人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2020年 08月 29日

膝抱くのはやめてー木は水を運んでいる(3)

山田航さんが短歌を4首携えて、展示に加わってくれる。
彼はムラギシと同じ年齢、同じ札幌出身なのだが、大学は
京都で就職し、札幌にもどってきた年ムラギシが死んでいる。
そんな山田航さんが、ムラギシの遺した遺作・追悼本「木は
水を運んでいる」を読みその想いを「出会えなかった友との話」
と題し2011年4月13日東京新聞に書いている。
今回ムラギシの死後15回目の夏、あらためて掲載されたその
エッセイを読み返してみた。

 ・・・・・
 私はずっとすれ違っていた。同じ年に同じ街に生まれ、
 すぐ近くにいながら結局は出会えなかった。・・・・
 わたしの存在を知ることなく去った彼を、私は確かに友人
 だと思っている。彼の作品は遺っており、彼の魂の一部には
 触れることができている。М君、来世こそ出会って、親友に
 なろう。

2011年の3・11から一ヵ月後に掲載されたこの一文は、何処か
震災・津波・原発事故の記憶と重なって、逢わずにこの世を去った
死者への想いと重なるものが私にはある。
山田航さんが持参してくれた、短歌四首。

 くすんだ窓に緑の蔦が揺れている
 立ちあがろう膝抱くのはやめて

 肩書はとうに燃やされ
 ここにあるすべての水が空だったこと 

 陽炎というランナーがこちらまで駆け寄ってくる
 熱気を脱いで

 星置から銭函までのうたたねを
 優しく叱るようにかもめは

3・11から一ヵ月程後に書かれた死者への深い友情に満ちた
文章が、2006年8月ー2011年4月ー2020年8月と山田航の胸に
何かが木魂している気がする・・・。

遺された高校3年の時の油彩、下半身のみがぶらりと宙に浮き
暗い赤の画面に黒い棒のように浮いている。
その膝を抱える指は、骸骨のように骨が露わだ。
そこに山田航は声を掛けている。

 立ちあがろう
 膝抱くのはやめて

<追悼>ではなく、それが山田航のムラギシへの<追伸>の
四首のトニカだから。
       

*「追伸・15回目の夏ームラギシ」展ー9月13日まで。
 月曜定休・水・金曜日休廊。

 テンポラリ―スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-ー737-5503



by kakiten | 2020-08-29 14:42 | Comments(0)


<< 夏の終わり・・ー木は水を運んで...      さらば、鯉江良二、安斎重男・・... >>