人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2020年 06月 28日

後ろ姿-荒地(28)

最近はゆっくりと歩く所為か、前を歩く人の背中を
見る事が多い。
先日も若い男女が先を歩いていた。
その後ろ姿を見ていて、ふっとある事に気付く。
男は肩と背中が中心で、女は腰と脚に中心軸がある。
ふたつを上下一体にすると、人間という生物になる
気がした。
数式的にすれば、男✖女=人間である。
身体は自然にそうした抽象を孕んでいる。
✖は&でも良い。
そして年齢を重ねた身体の後ろ姿は、時にその人生の
生き様まで顕している時がある。
男であれば、肩も背中も狭く、手と足の振りは常に外向きで
肩ひじ張って歩く。
女であれば、肩・背中と脚・腰が同じ塊りとなってコロコロ
と歩いている。
特に男は、あまり真正面から会いたくないタイプだ。
かって自転車で通勤していた頃、北大構内のエルムトンネル
上の遊歩道を通っていた。
真ん中の通路が自転車専用で色分けされ、その両脇が歩行者
通路に分けられていた。
その自転車通路のど真ん中を、両手を外向きに振り左右を睥睨
するように歩いている初老の男性がいた。
何度か見かけていたので、自転車を擦れ擦れに横から追い越し
たら、後方で大きな声をあげ威嚇された。
緑燃える我が天地を邪魔しやがって、とでも言いたいような
車道の中心を歩く傲慢な歩き方が癪に障った。
歩道を自転車で突っ走るのに遭遇するのも嫌だが、森の遊歩道の
自転車専用ゾーンを我が物顔に歩かれるのも嫌だ。
二輪であっても自転車は車であり、車道を大手を振り外股で歩く
人などいないのが当然なのだ。
大通公園から植物園ー伊藤邸庭園ー偕楽園緑地ー清華亭ー北大構内
と続く緑の運河・エルムゾーンを全身で感じながら歩き、時に自転
車で風景を風で感じ走るなら、この都心に遺された自然風土にもう
少し謙虚な歩行であっても良いと思う。

しかし今にして想い返せば、私も自転車の煽り運転でもしたようで
気恥ずかしい気もする。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




by kakiten | 2020-06-28 15:10 | Comments(0)


<< 孤独な夏ー荒地(29)      一草一木の視座-荒地(27) >>