人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 18日

しゅつたつは告げられてある(13)

北十五条から北大斜め通りを歩く。エルムトンネルの道を越えさらに進む。
左西側に住宅が続く。その後ろに北大第二農場の空間がちらちら見える。
その向こうに西の山並みが遠望される。昨日河田雅文さんに聞いた「トーン
」というカフエに入る。普通の民家を改造した造りで、同じく昨夜河田さん
に連れて行ってもらった「アジト」と同じコンセプトのカフエだ。2階の窓から
スパーっと景観が広がる。ビルの街から少し離れてこういう店がところどころ
あるんだなあ。この斜め道はやはり直線の市街地から少しずれている。そこに
ふっと古い等身大の家屋があり、ギシギシいう階段や床板の音が響く。
アジトという店は庭の木が防風林のように、生垣のように時間を留めていた。
オーガニックな食事とその木たちが空気を綺麗にしていた。トーンは北大第二
農場の借景が活きていた。この隠れ家のような存在は息抜きにはなるけれど
もうひとつコアがない。市街地の直線に疲れた神経を休める効果だけではそれ
自体で閉じてしまう。こういう店がポツンポツンと離れ小島のようにあつてオアシ
スの役割をしているのかもしれないが・・。市街地に対峙する<その入口>は
見えない。もう一度原点に戻って地質図をみて歩こうと思う。皮膚のように覆わ
れたスムースな街の下に広がる血肉のさっぽろを見透かして歩く。それが私の
円山北町で得た経験だ。私のさっぽろ体験であるから。明日以降は東北部
を攻める。今日は酒井さんが小1時間ほど付き合ってくれた。車のCDはいつも
大体懐メロでいつかは「東京ラプソデイー」や「トンコ節」等で私も幼少年に戻る
なあ。後はマージヤンした話でこれも学生時代に戻る。なにか毎日ほっつき歩い
て時間が朔行していく。ホントいいコンビの29歳だ。文句ではないのよ酒井さん
!感謝です。ともに生きる場所探しー夢よ叫べです。

by kakiten | 2006-02-18 16:24 | Comments(5)
Commented by sichihuku at 2006-02-19 10:18
中森さんが父に個展をしませんか、なんて言ったもんだから
お父さん、やる気ですよ。
「やりたい放題やってやるぞ、中さん早く良いところを見つけろ!」だって。
いやいや、じっくり良い場所を見つけてください。
Commented by kakite at 2006-02-19 14:43 x
>sichihukuさんand くぎぶくろさんーいいですねえ。あなたのブログが
きっかけで大介さん、お父上と私もいれ、また気功の熊谷さんも入ればすごい連鎖です。昨日熊谷さんと話し新しいスペースができたら気功の
会週一回は開こうと決めました。私がさっぽろを歩いて<その入口>を
探しているのはさっっぽろという身体の気功とも言えるのです。ですから
あなたも含めてみんなそれぞれの表現を身体を解放する気功のように
その場で表現して欲しいと思っています。くぎぶくろさんももうそのひとり
です。
Commented by 何かしら at 2006-02-21 11:02 x
近頃のブログを読んでいると、老骨に鞭打って動いているのでは?と思わせる程のパワーですね。でも、もう老人の知恵などは/聞きたくもない、むしろ老人の愚行が聞きたいという誰かの一節を読みながら、素直に自分を発しているブログの方がチャンネルが合うのかなと思いました。
Commented by kiakiten at 2006-02-21 12:09 x
>何かしらandいいのではandsoubiさまー唯一毒をもったコメントいつも
名を変え手を変え頂き恐縮です。私は自分を<老骨>と思った事はありません。従って知恵も愚行も持ち合わせていません。自分なりに信じた事をしていまの苦境と闘って記録しているだけです。その過程で過去の
記憶、行動、考えが蘇えり今とクロスして語ることはあっても、知恵として
人に教訓的に発する気持ちはありません。ニユーとオールドで人を冷やかしてこのブログに書き込み読まれているなら今後そういう接し方は控えて頂きたく思います。個人メールでどうぞ。
Commented by 何かしら at 2006-02-21 16:02 x
ブログに置けるマナー違反の様ですね。
申し訳ありませんでした。もう、このブログを開ける事はないと思います。
お元気に次なる場所を探索して下さい。


<< しゅつたつは告げられてある(14)      しゅつたつは告げられてある(12) >>