人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2020年 05月 31日

空を削るー荒地(25)

谷口顕一郎・彩子さんの5月ドイツ帰国も消え、鼓代弥生さんの個展
予定も消えて、新型コロナの影響は私の5月を寂しいものにした。
寒暖差の日々が続き、体調も今一つ・・。
治療のドライウエイトの減量の所為もあってか、血圧が低い状態が
続き、立ち眩み、息切れがする。
最近は頭の意識で歩行せず、足の行為だけを信じて足に任せる事に
した。
早い、遅いは気にせず、足のリズムのまま歩く。
昔から下りの速さは、登山をした時も韋駄天と呼ばれていたから、
その当時を思い出して、目で歩行を見ず、足の感触に拠るリズム
を主にして歩く事にした。
早速、地下鉄の長い下りの階段でゆっくり下っていたら、忘弱無人の
追い越しを駆けて追い抜いていった男がいた。
私は山での下りを思い出して、静かに足のリズムに任せ速度をあげ
階段下で追いつき静かに肩を並べた。
先行していた傍若無人男は、ふっと横にいる私を見て、えっという顔を
して驚きの表情だった。
地下鉄乗り換え時には、みんなが老若男女問わず急ぎ足だ。
階段でもエスカレーターでも速度が優先する。
私は今、あえてゆっくり歩く。
乗り換えの電車に間に合わなくとも、なにか周りの速足・追い越しと
同じリズムには馴染まないと悟ったからだ。

階段もエスカレーターも我勝ちの速歩は、心を削る。
現代は<空にむかって眼をあげ>る空を削る。

*延長・八木保次・伸子展ー6月2日ー14日。月/水/金休廊。
火/木/土/日のみ開廊・12時~午後7時。

 テンポラリ―スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


by kakiten | 2020-05-31 16:41 | Comments(0)


<< 樹・着る―荒地(26)      空にむかって眼をあげ・・-荒地... >>