいた蔦が逆光に浮かんでいた。この時撮った写真を喪中の葉
書に使った。普通の黒枠の決まりきった文面の喪中葉書が、厭だったからである
。この葉書を見て、茨城の妹が泣いてくれた。
今の所に引っ越してきて、窓と壁の蔦を見たときなにか不思議な気がした。
近くの路上に朽ちた白樺の樹がぼそりと立っていて、25年一緒にいた白樺と蔦
がそっと寄り添ってくれた気がした。円山川の源流の倒れた白樺を素材に、村岸
宏昭さんが白樺を吊って、あたかもかって白樺が立っていた時のように作品を展
示した時、私の見詰め、歩いてきたさっぽろが傍にいると感じた。
村岸さんはミスター白樺だったなあと、ふっと今思う。
蜻蛉だけではない。幻視の風景が満ちている。そこを場として、5月の共和国、8
月のラプソデイーと繋ぐ夏の年を象嵌する何かが、これからの私の志・事となる
だろう。

*gla_galのFresh Answer展ー9月7日(日)まで。am11時ーpm7時
*新明史子展ー9月16日(火)-28日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8北大斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2008-09-06 11:57 | Comments(0)
2008年 09月 05日

水溜りと蜻蛉ー夏の末(sak-kes)(12)

昨日は一日快晴。今朝はその所為か、水溜りがない。
すると道に蜻蛉が見えない。卸売り市場の辺りで、昨日は連結した蜻蛉が沢山
見られたのだ。あの辺は、暗渠化した界川・琴似川の流域だから、空気の川、風
に乗って水溜りができると飛んでくるのかも知れない。不可視の自然を察知する
蜻蛉の本能だろうか。昨日の夜、バタバタ音がした。一匹の蜻蛉がいた。
ベランダの網戸の隙間から入ったのだろうか。2回続けてペアーだったが、昨日
は一匹だった。今朝明るい戸口から、放してやった。
今年の夏は、よく蜻蛉が部屋を訪れる。今までにその記憶はない。
Iさんの紹介で一軒家を見に行く前の日。吉増剛造展最終日、大野慶人さん来演
の前の日。心も風も蜻蛉の形をして訪ねて来るのかしらね。そんな気もする。
すると、昨夜の一匹の蜻蛉は、何を伝えたくて訪ねて来たのだろう。
手を翳して、蜻蛉を抱き、そっと外へと放してやりながら考えていたのはその事だ。
アスファルトで舗装され、コンクリートで固められた一角に雨の水が溜る。
風の流れと水の匂いだけで、かってあった原風景が顕われる。
蜻蛉の目には、この都市の風景はバーチヤルな幻想でしかないのだろうか。
本能は、そこの原風景を指差している。漂白され、精製された風景の奥、風景の
玄米を蜻蛉は見ている。アスファルトに吸われ、すぐに乾く水溜りであっても、本
来はそこが豊かな水辺であると、感じているのだろうか。視覚だけでは誤魔化され
ない、もうひとつの現場がある事を、蜻蛉の命は知っているような気がするのだ。
そういえば、今の住いもまた、かっての界川の岸辺に建っている。
蜻蛉と見えない川、その風と水の流れの上のくたびれたマンシヨンの一室で、川を
塞ぎ風を塞ぎ、蜻蛉の生命を閉ざす都市の風景に加担して生きる俺がいる。
一匹のはぐれ蜻蛉とともに一夜過ごした、木枯らし先取りの晩夏の感想である。

*gla_galのFresh Answer展ー9月2日(火)-7日(日)am11時ーpm7時
*新明史子展ー9月16日(火)-28日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8北大斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2008-09-05 12:39 | Comments(0)
2008年 09月 04日

晩夏の静けさー夏の末(sak-kes)(11)

2匹連結した蜻蛉が飛んでいる。いつか部屋に紛れ込んだ2匹の蜻蛉がいた。
一晩一緒にいて、外が明るくなりヴェランダの戸を開けて別れた。
2日前にも同じ(?)蜻蛉が入って来た。この日もご一泊。
今朝見た蜻蛉はもう2匹ではない。前後に一体となって飛んでいた。
ほどよい水場をみつけて産卵するのだろう。夏の末、水につなぐ命がある。
昨日次回個展予定の新明史子さん来る。フライヤーを持参してきてくれた。
印刷訂正が間に合わなく、会期が一週間短く21日までの印刷のままだった。
本当は28日までである。手書きで訂正しよう。
彼女は3年に一度のペースで個展をしている。今年はちょうど3年目。しかし今年
は1歳半のお子さんを抱え、仕事もしているので厳しいという。その中での個展。
今しかない、今の自分。新しい命を見詰めながら、もうひとつの自分の命を顕す。
すごいじゃない、今この時しかできないことと励ます。優れて女性的である事とは
と話していて、ナウシカの話になる。愛読書だと言う。へ~え、やはりねと応える。
大人になってから読んだと言う。そうか、私も昨年村岸さんの追悼展で彼の愛読
書という事で展示し、アニメでなく本で初めて読んだのだ。あれは、子供の本の
ようで、実は大人の本だと話す。今上映中の「崖の上のポニョ」も見たと言う。
そういえば、個展終ってすぐアキタヒデキさんも見たとブログに書いていた。
来週少し時間出来たら見に行こうと思う。
子供を産み、育て、そのフイジカルな暴君の時間の中で、メタフイジカルな表現を
3年のペース通り発表する新明さんの誠実な姿勢が、頼もしく嬉しく感じた。
新明さんが帰った後、集中的に豪雨がきた。雷が近くで鳴り、空気が震える。
ピカッとドンが間をおかず続く。今朝はこの水溜りに、蜻蛉が懸命に命を繋いでい
るのだろうか。雨で洗われたのか、空が抜けるように深い。
glagalの可愛いガラスたちが、光を溜めて揺れている、静かなお昼まえ。

*gla_galのFresh Answer展ー9月2日(火)-7日(日)am11時ーpm7時
*新明史子展ー9月16日(火)-28日(日)
*梅田正則展ー10月1日((水)-7日(火)
*阿部守展ー10月9日(木)-19日(日)
*中岡りえ展ー10月23日(木)-29日(水)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8北大斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2008-09-04 13:46 | Comments(0)
2008年 09月 03日

訪問者たちの夏ー夏の末(sak-kes)(10)

洞爺・gla_glaスタッフ2人展の展示中、高橋由美さんが来る。
8月30日の東京・藤田純子さんと沙知さんのライブに立ち会ってすぐ31日大野
慶人さんと札幌に同行したと言う。9月1日慶人さんは、電話だけでなく、高橋さ
んの案内でここまで来たと言うのだ。外からこの場所を見て帰ったという。
あちゃあ~と思いつつ、その気持ちが嬉しかった。同じさっぽろに住みながら、一
度も来ない人もいれば、横浜から僅かな時間を割いても訪ねてくれる人もいる。
地理的な距離と心の距離は違う。その心の距離が指差すところを、場というので
はないのか。地理的な距離で場を考える安易な地域性は、本当の場ではない。
個人的な友情だけではない、もっと深い回路が存在する。
高橋由美さんには、以前からの約束もあり、「界川游行・鬼窪邸吉増剛造朗読と
同じ場所の戸谷成雄展」をヴィデオで見せる。その後本命の「石狩の鼻曲がり」
大野一雄石狩河口公演を見せる。もう20年近く前の円山と石狩河口来札の時間
は、今少しも古びていない。鮭に託された母と父と子の命のドラマを踊った後、青
春の憧れアルヘンチーナになりきった大野一雄の舞踏は、今見ても新鮮で初々し
くこれまで何度となく踊られたアルヘンチーナとはひと味もふた味も違うと思う。
この時同じ舞台で踊った大野慶人さんの、大野先生とはまた違った感動が我々の
今に続く友情の原点にあるのだ。川の岸辺でこの公演を見守っていた吉増さんの
心にも後年それが、名作「石狩シーツ」の誕生の発火点ともなる。
大規模だった今回の道立文学館の吉増展は、この一番大切な<場>の連続線が
希薄だった。総花的な展示の拡がりはあっても、本来の<場>が保つ太い線が細
いのである。それは企画する側が観念の有名性や中央性に属していたからである
。媒介としての<場>を喪失して、スコアラーやベンチワーク、キャッチャーに留ま
り、打者・投手不在のグラウンドにしていたからである。
昨日の吉増さんからの葉書、大野慶人さんの訪問、一見別々に見えるこの来訪
は、もうひとつの見えない地場が明らかに存した証しでもある。
見えないこの地場を訪問したのは、そうした人の濃い距離が創った時間であった
と思う。
Rahapsody in August。会えなくても会っていた。夏の末・・・。

*gla_galのFreshAnswer展ー9月2日(火)-7日(日)am11時ーpm7時
*新明史子展ー9月16日(火)-28日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8北大斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503 

by kakiten | 2008-09-03 12:27 | Comments(0)
2008年 09月 02日

森万喜子展終るー夏の末(sak-kes)(9)

休廊日の昨日、朝早く目が覚める。画廊に何故か出よう、と思っていた。
ただ昼過ぎ歯医者さんの予約があって出ても中途半端になる。治療終ってから
と思い、午前中家に居た。奥歯の根の治療で思ったより時間がかり、4時近くに
ギヤラリーに到着。留守録が2件入っていて、どちらも大野慶人さんからだった。
午前10時過ぎと、11時半くらいのもので、帰る前時間があるので電話したという
。朝の感覚は虫の知らせというものだ。会えず残念である。
郡司正勝先生が亡くなられた初七日に、一緒に宮の森の郡司宅を訪ねた時以来
会っていないのだ。これで、8月の終り、3人の優れた友人とすれ違いとなる。
及川恒平さんライブ、吉増剛造さんラストトーク、大野慶人さんの舞踏。
それぞれが、ここまでの積み重ねた時間の結晶があって、8月末札幌に集中した
のだ。rhapsody in augustである。
森万喜子さんの最終日、Nくん、Eさん、ちQさん、Sくんが来て搬出を手伝ってく
れる。なにも決めた訳ではない。最後にもう一度見たくて自然に集ったのだ。
帯広から10月個展予定の梅田正則さん、人形作家の伽井丹彌さんも来て旧交
を暖めた。前夜の吉増剛造最終トークと映像は刺激的だったと言う。この後大野
慶人さんの出る舞踏に行くと言った。
今朝小樽の消印で、吉増さんから葉書が届く。

   おいでとおもって、会場で呼びかけたりしていました・・・。次の日、・・石狩へ
   走りました、・・・ハチマンの側にはまだ廃バスや原景も残っていて・・・しかし
   なんと、「山本旅館」が草に揺れる更地になっていて、しばらく考え込んでしま
   って佇んで、・・・マラソンで戻レナクツテ小樽に一泊。・・・

独特の文字が横に、さらなる言葉を連ねて並んでいる。この文章のトーンにふっと
思い当たるものがあった。’89年の界川游行の後、帰りのフエリーの甲板から頂
いた葉書である。あの時も同じ調子だった。戸谷成雄さんの彫刻展示と吉増さん
の詩の朗唱の会場が重なり、美術の戸谷フアンと文学の吉増フアンが小競り合い
を起こし、本来の主題界川をそっちのけにして、吉増剛造の詩の朗読が二分され
た後、帰りの船からの葉書だった。その葉書の心に応えることが、私の吉増剛造
への本格的なアプローチの始まりだった。
今回3人の晴れの舞台とも言うべき場に最後出席できなかったが、私は私の現場
において少しも後悔はない。
同じく8月30日、封印した舞踏を解いた藤田純子さんと沙知さんの歌のライブが
東京であった。ふたりの故村岸宏昭さんへの想いが生んだ公演である。その便り
がビンビン届いてくる。応えである。その場にはいなくとも、何かが存在する。その
事実を今、心で感じている。

*gla_galのfresh answer展ー9月2日(火)-7日(日)
*新明史子展ー9月16日(火)-28日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8北大斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2008-09-02 12:23 | Comments(0)