人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2021年 02月 07日

高臣大介展最終日ーメタフイジカル放浪(3)

転倒事故で前頭部・額・鼻柱打撲で、顔中青い痣が
拡がったりして、脳外科、月・水・金の透析、さらに
歯医者も行ったりと私事の用が続きあっという間の
高臣大介展だった。
幸い私の方は大事なく、顔の青タンも消えつつある。
今回の透明なガラスの氷柱「野傍の泉池」は一つの
大きな転換を示す節目となる展示だったと思う。
清華亭脇に湧き出た2012年琴似川の源泉から始
まった高臣大介の風土への挑戦・耕土行為。
琴似と日本語化されたアイヌ語のこッネ・
その意味は窪みであり、そこに扇状地である泉が
知事公館、植物園、清華亭にかって湧き出ていて
琴似川の源流となったという。
それぞれの水源から三本の川が流れ出て、ひとつ
に合流していたというが、現在は都市化の影響で
その流れはもうない。
北海道大学構内を流れるサクシュコトニ川は、水源を
別の場所から供給している。
さらにこの地に先住していたアイヌ人は琴似又市と
和名を付けられたが、旧帝国大学、知事公館、明治
天皇所縁の清華亭との地から現在の琴似に移住させ
られ、琴似又市の移住とともに地名も移住したのだ。
この窪みの地形を今回の展示では、魔法陣に拠って
構成していた。八百余本の湧き出る水の造形は、今回
高臣大介の切磋琢磨によって、空中から生まれる
水・氷柱の姿をして甦ったかに思える。
大きく捉えれば、高臣大介の作品に拠る水の風土の
新たな創生と私は感じる。
風という流れるもの、土という動かざるもの。
そのふたつの正反対の自然を一つの故郷を顕す言葉
とした先人の知恵を、彼は水の故郷を窪み・氷柱で
で表現空間として再生させたと思える。

 テンポラリ―スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011ー737-5503



by kakiten | 2021-02-07 15:54 | Comments(0)


     「まじりあう」展ーメタフィジカ... >>