人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2020年 10月 03日

50余年の記録ー木は水を運んでいる(8)

中村恵一さんの「美術・北の国から」一冊が、北大4年間在札中
の掛け外の無い青春の記憶を今も大切にする歴史なら、山里稔
さんの「山里稔の制作思考」の一冊は1960年代から現在に及
ぶ美術家のほぼ全記録といえる作品集である。
しかしその装丁・造本はあくまで手に優しくほっとするような
大きさ・装本である。
彼はここ数年北海道の木彫り熊の蒐集・記録に集中していた。
機械彫りやお土産物としてのテーマの均一化により、本来彫刻
として独自性の有した木彫り熊が、生活様式の変化もあり、途
絶える寸前まであったのを美術家である山里稔さんは、本来の
自分の仕事を傍らにして、明治初期以降の手彫りの熊を集め撮影
し、ついに一冊の本として2004年11月札幌かりん舎より出
版された。
その間滞っていた本来の自身の仕事を一気にまとめ、集大成した
のが「山里稔の制作思考」である。
両の掌に少し溢れる程の大きさが、和紙のような手触りの頁(ペ
ージ)の柔らかさ・厚さと程よく納まり背表紙を自ら糸で編んだ
冊子は書物としての品格と深い愛情を感じさせるのだ。
大袈裟でなく淡々と、しかし自らの全仕事への愛と誇りを保って
誠に稀有な全作品の集大成になったと思う。
絵画から造形・オブジェに至る作品変遷が、さり気ない、しかし
して 大きな激動の時代を生き抜いてきた戦後日本の鮮やかで艶
やかな個の記録として心に残る一冊だと思う。

*「追伸ー15回目の夏・ムラギシ」展ー10月4日まで。
*「花人・はなや」展ー10月8,9,10日
*紺屋 纏祝堂「上空ノ水面」展ー10月27日ー11月1日

 テンポラリ―スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-011-737-5503
 




by kakiten | 2020-10-03 16:28 | Comments(0)


<< <編む>という事ー木は水を運ん...      1980年代の風ー木は水を運ん... >>