人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 18日

てん刻のライブー斜め通り界隈(3)

今日1日酒井博史さんの石に落款を彫り続けるてん刻ライブが始った。3代目
のハンコ屋さんとして東屯田通りにお店を持って頑張っているが今回は実際に
注文された字を目の前で彫りその捺印した試作を壁に展示しながらのパフオー
マンスと捺印のインスタレーシヨンとなる。彼はすでに自分のブログに次のよう
に書いている。
<ここでハツキリのちのちまで残る形で宣言しておく。時代ノ最後尾ヲ独り逆走
スル宣言。今の店舗は近い将来移転します。場所は北区です。今までも「さら
ばあけぼの」といつてきたがここに推し止まっていたら絶対に根底からの決別
は出来ない。だから移転します。生まれた街は名残がないとはいわないが、今、
この街を捨てます。(中略)それから、自分の「作品」を前面に出します。今まで
自分のつくったものは「製品」としか考えていなかった。でも、これは「製品」であ
ると同時にオレの「作品」です。「作品」をつくり、展示します。そして販売します。
無謀と思われるかもしれないが、ここまできたら、捨て身で反攻するだけ。全精
力をここに突っ込みます。活字と印鑑と次の場所に、全部擲ちます。倒れるなら
そこで倒れます。以上時代ノ最後尾ヲ独り逆走スル宣言、終わり。>
今回のてん刻ライブはいわばこの宣言の実践という事になる。5月の高臣大介
展以来ケンちゃんの名刺に凹みを入れる古い機械を駆使してみせてみんなに
新鮮な感動を与えたり、お祖父さんの時代からの刻印の道具を持ってきて手で
ノミを使い石に判を彫り活字による印刷を披露してきた事が職人としての自信と
誇りにもなつてきたのだろうと思う。コンピユーター全盛の時代に手仕事としての
職を大事にしその事を理解する人たちが物を創る若いアーテイストを中心にいる
事もまた彼の自信回復に寄与しているのかもしれない。思えばこの街はいつの
まにか<農>ナシ<商>ナシ<職>ナシの街になってきた。農業の人は農を
捨て土地を貸すだけのマンシヨン屋になり商の人は自分の商売よりブランド物を
扱う転売屋になったり国内外のテナントの貸しビルの家主となり職人の手は
コンピユーターに取って換わられ機械を操作するだけの技術屋になっている。
固有の道具、固有の店、固有の農作物はかって当り前のようにその土地の顔
としてあったと思うがそれは個人の家にさえもそこ固有の味としてあったと思うが
今は外食が家庭の味、手作りの味を売り物にし本来の内食はチーンと電子レン
ジやインスタント、レトルト食品に取って代られている。酒井博史さんが本来の
<職>の人として宣言し立ち上がる事は当り前のことだがある種革命的なこと
であると思うのだ。<逆走スル宣言>は実は時代の風潮に対する正当な生き方
の宣言でもあるだろう。人間の個の部分を離れ逆走しているのは実は時代の方
なのだ。二三日前酒井さんと同じ年齢の吉成秀夫さんが来た。
彼も今勤めている古本屋さんを辞め独立すると言う。もしふたりが将来並んで
お店を開いたらここの界隈はまた新しいしかし正当な<職>と<商>が芽生え
てくるような気がする。さっぽろという掛け替えのない自分たちが生きていく場所
が内側からカルチベートし開かれていく事、私が歩き探した<志>の事もそこ
にあったから。

by kakiten | 2006-06-18 13:13 | Comments(0)
2006年 06月 17日

振り返ると一ヶ月ー斜め通り界隈(2)

高臣大介展が始って静かにこの場もスタートした。百本の吊りガラスをひとつに
束ねるように吊った<今、房々と北のガラス>という東京展のキヤッチコピーが
生きた作品は大介さんの想いが結集している様で嬉しかった。ひとつひとつは
バラバラの形だが百本を束にしてひとつになるとそれはまた別のオブジエのよう
になる。束にするという行為がそのことを可能にする。そして百本が次々と足され
て形を作っていくのを見ながらそれ自体がインスタレーシヨンで日常の物が非日
常に変っていくのが面白かった。そしてその行為自体に大介さんのここの場所
への深い気持ちを感じていた。以前と比べあるいは狭く、不十分な所を多分多く
感じながらも彼のその百本の束ねる行為に私はきっと感謝し、見ていたのだった
。会期中この百本の透明なガラスは朝、昼、夕の光を浴びて会場の中央でいつも
キラキラと輝いていた。ガラス工芸家として今は決して美術の抽象を望まない彼が
束ね重ねるという行為によってある抽象を造った。用の作品が非用の作品へと変
貌した。その転換点に我々の友情も想いも篭もっていたと今は思う。ちようどこの
空間がひとりひとりの釘打やペンキ塗りのひと刷けで出来てきたように。会期中
最初の展覧会が高臣大介展でスタートした事に間違いはなかったという確かな
ものを私は私なりに実感していたのだった。遅ればせながら大ちゃんありがとう。

振り返ると5月16日長野県での個展を控え超多忙な彼がとりあえず先に展示だけ
を済ませその日をこの場所の仮オープンの日としてこれまで手伝ってくれたみんな
と慰労とお披露目を兼ねて集まった日はまだ棟梁中川さんは床下の排水管の設
置に汗を流していた。縁の下の狭い空間に小柄な熊谷透さんが潜り込み最初設定
したが不備ですぐ外れ替わりに賀村順治さんが潜り込み完璧に排水管を取り付け
た。背広を脱ぎきっちりと仕事をした賀村さんは泥だらけだったが格好よかったなあ。
もういろんな人が集まりだして宴会の準備はどんどん進んでいたが狭い穴に潜り
仕事はまだ続いていた。東京から及川恒平さんもみえて周囲は華やかになってい
た。ドイツから一時帰国の谷口顕一郎さんことケンちやんもいてたくさんの料理や
飲み物が集まってきていた。東区の熊谷直樹さんが届けてくれたさっぽろの地ビ
ールはさっぽろの川の地図が印刷されていてそのビールで乾杯となった。そのうち
及川さんが唄いだし、酒井博史さんが吹き抜けの上で唄いだした。ライブを終えた
クラシックギターの村岸宏昭さんが待ちかねたようにギターを弾きだした。次々と
役者が変り音が唄が絶えなかった。仕事をし、終えたら飲み唄う、いつものパター
ンはこの日も変らなかった。いつもと違うのは料理の量とお酒の種類の多さそして
人の数の多さだったが基本的には同じだった。特別に構えているところはなにもな
かった。だからみんな自然と唄い飲み、聞き話していた。深夜12時近く大介さんと
ヒロシさんのデユエットは傑作で遅くにきた久野志乃さんとう薄木りなさんが黄色い
声をあげて喜んでいた。あの夜自体が<今、房々と>としたガラスのように光って
いたと思う。1週間後本当の高臣大介展の初日は明朝ドイツへ帰るケンちやんの
ハイローズの「月光陽光」の歌声が一年ぶりに会場のなかに響いていた。

by kakiten | 2006-06-17 12:29 | Comments(0)
2006年 06月 16日

やつと書けたー斜め通り界隈

北海道<帝国>大学に近い性だろうか、もう帝国などないはずなのにこの界隈
に別の帝国が存在していた。それも4次元の見えない光の帝国が支配していた。
ADSLは光へと回線を変えない限り接続はしないのだった。ヤフーだろうとなん
だろうと入れないのだ。この旧帝国大学ゾーンには光ケーブル化が完了してい
て<切り替えが不可能>と分るまで一ヶ月メールもブログも閉じたままだった。
さすが旧電電公社は民間となっても巨大な組織で北大のあるこのゾーンには
他の回線を受け付けないバリヤをめぐらしていたことも知らずえらい遠回りを
してしまった。沢山の書きたかったこと、伝えたかったことまた折に触れ発信し
ます。今日1日回線工事に立会い久し振りにパソコンと向き合い言葉少なし
です。メールアドレスもmarbleと変った。他は同じです。

by kakiten | 2006-06-16 18:14 | Comments(2)