人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 09日

翳白く人影濃く・・・‐冬の輪舞曲(13)

夏の終わりか冬の始まりか微妙な季節。青空が広がっている。樹も紅葉と黄葉
が入り混じって地に落葉も増えてきた。翳が濃い。夕暮れは速度を増し翳に白い
残光が潜む。白秋の意。空気は透明感に満ち光も鮮明になる。昨日は疲れを感
じたので夜、自転車には乗らず地下鉄で帰った。まだ体調回復八分というところ
か。帰途秋田こまち新米が安く売っていたので担いで帰る。結構重かった。谷口
さんは凹みのトレースしたフイルムのカッテイングを予定通り昨日終了してそれ
をプラステイック板へと転写する作業に今日からかかっている。明日は今回の帰
国の理由のお祖父さんの7回忌の法要で留守だ。来週週末あたりに作品が完成
してくるだろう。今回の彼の個展はここでの制作も兼ねた工房ライブ的なものとな
る。さっぽろの澄んだ季節に身体が伸び伸びと深呼吸して制作を楽しんでいる。
いい帰国である。昨日来たちQさんが今日の彼のミキシーに大好きな人だと書い
ている。初対面だが彼の心をケンちゃんの作品と人柄が魅了したようだ。また東
京でコンピユーター関係の会社を経営している平岡拓夫さんが札幌出張中の合
間をみて来てくれる。今年1月札幌大学の三上勝生さんと初めて会って以来だが
気持ちが合って今回も入院を心配してくれこうして忙しい中訪ねて来てくれた。ケ
ンちゃんとは初対面だが作品には興味が湧いたらしく種々鋭い質問をしていた。
分野も目的も正反対の生活にあるふたりだがそれ故興味が増すのかも知れない
。来年1月の岡本太郎美術館の展示には必ず見に行くと語ってあたふたと帰りの
飛行場へと向かった。お土産に頂いた東京バナナを後で食べながらこれからもい
い出会いになるなあとその後のふたりのこれから何度か重なるであろう深まりを
想像している。今日は美唄にいるケンちゃんのご親戚のピアニスト平野万里子さ
んが訪ねて来る。優れた感性の持ち主で以前前のスペースでお会いして以来だ
がここでもすっと話ができた。来週17日土曜日夜予定の酒井博史さんのライブ
にも来てくれると言う。なにか嬉しかった。

*谷口顕一郎展「ペインテイングによる」-11月3日(火)-18日(日)
 am11時ーpm7時:11月17日(土)午後7時~酒井博史ライブ入場料1000円
*いずみなおこ展「森の記憶」-11月20日(火)-25日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8北大斜め通り入り口
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2007-11-09 14:34 | Comments(0)


<< 美術は<美>術ではないー冬の輪...      ベルリンの凹みー冬の輪舞曲(12) >>