人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 06日

晴天続くー冬の輪舞曲(11)

昨日夕方来た磯崎道佳さんの倶知安生活の話が面白かった。東京から結婚で
倶知安に引っ越してきて後志の山川を新鮮な眼で歩き回り昆虫学者や博物学
者と知り合い自然界の眼線に目覚めていった体験がそのまま文化論となって
活き活きと語られていたからだ。カヌーならぬカヤックに乗り川面の視線を獲得
した時の話、後志の山野に残る自然の原風景に触れ、友人となった昆虫学者や
博物学者から様々な知識を体験後に教示され動植物を風景と共に発見していく
話は聞いていてすっかりこちらも引き込まれたのだった。かって岩内場所といっ
て海上交通の要路だった後志地方の豊かな環境が彷彿として甦るような気がし
た。その豊かな山野に原発の為の水力発電所がヘリコプターを使ってダム建設
が為されているという現実は地元に住む人間でなければ分からない事実である。
石狩地方に隣接した後志地方の知られざる自然の豊かさとその逆の都市部へ
の泊原発を主とする開発の傷跡は札幌に安穏としてぬくぬくと暮す都市生活者
の視座をカヤックの眼線と同じくらいにその転換を迫るものだった。原自然と現
代の接点でせめぎあう境目の視点を東京生れで東京育ちの磯崎さんが美術家
として今体験しつつある事はある意味ですごい事であると思う。絶滅種に指定さ
れている日本ザリガニの宝庫のような自然の河川の話と同時に現代の最先端
の技術の塊である原発の環境があるのだ。その両方の環境を同時に語る事が
生活としてある事がすごいと私は思う。だから札幌にはあまり出たくないんです
よと磯崎さんが言った。そりゃそうだと頷きながらでもさっぽろでしかできない事
もここにはあるんです、と私は答えた。写真家の安斎重男さんの紹介でテンポ
ラリースペースで初の個展をしてからもう10年以上経つ。その後気鋭の新進作
家として着実に実績を重ねてきた彼が今生活の拠点を後志に置き、日々の生
活環境の中から多くのコンテンポラリーなテーマを掴み取っている事に深い共
感を感じたのだった。そして今朝映像作家の石田尚志さんからメールが届いた
。今イギリスのノーリッジという田舎町に来ているという。そこは今実験的な映像
作家が世界中から集まり映画祭が開かれているという。明日は彼の上映個展で
奥さんの由維子さんも画廊で個展(上映個展)中と書いてあった。漱石がロンドン
に滞在した1900年、昭和天皇が英国留学した1920年と僅か百年ちよっとしか
経っていない日本の近代化の原点ともいうべき国に来て谷口さんのドイツととも
にある感慨に打たれているという文章だった。イギリスードイツー倶知安とそれ
ぞれの作家の生活の現場から発するサインに私もまた同時代の根の在り処を
あらためてこのさっぽろで噛み締めているのだ。

*谷口顕一郎展「ペインテイングによる」-11月3日(土)-18日(日)
 am11時ーpm7時(月曜休廊)
*いずみなおこ展「森の記憶」-11月20日(火)-25日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8北大斜め通り入り口
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2007-11-06 13:20 | Comments(0)


<< ニユーヨークからの便りー冬の輪...      小春日和ー冬の輪舞曲(10) >>