人気ブログランキング | 話題のタグを見る

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 30日

血圧上昇そして歩くー内海真治展(8)

尾道にいるN君が酒井さんのブログに呼吸も言葉も喪失のような事を書き込んで
いた。メキシコから帰って張り切り12月のここでの個展にやる気満々と思っていた
が、本人からもそのように帰国早々の便りがあったのだが現状は大分違っている
らしい。これって過剰な時に陥る血圧みたいなものだ。内部で熱く渦巻くものが出
口を求めてのた打ち回っている。しかし出口は細く塞がっていている。頭はぼ~っ
としイライラする。言葉を発する気もなくなる。いっぱい言いたい事はある。しかし纏
まって整理はされない。過剰なのだ。内側が過剰になっているのだ。こんな時はひ
たすら歩く。歩くと次第に過剰な部分が矯正され全体が回復してくる。身体も心も同
じである。身体の肩や腰にあたるものが心にもある。一部分に偏っていた過剰なも
のが全体の一部に還元される。要するに基に戻るのだ。恋みたいなものかも知れ
ない。心の高血圧なのだ。自分がそうだからこれってほとんど最近の自分のこと
。昨日は完全にクリストの講演の後のKさんのご招請の夕食会で自己紹介を二分
と指示され考えていたら物凄く頭がぼ~っとしてきてこれはヤバイと思った。過剰
になったのである。言葉の出口が細くなったのだ。知らない人の前で喋るという緊
張と苦手意識。でも何かを沢山伝えねばという過剰なる思いが血圧を急上昇させ
た。それに近いものをN君の個展前の心理状態に見たように思えた。そして今日
は自転車を捨て歩いたのだ。1時間以上歩いたらすーっとした。囚われていたの
だなあ。今朝内海さんの顔を見たら本当に森の人に見えた。この人は淡々として
自然体。特別な素材はひとつも使わずホーマックあたりのどこでも売っているよう
な素材でホッホーッと自分の世界を造っている。この界隈の食堂に毎日昼出かけ
”まあまあでこれがいいですね”と食べ歩いている。”この何処へいってもまあまあ
が素晴らしい”と言う。共感する事大であります。まあまあとは言葉を代えて言えば
日常という平穏である。心も体もまあまあと言う平穏、これを侮ってはいけない。曖
昧という事では決してないのだ。

*内海真治展「ブループラネット」陶画・ガラス画・オブジェー31日まで。

by kakiten | 2006-10-30 12:26 | Comments(0)


<< 石田善彦さん逝くー冬のいのり(9)      雪の虫、森の子供ー内海真治展(7) >>