人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 18日

心に沁みるー函となって溢れる(36)

東京目黒のMさんから便りある。心に沁みる。かって川俣正のテトラプロジェクト
を共にする。円山北町の一軒家を木材で梱包するプロジェクト。1ヶ月間熱い時
間だった。<今が頑張りどき>遠い時間、遠い距離、でもその言葉が心に沁みる
。ひとつの展覧会が全力で駆け抜けふっと空いた今の時間。疲れがいつの間に
か出た。溜まっていた。うずくまる心の姿勢に刺さってくる現実もある。それが重く
重なってくる。そんな時の言葉の暖かさ、冷え込んだ体に熱い珈琲ごくりなのだ。
魂は千里を走る。心も千里を走ってやって来る。かってを振り返っているのではな
い。今を見ている。今横で肩を叩く。<今が頑張りどき>。拙い記録を日々記す。
その呼吸が伝わっていく。だから過去ではない。今横に居る。貧富、時間、年齢、
場所、性別、勝ち負け色んな区別差別がある。過去現在もそうかもしれない。でも
変らぬものがある。今を見、感じる呼吸のような息遣い。そしてまた出会う時間。
やあ~!と手を振って。作品と同じような時間。人と人の間にあるささやかな短い
一瞬の。開き、溢れる時。そんな風に受け留める暖かい言葉の重さもある。自分
が小さく細く脆く消えたくなる時もある。私は少しもそれ相応ではない。俗で傲慢
でいつも逃げ腰だ。そしてその弱さを見詰めた時少しだけ強くなる。強くなろうと
する。それは自分との闘い。Mさんの一言が沁みいるのはそんな時だったと思う
。先日野上さんの本当の最後の日Aさんを送って伏見稲荷近くの自宅まで歩い
た。ぽくり、ぽくりとAさんの歩調に合わせ歩いた。水の道を辿り伏見稲荷の石段
を登る。雪で石段が消え斜面になっていた。登りの筋肉が鍛えられていない。息
が切れる。Aさんは日常山坂の道を歩き慣れている性かすいすい登る。真っ赤な
鳥居をくぐり神殿に入る。ゆらゆらと灯かりが点いて山の冷たい澄んだ霊気が支
配していた。水の道、川の道その精霊たちも寄り添って肩を叩いてくれたのかもし
れない。

by kakiten | 2007-01-18 15:31 | Comments(0)
2007年 01月 17日

掌(てのひら)のハイタッチー函となって溢れる(35)

野上さんが作品の搬出に来て南側の壁を取り外し空間は再び光が満ちてくる。村
岸さんの知り合いのHさんが友人のYさんを連れて来た。Yさんは網走で仕事をし
ているがお正月で札幌の実家に帰省中だった。知らなかった村岸さんの事が見え
てきた。さらに絵を書くAさんも来て最終の野上展をゆっくりと見ている。初日以来
なので完成した三点の作品を見るのは今日が初めてだ。やがてAさんも交えて話
は深まる。本当の最終日。一昨日の我々の大晦日を過ぎて正月2日という事。野
上さんがぼ~っとした仕事をやり終えた人間の顔をしている。初日とは顔が違うわ
とAさんが言う。ここを初めて訪れ色んな事を聞き場を見てYさんが寛ぎ話を聞い
ている。人を受け入れ人を包む包容力のある人だと思う。人は生きることの試行
錯誤のなかでいろんな人にも会う。その大事な一ページを彩る人に今会っている。
そんな気がした。連れて来てくれたHさんが満足そうにちょこんと座っている。”紹
介したかったのよ”そう言って笑う。野上展本当の最終日。ゆっくりといい語らいの
時が過ぎていく。追悼を主にした展覧会では無論なかった。しかしそれはどこか
心の奥にトラウマのように潜んでいた事も事実だった。それぞれの動機において
それは否定はできなかった。尾道で最後に会った野上さん。岡和田さん。さっぽ
ろで見送った酒井さんそして私。今回の野上展は作家本人の進境著しい作品世
界もあったが同時に個人としては避けて通れない故人への想いもあったのだ。最
後の個展会場という事もある。それが多くの人たちの心とつながり自然な形で作
品の自立と追悼が共存して場が作られていった。また人を想い人の為に祈ると
いう真の部分が作品に奥行きを与えていた。そう思う。三点の作品の囲饒地にそ
の安らぎの空間が醸成されていた。野上さんが昨年造った左右二対の手首の
彫刻の底に酒井さんが「往」と「還」の二文字を彫った。そのひとつを手に持ちな
がらAさんがこの掌の中に入るような何かを造って欲しいと野上さんに頼んでい
た。掌の中。それこそが三点の作品が包含した空間のエキスとなるだろう。自ら
が創りあげた自らの居場所。再生された自己の親和力に満ちたあるもの。それ
がどのような形となるかは分からないが今回の個展のエキスのリクエストがその
依頼にはあると思う。三点の作品が両手を合わせるように指し示した一点に祈り
と安らぎの素朴なジャコメッテイがいた。その垂直な祈り立つ空間に作家も見る
人も何を結晶化し何を形象化とするかはそれぞれの次なる生のステージに関る
事なのだ。藤谷康晴展と村岸宏昭展がふたりの<ハイタッチ、バトンタッチ>で
繋がったように野上裕之展は掌(てのひら)の注文のハイタッチで終ったのだ。

by kakiten | 2007-01-17 16:30 | Comments(0)
2007年 01月 16日

未来ということー函となって溢れる(34)

あなたには先の見通しがないとある人に言われた。経済を基本にした関係の人
である。若くもない、お金もない、仕事の未来性も感じられない。そういう事だった
と思う。どういう人が先の見通しを持ち未来性を持っているのか聞き損ねたがとに
かくそういう私への批判である。ギヤラリーという固定した何屋さんという物を持た
ない空間の業は美術的な物を陳列さえしておけば画廊として通るのだろうが内側
から作品や作家と四つに組んで発信していくここの場合は理解しづらいのかもし
れない。しかし将来性と呼ぶ未来とはなんなのだろうか。明るい未来を持った仕事
とは何なのだろうか。私は死者すら未来を設定してくれるのを今経験している。ま
して生者においてはなおさらにである。この半年余りの間に開かれた個展はみな
此処で発し次へと繋がっている。それが私の未来である。次なる野上裕之展を見
次なる藤谷康晴展を見、故村岸宏昭追悼展を見、次なる阿部守展を見ること。そ
れが他の作家も含めて私の前に広がる未来である。酒井博史さんが初めて立ち
唄ったように表現者は変貌するのだ。美術家もまた変貌する。そして此処に立つ
。再び。場は深まっていく。その深まりに未来がある。私はそう信じてここに生きる
。半年という短いといえば短い時間だが個々の作家の此処での濃い時間は決し
て短くはない。深いのだ。そう思う。そしてその深さが未来を創るのだ。

*冬の高臣大介ガラス展「冬のglaーgla」
 1月23日(火)-2月11日(日)AM11時ーPM7時(月曜休廊)

by kakiten | 2007-01-16 15:08 | Comments(2)
2007年 01月 15日

第一線という事ー函となって溢れる(33)

我々の大晦日が明けた。帯広から前回の展示者岡和田直人さんが駆けつけ、K
さんが作品撮影をした。そして村岸さんの集まりで差し入れのあった鍋の材料を
みんなでたいらげた。最終日は多くの人が午後から次々と訪れた。即自分のブロ
グに書いてくれた人もいた。<終わりとともに始る>。そういうタイトルだった。他
にも多くの方がメールやご自分のブログに何度も書いて頂いた。もう人の作品で
はなく自分の生の現場、その第一線での共感だったと思う。その人達のほとんど
が作家にとって今回初めて出会った人たちだった。その事がさっぽろを離れ今は
尾道に住所を移転した野上さんにとっては大きな驚きと喜びと同時にある失望を
味わっていたようにも見えるのだ。札幌にいた時の仲間友人たちとのある落差。
当然来てくれる筈の人が来ない。来ても通り一遍の来場。そこにクロスする作品
を通した出会いの火花が散らない。離れたさっぽろがいつの間にか遠くになって
いる。その口惜しさ辛さのようなものが私には傍にいて感じられたのだった。勿論
ここでの新たな出会いを喜び驚きながらそれでもやはりかっての友人仲間とのズ
レは淋しい事だったに違いない。第一線の現場が違ってきているのだ。それは仕
方のない事である。老若、性別、生死すらも関係なく作品とその世界は存在し続け
る。初めて彼の作品を見この空間とともに呼吸した時間はもう固有の第一線であ
る。そしてそれはそれぞれの生きる現場の第一線とクロスオーバーし存在する。
作品が自立した証左なのだ。群れた仲間が変わったのではない。作家が個として
抜け出たのだ。作品がその事を証明して存在しただけである。我々はそうした孤
独を噛み締めまた新たな世界に立ち向かう。それぞれの生の現場の第一線で
闘い友情と出会い、別れともまた出会う。親子、友人、恋人、仲間たちと様々な
関係性の中で、でだ。僅か一年弱の月日の内に起こった事がその関係性の構図
を根本から大きく変えようとしている。札幌を出た事、友人が死んだ事、尾道で作
家活動をしながら生の現場で闘っている事。そんな個々の一見バラバラな行為や
出来事が、総体として漠とした札幌的な育った環境の曖昧な慣れを抜け出て、今
自分を発見している。渾身の作品の創った世界が今そう語っている。もう第一線が
違うのだ。それは同郷や同窓や同世代という<同>から遠く、ある意味孤独なもっ
と開かれた<同時代>の山稜に今立っている事である。そこでは無名の未知の
声が木霊のように作品の声に応えて戻ってくるだろう。そういう時間だったね、野
上さん。あなたの個展の時間は。

by kakiten | 2007-01-15 16:47 | Comments(0)
2007年 01月 14日

野上裕之展最終日ー函となって溢れる(32)

野上裕之展最終日南側窓の部分に壁を作り入り口以外真っ白な壁に囲まれる。
撮影の為である。窓際の棚に置いてあった資料類等は奥のカフエスペースに
移す。作品三点だけのシンプルな空間にくっきりと作品世界が見えてくる。開く、
佇む、座る、その三点の囲饒地に憩いの安らぐ世界が顕われてくる。祈りの場か
もしれない。緊張感があり、快い空間なのだ。ひとりの作家がここで間違いなくあ
る進展を見せている。内から外へ軸が転心している。昨年暮れから彫り、刻み、
時には泊まり、語り、世界を創ってきた。それが今ひとつの完結をみた。今夜は
本当の打ち上げとなるだろう。野上さんご苦労様、そしてよくやった。ありがとう。
次回は高臣大介ガラス展冬の陣が次週から始る。大晦日から元旦と続いてきた
時間今夜が本当の我々の年越しとなる。M君が来ている。M君をよく知るNさんが
隠れたM君を教えてくれた。これで霧のように霞んでいたM君が姿を顕した。鍋を
囲み我々の年越しが今夜は続くのだ。

by kakiten | 2007-01-14 16:12 | Comments(0)
2007年 01月 13日

追悼集の集まりー函となって溢れる(31)

故村岸宏昭さんの追悼集出刊の為の集まりがあった。お母様の村岸令子さんを
はじめ大学の恩師の北村清彦先生、音楽上の恩師南聡先生外11名ほどが集ま
った。今年の一周忌を目途に方向性が語り合われた。故人は多彩なジャンルで
活動していたのでジャンル毎に担当を決め足跡を収集し持ち寄り整理し編集して
いかなければならない。お母様の村岸さんをトップに定期的に会合を重ねていく
事が申し合わされた。ひとつの方向性とそのスタートが切られたのである。話を
重ねながら22歳の若さで急死した村岸宏昭さんがいかに人に愛され惜しまれて
いたかが随所に感じられた。そしてその事は彼の周りにいかに敵がいなかったか
という美徳と同時に若さゆえの不徳も感じたのである。死者に対し生者はさまざま
な結晶作用をもつ。そこで本人の実体は時に美化され生きている人間の過剰な
想いが投入される。<二十一歳が人生のいちばん美しい時などと決して誰にも言
わせはしない>(ポールニザン)という村岸宏昭である為の追悼集を創る作業はま
だこれから幾つもの困難を超えていかねばならないだろうと思う。話し合いの過程
で11人が11人様の思いのある事が顕われさらに此処に集まっていない多くの人
達やその中にある別の追悼の動きなども伝えられた。それが極端な話グループの
対立のようにすら言う人もいた。故人に敵がいないという事は生きている人間の思
惑が優先する事でもある。それは故人が試行錯誤しながら生きていた若さの証で
もあり仕事の上では今だ未完であった事の証左でもある。ミヒヤイルエンデの「モ
モ」の主人公のようにある志の為には闘わなければならない。敵は必然として顕
われるのである。その過程での突然の事故死なのだ。哀惜の気持ちは深い。しか
しその未完ゆえの曖昧さは時として生き残った者の勝手な思い入れも生むのだ。
本人の苦悩や喜び志と離れた処でそれは増幅されがちになる。それは若すぎた
死の不徳である。村岸宏昭さんが最後まで志した事の本当の姿は多分最後とな
った個展に集約されていて、その遺志をどこまで拾えるかが追悼集の鍵となるだ
ろう。あれもした、これもしたという欠片の集積はプラモデルの仮構性でしかない。
まして人の人生上のディテールはプラモデルの欠片の比ではない。彼の志の骨
格を同時代のものとして私たちは追悼集という形で再構築していかなければなら
ないのだ。その仕事は今を生きる私たちに優れて負荷された仕事であるだろう。
それは全力で生き抜いた死者から生者への心からのエールでもある。

*野上裕之展「NU」-14日(日)まで。

by kakiten | 2007-01-13 12:29 | Comments(0)
2007年 01月 11日

深い椅子・浅い椅子ー函となって溢れる(30)

一昨年10月の野上裕之展の写真が出てきた。幼少時から使っていた木の頑丈
な椅子を阿修羅のようにハンマーと鑿を振るい彫刻した後の生々しい写真である
。朝の光に鑿痕と飛び散った木片が散乱している。彼はこの時自らのトラウマを
彫刻するという行為に賭けて、自らの家族自らの生い立ち自らの現在すべてをそ
の椅子に彫り刻んだのだ。そして、そのかろうじて原形を保っている椅子の上に
小さな真鍮の椅子が置かれていた。それは自らが創った椅子、自らが生んだ椅
子の卵のようだった。今回制作された静謐で垂直な線木の椅子の誕生を予告す
るようにひっそりとそれは在って、一昨年の荒ぶる椅子と今回の静謐な和ぎの椅
子とを繋ぐように存在するのである。深く存在する椅子。どちらもがそこにひとりの
人間の座るという何気ない日常行為の内に潜む苦悩や安らぎを刻印して存在し
ている。ひとりの人間の固有の記憶(moment)がここでは固有のひとりの人生
の碑(monument)たり得ているのだ。彫刻をするという、唯一自分が獲得した表
現の武器をもって自分が自分たり得る為の孤独で意志的な行為の結果がそこに
は在る。消えていく移ろいやすい心の時間、それを留める人の精神行為それが芸
術の優れて基本的な存在理由だろうと思う。昨日メールが入って旧A小学校に入
居しているアート集団の人たちが旧A小学校の建物から退去の通知を受けここで
相談の集まりをしたいという連絡があった。この日は故村岸宏昭さんの追悼集出
刊の初めての集まりの日でもありできれば一緒にしたいという内容だった。野上さ
んの個展を見ていない人達も多く、村岸さんの最後の個展も来なかった人も含ま
れ、何かあれもこれも一緒くたにする神経が透けて見え嫌だった。野上さん酒井さ
んもその話を聞いてむっとした顔をしていた。野上裕之展を見る。村岸宏昭の追悼
を考える。旧A小学校の今後を考える。其々がひとつづつきっちりと大事な掛け替
えのない問題である。場を生きる、椅子に座る。その行為に繋がる椅子の存在は
野上さんの椅子の深さに比して比べようもなく浅い。

by kakiten | 2007-01-11 13:45 | Comments(0)
2007年 01月 10日

四人の哲人ー函となって溢れる(29)

札幌大学の三上勝生さんと元教え子の平岡拓夫さんが来る。三上さんとは二度
目の出会いだ。彼のブログを教えてくれた人がいてその中で吉増剛造さんの詩
「石狩シーツ」に触れた文を読んだ。詩の中の<北石狩衛生センター>を対岸の
観光名所石狩灯台と比較しこの最終ゴミ処理場の建物を現代の灯台とする卓見
を披瀝していて感心したのだ。その後吉増さんと工藤正廣さんとの対談の後三上
さんと初めて会った。その際ブログに書かれた事の感想を述べそれがきっかけで
今日の訪問となった。一緒に来た平岡さんは現在東京でIT産業に身を置き会社を
経営している三十歳の事業家である。野上さんの作品を見ながら四人で話はどん
どん本質的な深いところへと進んだ。コンピユーターとネットの世界を生きている
現役の事業家と手で木を彫り石を彫る彫刻家、哲学を経営学に織りこみ大学で教
えるという三者三様の立場であるにもかかわらず話は人間の身体性の回復と言う
点でそれぞれがそれぞれの核心を問題提起する形で話は重ねられた。私には平
岡さんの生活の現場から想起されるようにぽつりぽつりと語り、さらに時として鋭く
問い掛ける言葉が印象的だった。ギヤラリーで四時間ほど場所を変えてさらに深
夜まで話は尽きなかった。身体そのものを駆使して作品を創る彫刻家とITを駆使
して事業を行っている事業家と大学で哲学を専攻し今は経営学を教えコンピユー
ターに現代の哲学を見ている教授とそれぞれがいかに現代のおける身体性を獲
得するかを熱く語ったのだ。機械文明による人間の手足の機能の増幅は利便性
を著しく高めたがその結果喪失してきた五体五感という本来の身体性をどう捉え
るか、どう回復していくかという事が煎じ詰めれば主題だった。こう書いてしまえば
それなりの事だがそのプロセスは個々の生活上の事も関るので具体的で濃く今
は整理して語る事ができない。只それぞれが個の現場で感受しているリアリテイ
はその根っ子の処でクロスオーバーしながら共通の関心を保って話は尽きないの
だった。最後に平岡さんが尾道の野上さんの仕事場を訪ねることを約束して四人
の哲人の濃い夜は終わった。

*野上裕之展[NU」ー14日(日)まで。
 AM11時-PM7時於テンポラリースペース
 北区北16条西5丁目1-8

by kakiten | 2007-01-10 14:07 | Comments(0)
2007年 01月 09日

ハンブルグからの訪問ー函となって溢れる(28)

昨夜美術家の堀田真作さんと共にドイツ・ハンブルグのギヤラリスト佐藤幹子さ
んが来た。健康そうな明るい女性だった。彼女は3月に自分のギヤラリーで堀田
真作展を企画している。そしてそのカタログに私が堀田さんの事を書くように依頼
してきたのだ。初対面ながらブログやアーテイストビザで滞在中の谷口顕一郎さ
んとの交友もあり以前から知っていた人に会うように話は弾んだ。展示中の野上
さんの作品も見てもらい、野上さんも交えて小1時間程ギヤラリーで話しその後
近くの焼き鳥屋に向かう。明朝7時に発つ強行スケジュールにも拘わらず店の閉
店時間まで話し込んだ。ひとりでドイツに行き苦労した話、文化習慣の違和、そし
て自分自身の中の日本の再発見。よく聞く話ではあるが本人自身の事として聞く
と目の前にいるひとりの女性の生き様が個別な新鮮さをもって感じられるのだ。
堀田さんの作品の事、谷口さんのドイツでの仕事の事、ドイツで今の仕事につく
きっかけになったCAIの端聡さんの事と話は尽きなかった。時間は足りなかった
。異郷の地で現代美術の日本の作家を紹介しつづけ生き抜く苦労は並大抵の事
ではない。その生活を賭けた核心の部分はさっぽろであくせくしている私の比では
ない。ただ佐藤さんが異国の地で私のブログを読み何度涙したことかと言ってくれ
た時なにかが共通の志の波浪のように心の飛沫を上げているのを感じていた。そ
れは実践し生きている現場の呼気吸気のうちでしか感じ取れないものだ。直接会
ってそれぞれの環境の相違、生きてきた時間の相違、多くの相違があるにも拘わ
らず作家と作品という魂の結晶を受けて投げ返す仕事の共通の土俵は変わらな
いものだ。私は逆に佐藤さんからそうしたエールをさっぽろで受けた気がする。私
が約束した堀田真作小論は従ってその基底の部分では佐藤さんへのお返しのエ
ールともなるだろう。そう思っている。
ドイツの気候は暗く陽射しが少ないと彼女は言っていた。真っ白で真っ青な時なん
てないのよ-昨夜からの雪で今朝は佐藤さんの望んでいた日となる。真っ白で真
っ青な雪と空が広がった。久し振りの北海道から自然のエールですね、佐藤さん。

by kakiten | 2007-01-09 12:21 | Comments(0)
2007年 01月 08日

風強く湿雪ー函となって溢れる(27)

低気圧で強風。濡れ雪。今夜ドイツのキューレーターSさんが来るので午後から
出勤する。ギヤラリー前の雪を跳ねる。水気を含んで重い。風も強い。体も重い
。肩が張っている。疲れもある。中村達哉さんからメールが届いていた。”ブログ
時々見ております。僕の踊りを螺旋的と言ってくれたことが嬉しかった・・。”と書
いてあった。昨年暮れの吉増剛造さんの時の彼の舞踏の印象を私が書いた文
の事だ。再びさっぽろを訪れる日の期待と決意が末尾に記されていた。吉増さん
の工藤正廣対談の後、二次会で彼と話した事を思い出す。風景の玄米。精白さ
れた都市の奥に潜む殻と皮と実のある原風景への想いを語ったのだ。そういうイ
シカリのサッポロでいつかまた会える日まで場を構築していかなければならない
と思う。ドイツのハンブルグで現代美術のギヤラリーを運営しているSさんは帯広
の出身と聞いた。遠く異郷の地で日本を見詰め日本のなかの北を見詰め十勝の
国を見詰めているSさんは今日どんな話をしてくれるのだろうか。遠く離れる事で
分かる事もある。そんなインターローカルな視点をSさんとの初めての出会いで確
かめれそうな気がする。私のブログをドイツでSさんが読んでくれた事が今度の出
会いのきっかけになっているのだから。以前届いたSさんのメールの熱い冬の記
憶を語った文章は真っ直ぐなSさんの原風景ー風景の玄米を感受させてくれた。
遠い異郷にいるからこそある時経験の奥に潜む原風景の殻、皮、実を深く咀嚼す
る事もある。距離だけの問題ではなくさっぽろにいてもそのようにさっぽろを咀嚼す
る事もある。そして人と人が経験のコアで出会う時がある。そうした生きている時間
の風景の奥に函のように人が保つている場。個々の体験の深部を繋ぐ見えない川
が人間にも流れていると中村さんとSさんの事をそんな風に感じていた。

by kakiten | 2007-01-08 14:37 | Comments(0)