人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 23日

雨降るー春のにおい(9)

藤谷康晴展最終日。雨降る。屋根の上を雨音が響く。冬を殺す刺客。雪を消す。
藤谷さんの白いインクで画き続けるライブドローイングの今日にはピッタリかもし
れない。北国の二月の雨。厳寒の雪の大地が雨で消去される。雨のテロ。精密
に画かれたマンホール、排水口、アスファルト。白い修正液でどう消され、どう形
をもつのか。「殺風景」と題された道都の繁華街。そのショッピングビル群を目の
高さで切り人の群れを消し、看板も色も消去し足下の路面を擦り出すように顕在
化させそこに肉体vsというタイトルで1日挑む。消しつづける。その結果なにが生
まれるのか。さあ、画家の酒鬼薔薇さん、お手並み拝見です。君は「透明な存在
であり続けるボク」なのか!定刻。藤谷さん来る。”雨とはなあ”と呟く。しばらく息
を整えるように歩き回る。白いインクを筆に浸し描き出す。待ちかねたようにMさん
が来る。しばし注目、そして撮影。雑談しながらも眼は藤谷さんの筆を追う。天井
桟敷の役者だった平川勝洋さんが来る。初めて見て会場を歩き回り二階吹き抜
けに座る。壁に飛んで展示されている一枚が気に入り購入する。色めく日常と題
されたシリーズの一枚「ドーン」という作品だ。その間も描き続けている。形が見え
てくる。花だ。マンホールに花が咲く。意外な展開。蜘蛛の巣状の模様も出てくる
。マンホールに時間と生き物性が絡まる。漂白されたモノが時間を備えてくる。命
が芽生えてくる。そうか、夕張の暖かい廃墟の風景。都市が廃れ壊れその後に命
が復権するように。その暖かさ、ねい猛さそんな渦紋状の植物の蔓のような線が
這い回っている。廃墟の復権。ピカピカの新しい廃墟ではなく命の正当な廃墟。
さっぽろと夕張。産業遺構物が堂々と立ち寂れていた時の夕張。その都市の優
しさ暖かさを思い出していた。さっぽろの表通りには明るい廃墟しかなかった。朽
ちる自然がなかった。藤谷さんはそれを今再現している。彼が凝視した明るい廃
墟の下で。見る見るうちに覆われていく。蔦が茂り命の曲線で覆われる。グレン
グールドのバッハをかける。

by kakiten | 2007-02-23 10:47 | Comments(0)


<< 暖かい廃墟ー春のにおい(10)      疲れの残る街ー春のにおい(8) >>