人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2020年 09月 29日

1980年代の風ー木は水を運んでいる(7)

中村恵一さんの「美術・北の国から」は、彼が1978年4月
から丸4年間北大在学中に触れた札幌での美術・人の記憶を主に
綴った文章である。
静岡県浜松市から北大に入学し、気候も風土も違う未知の大地
で10-20代の若々しい感性が新鮮な響きを奏でている。
今となれば懐かしい故人の姿も多く、こうした形で札幌の
美術シーンを思い出すのが私にはとても新鮮だった。
一原有徳さん、長谷川洋行さんとNDA画廊、森ヒロコ、クラーク
画廊、旧三岸好太郎美術館、神田日勝、ギャラリーレティナ、
藤原瞬、ギャラリーユリイカ、駅裏8号倉庫と、この時代の一線
を画した人と建物・ギャラリーが目に浮かぶからだ。
世の中はバブルの全盛期でもあり、良くも悪くも活発なエネルギー
に溢れていた時代である。
急速に古い建物が消え、それに抗うエネルギーも溢れていた。
当時の若き中村君は、その好奇心・若い感性の赴くまま、そんな
人と時代と作品に触れている。
そんな中に私もテンポラリ―スペースとともに、一章を割かれて
掲載されていた。
以前の北円山時代に配達助手のアルバイトでいたのをよく覚えて
いるが、その時代の旧店舗写真と現在のテンポラリーの写真も
載って激動期の私の小さな活動も記されていた。
私などはおこがましいが、こうして中村さんの眼を借りて振り返る
と私もまた時代の荒波と戦い、今があるのが実感されるのだ。
1978年から4年間、若く瑞々しい感性が捉えた北の都市の活き
活きとした時代の記憶を、2020年の今も大切に、一冊の本に纏
めた中村恵一の今も変わらぬ瑞々しい感性に深い敬意を捧げる。

*花人・はなや展ー10月8日ー10日am12時ーpm7時
*紺屋纏祝堂個展「上空の水面(じょうくうのみなも)」ー10月27日
 ー11月1日

 テンポラリ―スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



by kakiten | 2020-09-29 17:15 | Comments(0)


<< 50余年の記録ー木は水を運んで...      三冊の私家版本ー木は水を運んで... >>