人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2020年 04月 30日

八木保次・伸子展始めるー荒地(22)

春の恒例として展示し続けている故八木保次・伸子展を今年も始めた。
2012年2月、3月と相次いで80歳代で亡くなられた。
あらためて亡くなられてふたりの遺されて作品を見ると、生前
保次さんの抽象、伸子さんの具象と単純に分けて見ていた愚かさを
感じる事が多々あった。
そこで毎年春の時期に、ふたりが死ぬまで追求し描こうとした
札幌の光と彩を製作年代に拘らず、ご遺族の高橋均氏、友人の
小杉山、平川君の協力を得て、テンポラリースペース所蔵の
2点を軸に毎年展示する事を開始した。
生前はその時々の個展、グループ展でしか見れなかった作品
たちが、持ち主の好みによって傾向が自ずから分けられ一堂に
会すると、革めてふたりが追求してきた世界が新鮮に輝いて
見えて来るのだった。
今年はご遺族の高橋均氏のご協力で、保次がまだ具象画を心掛
けていた1946年から50年頃の終盤と思われる作品「建物」
を展示した。
そしてこの後抽象に転化した最初の作品も同時に並べた、
伸子の作品は、私の希望で昨年初めて見た「大通風景」という
80歳代に描かれた彼女の札幌原風景と思える作品を、保次の
旧北海道拓殖銀行本店の移設された一部と思える「札幌軟石
建物」の作品と並べて展示した。
ふたりの制作年齢は、保次が20代、伸子が80代である。
ふたりの具象画が札幌都市風景を画題に並ぶ事で、ある時代の
札幌浪漫・近代モダニズム都市風景が甦るのだ。
明治ー大正に啓かれ、開花しかけた日本の近代モダニズム。
その原風景ともいえる建物と公園が、浪漫に満ちて20代の男性
と80代の女性のロマンとして溢れている。

我々が、現代が、遠く彼方に追いやった美しい近代が、ここに
は輝いている。
ふたりが生きてきた戦前・戦後という昭和の時代でしか実現しない、
喪われつつある正当な近代遺産として、時代の記憶に遺され続け
ねばならない。

*八木保次・伸子展「札幌浪漫風景」-4月28日~5月10日
 月曜定休・5月6日(水)・5月1日・8日(金)午後2時閉廊。

 テンポラリ―スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


by kakiten | 2020-04-30 16:27 | Comments(0)


<< ふたりの・近代ー荒地(23)      生命・経済の相克ー荒地(21) >>