人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 28日

風のように友が来たーふかぶかとさっぽろ漂流(6)

一日出歩いて外から帰って夕刻電話が鳴った。東京沼田康弘さんからだ。
今札幌です。近くです。外に出ると目印のタワーマンシヨン向かいに真っ赤
なヤッケを着た沼田さんがいた。仮事務所まで案内し一応中を見てもらう。
<いや~なんか学生時代の下宿の部屋みたいだなあ、>と第一声。いや
はや、ここは早々にして円山公園口の喫茶店へとりあえず向かう。歩きなが
らも話は止まらない。その後西28丁目の居酒屋楽屋へ行く。店主の松崎軍夏
(いさか)さんと同じ1957年生まれと分かりそちらも話が弾んでいた。
沼田康弘さんは現在役者としてまた脚本家として昨年は九州天草、東北青森
ドイツベルギーと活躍しているが、最初に会った時は「風の旅団」のテント公演
で札幌に来て夕張出身と分かりそこから話が合い友人となった。私が夕張の
廃墟から持ってきた書類を見て<親父の会社だあ!>といって触ってくれた人
である。今回は弟さんの病状悪化で夕張に帰っていたがとりあえず病状は危機
を脱したという事だった。天草の博物館で夕張のアンモナイトが沢山展示されて
いた話、夕張の錦沢でそのかって汽車がスウイッチバックした場所で母と弟
が立っている夢を見てそこを舞台に公演したいという話、また東京である公演を
企画して及川恒平さんと2時間近く話し恒平さんが出演を断念した話は世間の
狭さに吃驚した。沼田さんもなんで及川さんと私が繋がるのか知らず驚いていた。
これも人の伏流水の泉だなあ。沼田さんと会うといつもお互いの今をわんわんと
語りあいほとんど収拾がつかない。でも不思議と根っこの部分は一致しているの
だった。及川さんもそのいい例だったが、昨日は最後に楽屋で沼田さんが持って
いたCDを聞かせたいといって聴いた曲もそうだった。グレングールドのバッハ「平
均率グラビアー集」で、グールドのこの曲は私の座右の曲のひとつだったから。
時にジョンルイスの晩年のソロもバッハの「平均律」でどちらの演奏もあの店で
よく聞いていた。グールドは私が演奏者を選んで聞いた最初のバッハだったし
ジャズ出身で黒人のジョンルイスもピアノでバッハを弾き続けたグールドもともに
黒人がクラシックそれもバッハをとかチエンバロでなくピアノはバッハの時代にない
とか当時の常識をオーバーフエンスして自分のバッハを追究した演奏家であった。
なぜこの曲が沼田さんから昨夜顕われ、私に聞かせたいと思ったのか、なにも
決めた事ではなかった。他の居酒屋では出来なかっただろうし沼田さんがCD
ファイルから最後にグールドのこの曲を選んだのもただ彼の気持ちだったろうと
思う。楽屋を出てまた歩きながら話し続けじゃあと別れた。飲み代は引越し祝い
だった。収入ゼロの漂流者にはあり難かった。さっぽろ流れもの~の今の自分に
は。

by kakiten | 2006-02-28 12:39 | Comments(0)


<< 鉄橋のように生きるーふかぶかと...      東奔そして南友ーふかぶかとさっ... >>