人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 07日

夏の瞼瞬くー夏の旗(29)

佐佐木方斎さんくる。元気そうだ。死んだ阿閉正美さんの遺作集を編集し出版す
ると言う。佐佐木さん長年の宿願だった。’80年代「美術ノート」編集主宰時代の
佐佐木さんの親友である。まもなく遺稿集が出ると言う。その後は新作を創って
ふたり展はどう?と水を向けると笑って俺は時間を超えているから旧も新もない
とはぐらかされた。でもまあ、こうしてここを訪ねてくれるだけ元気になったという
事。昨年2月閉鎖中のMギヤラリーに花田和治さんと訪ねた折の寝たっきりの
彼よりは今の方が数段元気なのだ。後藤和子さんともひさしぶりで旧交を温めて
ていた。2階吹き抜けに上がったが高所恐怖症とか言ってにじり口にちょっと首を
突っ込んで尻尾巻いて降りてくる。変っていない佐佐木方斎を見た感じがした。・・
夏の瞼瞬く。’80年代豊平河畔野外展。九州、韓国の作家を呼び続けた現代作
家展。熱く開いた方斎の夏を想う。群馬県から来て札幌在住の写真家瓜生裕樹
さんが初めて会った佐佐木さんの「美術ノート」を読んでしきりに感心する。知ら
ない時代の知らない業績。知らないさっぽろの熱い時間、熱い時代。少しも古くな
ってはいない夏の輝き。一見元気そうになった佐佐木方斎。人と時間。両方を見
聞きして瓜生さんの知らない20年の時間が今彼の中で震えていた。旧友阿閉さ
んの遺作出版に情熱を傾ける佐佐木方斎、振り向くな!前を見据えよ。今も何も
古びてはいない。彼の傑作「余剰群」「格子群」「自由群」の3部作が急にまた見た
くなった。夕刻藤谷康晴さんも来る。後藤さんのコンピユーター動画に大いに興味
を示す。閉廊後ふたりで蕎麦を食う。7月旧質やの煉瓦倉庫を利用したギヤラリー
で個展8月はモエレ沼ガラスのピラミットでライブドローイング。9,10,11月はま
だ場所未定と言う。12月はテンポラリーで木村環さんとのコラボレーシヨンが決ま
っているのであと3ヵ所を何処にするか話し合う。私の提案は煉瓦の野幌、軟石の
石山そして彼の原点の1番街でもう一度というものだった。突っ走った最初の4ヵ月
次なる勢いの4ヶ月残りの4ヶ月は意志的にと思うのだ。1年を通して毎月個展を続
けてきた藤谷さんの8月以降をそのように考える。

*後藤和子展「青焔seiーen」-7月3日(火)-15日(日)(月曜休廊)am11時
 -pm7時
*石川亨信展「each pulse、each tempo」-7月17日(火)-29日(日)
*村岸宏昭の記録展「木は水を運んでいる」-8月7日(火)-12日(日)
 併催:遺作コンサート8月10日(金)午後6時~於ザ・ルーテルホール(大通り西
 6):追悼ライブ8月6日(月)午後7時~於ライブハウス「LOG」(北14西3)
*Psalmライブー8月19日(日)午後6時~映画「もんしぇん」のサウンドライブ
 主演玉井夕海、かりんによる音楽パフォーマンス
*佐佐木恒雄展ー8月21日(火)-26日(日):網走出身の骨太な新鋭作家
*石田尚志展ー8月28日(火)-9月9日(日):東京在住若き天才映像作家
*阿部守展ー9月11日(火)-23日(日):九州在住の鉄の造形作家。石狩河口
 を繋ぐインスタレーシヨン。

by kakiten | 2007-07-07 12:16 | Comments(0)


<< 碧(あお)いカタログー夏の旗(30)      水の色ー夏の旗(28) >>