人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 06日

「アートドキユメント1990」の事ー秋のはなし(7)

「アートドキユメント1990」の図録には九州の山野真悟と群馬の福田篤夫が
北海道の佐佐木方斎とともに後記を書いている。山野真悟は場所性あるいは
地方に触れて作品にトポス(場所)などないという言説とトポスは作品以前にある
という言説を両方とも否定した上で次のように語る。<作品という作業によっては
じめて、トポス(場所)は形成されるものであること、むきだしのクリティカのため
に作品があるのではないこと、すでにあるものへの依存としてトポスがあるわけ
ではない>と書いている。また、福田篤夫は<「住まうこと」、「創作すること」、
「企画すること」、「発表すること」。この四つを同一地平で行なうことが、私の重
要なコンセプトといえます。>と書いている。その後の九州天神での山野の仕
事や群馬渋川でのコンセプトスペースでの福田の仕事を見れば山野はトポス
を天神市街に展開し福田は長屋のアパートを拠点に世界中の作家を今も招き
続けている。特に福田篤夫の四つの端的なコンセプトの提示は現在も変る事
無く続けられそのギヤラリーとしての活動も素晴らしいものがある。’90年代
佐佐木方斎が志した活動も多分このふたりの活動に影響され刺激を受けただ
ろう事は容易に想像できる。彼が自宅をギヤラリーとカフエスペースに改造し
コンピユーターを駆使してそこに新たな場を試みようとした事は紛れもない事実
なのだ。福田篤夫の四つのコンセプトを彼もまた実践しようとしたと思う。その後
の挫折をいろいろ解釈することはできても意味はない。ただ他のふたりに比べ
佐佐木方斎はこの時点で、後記のなかにもうすでに挫折が見え隠れしているの
である。3日ほど前のブログですでに触れている事だが<場>の問題ひとつとっ
ても佐佐木が従来の美術館という場にその時すでにあるジレンマにあった事は
その文章の篭もったような歯切れの悪さからも充分に窺がわれるのである。しか
しその後の挫折を他人事や個人の性癖等に矮小化して済ましてきた札幌の状況
は決して他人事でも個人事でもない事だ。<多様性と均一化の二重拘束の隘路
に入った現代社会>という佐佐木のこの時の指摘は自らの隘路も暗示しつつ、今
なお私たちの現在にも及ぶ指摘であると思う。たかだか3本の電線の切断にありと
あらゆる多様性の設備がすべて機能を失う均一性。六本木ヒルズに象徴される
高層で豪華な場の富の多様性に対しシンドラーのエレベーターや経済設計に集約
される均一な単細胞の陥穽。現実の方がこの言葉にどんどん追いつき追い越しつ
つあるのだ。アートドキユメント1990以降の佐佐木方斎が試み実践した志しと
その挫折は優れて現実を見透した感性を抜きには語れない。そして<作品という
作業によってはじめてトポスは形成される>という山野真悟の言葉の通り、彼は
すでに彼のトポスを作品によって形成していたのだと思う。今日のパブリックアー
トに繋がる山野真悟のような都市への展開の力技も持たず、福田篤夫の四畳半
ギヤラリーのような強靭なコンセプトも持ちえず孤立していった’90年代があった
としてもそれは個人の問題に帰趨するものではない。いつも外に向かって開いて
いたいと呟く孤立した個の孤独は今も同時代の個であるからだ。

*’80年代の軸心佐佐木方斎展「格子群」を中心にー10日まで
  am11時-pm7時北区北16条西5丁目1-8テンポラリースペース
  Tel、fax011-737-5503 email-temporary@marble.ocn.ne.jp

by kakiten | 2006-09-06 13:01 | Comments(0)


<< 夏の疲れー秋のはなし(8)      方斎さんの家ー秋のはなし(6) >>