人気ブログランキング | 話題のタグを見る

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2021年 10月 10日

原点の記憶ーメタフイジカル放浪(10)

遠い幼児期の記憶が甦る。
ある日近所の美容室で薦められたのだろうか
まだ若かった母が、突然赤い髪になって帰って来た。
明治生まれの祖父と大正生まれの父が、怒っていた
記憶がある。
母は美容室に戻り、元の黒髪に戻していた記憶だ。
なんで父と祖父が怒ったのか幼児の私にはなにも
分からなかった。
今思えばあの時の家族の亀裂が、ひとつの時代の
見えない亀裂だったという気がする。
アメリカの占領下で進められた自由と民主主義の
モダニズム近代化。
若い母は行きつけの美容師に薦められるまま、新しい
価値観・流行の髪型に乗ったのだろう。
明治30年に福井県から移住し創業した祖父。
その祖父を深く敬愛し生業を継いだ父。
国家間の戦争とは別次元で、家業・家風の個の
価値観が赤い髪への拒絶を生んだのだろう。
この時”美容師さんに、とてもお似合いですと褒め
られたのに・・・”と、半ば泣き声で抗議していた
母を想い出す。

明治以降の近代化・モダニズムの風を受けてダンス
という日本に無い踊りを目の前に見た舞踏家大野一雄
は、その道へと邁進する。
しかし昭和前期という時代は軍国主義・天皇崇拝の
時代へと急傾斜し米英との本格的戦争の時代となる。
大野一雄が徴兵されたその年に生まれた大野慶人は
戦中から生き延び帰還した父一雄と初めて会うのは
すでに10歳になってからだった。
大野慶人は父の背中を追うように成人し同じ舞踏の
世界で生きることになる。
しかし10年の亀裂は生涯を通して、人前で一度も
父と呼ぶ事の無かった慶人に反映されていた。
大野一雄にとっては、新たな舞踏の可能性を追求する
事を断念した空白の10年だっただろう。
戦争という断絶・亀裂が昭和の後半アメリカモダニズム
が日本を覆う中で、見えない川・暗渠のように横たわって
存在したのだ。
その現在に繋がる時代の内なる亀裂を、戦争を生き延び
その亀裂を乗り越え、個有の日本文化・個有の自己表現に
まで高めた数少ない表現者のひとりが大野一雄の舞踏であ
った。
10年間の父不在という亀裂を抱いた大野慶人の舞踏は
ある意味未完のまま昨年逝去された。
ただ最後の慶人の舞踏と思われる父一雄の指人形を自分の
親指に詰めプレスリーの「愛さずにはいられない」の歌曲
に乗せて寡黙に踊る姿に、父不在10年という亀裂を初めて
ひとりで超えた姿を観た想いがした。
ふたりがそれぞれ超えてきた10年という荒野。
そこに現代という我々個々の固有の現代の基点もある
と私は思う。

 埋葬の日は、言葉もなく
 立ち会う者もなかった。
 ・・・・
 空に向かって眼をあげ
 きみはただ重たい靴のなかに足をつつこんで静かに
 横たわったのだ。
 「さよなら、太陽も海も信ずるに足りない」
 Мよ、地下に眠るМよ、
 きみの胸の傷は今でもまだ痛むか。


昭和近代前半の戦争という・・・明・暗。
敗戦後デモクラシーという・・・明・安。
そこに本質的に横たわる、光と水の原点太陽と海
へのМに託した鮎川信夫の告知は、70年近い歳月を
超えた3・11への予告とすら予感されるのだ。

 テンポラリ―スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011ー737-5503


by kakiten | 2021-10-10 17:33 | Comments(0)


     深く生きるーメタフイジカル放浪(9) >>