人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 01日

しゅったつは告げられてある

当分ネットカフエから発信。こんなことでもなければ来なかっただろうなあ。
電話の設定は無事に、しかしパソコンのインターネットは住所変わると2週
間かかるとはねえ、知らなんだ。メールのほうも改めて方策立てる積もり。
まだ過ぎて2日目だけれどいまだに余波が続く嵐のような、怒涛の1月だった。
最後の2日間はブログも打てず、入れ替わりに来て頂いた人も記憶が入り混
じり正確さを欠いた面も多々あるほどである。もう<ここ>という言葉ではなく
<あの>という言葉で場所を指し示さなければならない訳だが。

仮の事務所の整理とネットカフエ通い、新たな場所探しに1日終わる。
この古い一軒家の玄関を出るとすぐタワーマンシヨンが目の前にある。
首が痛くなるような高さだ。ふっと気づく。屋根がない!庇(ひさし)がない!
そうか、マンシヨンには屋根も庇もないのだ、ノッペラボウーなのだ。
神社の屋根、お寺の屋根そこには古代の日本人の顔が見える。鋭角で交差
する神社の屋根なだらかな曲線で地に広がる寺院の屋根。<荒ぶる><和
むる>心が見える。近代の洋館にも勿論日本の家屋にも屋根が家の印象を
造っている。ところが今屋根が消えたのだ。顔が無くなったのだ。
ヒユ~ザァーアネハナナンダ!

by kakiten | 2006-02-01 16:11 | Comments(4)
Commented by gla_gla at 2006-02-02 09:46
お疲れさまでした〜
テンポラリースペースの最後を飾った作品が「ゴミの山」ってのが、何ともシュール。
中森さんの文章からも少し吹っ切れた感がありますね。
風邪はどうですか?
Commented by kakiten at 2006-02-02 16:44 x
大介さんー最後の2日間強力な応援感謝致します。あの場所で中川さんと共に河合さんと四人徹夜したこと一生忘れません。しかしよく飲みよく動きまたよく飲みよく梱包しそして運び・・・でしたね。朝のモーニングセットー髭と山嵐アタマの2人は味を超えたものでした。バリケード、シュプレヒコールもなく、人情味ある執行官の声、態度どこにも強制の文字に当たるものはありませんでしたね。最後まで立ち会ってくれた友情に深く改めて感謝致します。
Commented by 小田晃孝 at 2006-02-02 17:27 x
もと日本清酒・酒ミューの小田です。すごく驚きました!余裕無く仕事していて、恥ずかしながら【全く】知りませんでした。あの空間が今はもうないのですか!?信じられない。ツタの絡まる窓も、木のきしむ音も、聞いたライブの数々も、テンポラリースペースの刺激的な展示も・・忘れられないです。でもぜひ復活→ご活躍を!なにかあれば→akitaka@nyc.odn.ne.jpへお気軽に
Commented by kakiten at 2006-02-02 18:27
>小田さんー久しぶりです。本当にもう私はあそこにいないのです。まだ空間はあるのです。誰がどう、あるいはいずれ両隣のようになるのかそれは分かりません。ずーっと見て上げて下さい。


<< しゅったつは告げられてある(2)      そして始まるーさらばと総括(9) >>