人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 13日

精霊の話ー続きの余波

高臣大介展3日目ー少しづつ人がまた来だした。オープニングパーテーで
あれだけいろんな人が来て、大介さんスタッフも凄い量の料理を作り、特に
カレースパゲッテイーは好評で大鍋が空に為ったほどで、2日目はその反動
か静かだった。そういう日に相応しくヒロさんの白い服の女性の話が出てきた。
でもあれは、ヒロさんでなければ、見ないよなあと大介さんと2人で話していた。
閉店後ふたりで飯を食いに、近くの居酒屋楽屋へと向かった。定食を頼みお酒
も飲みいい気持ちになった頃、東区の熊谷直樹さんが覗いて入ってきた。
白い精霊の話をしたら、白樺も綺麗だけれど、絶対にそれはKさんではないか
という。そう言われれば、MAさんでもMoさんでもSさんでもない、Kさんだよな
あと思えてくる。比較すればである。酔っ払いの与太話だから、そんな事で多い
に盛り上がった。とりあえず、白樺ヤスコさんという名前になった。

噂の白樺の木は、1981年にこの建物を設計した倉本龍彦さんが角地を角取り
して新た植えた木である。足元には紫陽花が同時に植えられた。当初2本の白樺
があったが一本は枯れ一本だけが今のように大きくなった。私は白樺よりも2階の
南窓に見える円山茶寮の銀杏の樹に惹かれていて、近くの円山、遠くの藻岩山を
借景に見えるのが好きだった。それと昔私の生れた家の中庭にも銀杏の樹が
あって、ここに来てそのことを想い出したこともあった。中学3年の冬スタンドの
光をふっと消して何気なく見上げた時、その銀杏は月光を浴びて黒々と凛として
立っていて背筋が一瞬すっとしたのを想い出したのである。普段何も意識してい
無かった樹が受験勉強の合い間ふっと見上げた眼に、急に生き物として現れた。
そんな感じだった。ここで毎日のように2階から銀杏の樹をみていて葉の形が
同じ事で気がついたのだ。それからここを流れていた暗渠の川界川を辿り、篠路
の竜雲寺で同じ大銀杏の樹を見た。その樹は札幌市の保存樹にも指定されている
大木である。私は3本の銀杏に導かれるようにさっぽろを旅してきた。そこから
見えたさっぽろは今まで自分の知らないさっぽろであった。

しかしここ2,3年白樺の木が気になってきていた。ここの立ち退きの
話が出てきたせいもあったかもしれないが、植えられた木だけに枝が
建物側には伸びず建物の反対方向にここを両手を上げて守るように
立っている姿を、愛着をもって見るようになったからだ。ああ一緒にこ
こで生きてきたんだよなあ、と思えた。今は夏の暑い日には日除けに
なってよく立ち話をしている人がいたり、待ち合わせの目印になって
いる。向かいの道路から見ると、鬱蒼と茂って美しい姿だ。


やはり白樺の精霊が、現れた気がするなあ~。
そのほうが納得できるし、嬉しい。
 

by kakiten | 2006-01-13 18:37 | Comments(0)


<< 酒井博史さんが来た、そして歌った。      白い精霊が顕われたー太田ヒロさ... >>