人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2020年 04月 23日

生命・経済の相克ー荒地(21)

最も微小な地球生物ウイルスの繁殖が人間社会を問うている。
人間社会の経済的生命と自然生命そのものを。
大都市では不要不急の外出が禁止され、ニューヨーク
では経済活動に支障が出て、禁止反対のデモが展開され
ているという。
命を守るか、経済活動という人間社会の生命を守るか。
微生物新型コロナは、今やそこまで人間に究極の問いを
発している。
人類という地球上の生物は、同じ地球上の生物たるウイルス
に生物生命を問われ、人間社会優位の経済生命との選択を
突きつけられている。
もしこの地上から昆虫すらが消えたなら、植物の連鎖が断た
れ人類は食物の不足によって生きていけないという。
そのように地球の生命体は相互に関わりながら生命を維持
している。
自然の恵み、という言葉はその実感から発している。
里山・里海とは、そうした人間社会と大自然の生恵みの源の事だ。
現代社会のグローバリズム、物流グローバル化は、自然生命
という相互関係を希薄化し、物流の相互関係性に肥大化させ、
自然生命としての人間を矮小化し、自然すら利便性のインフラ
装置に貶めてきた観がある。

大地震・大津波・地球温暖化・ミクロの微生物の来襲と、人間は
自然生命で在る事を等閑にしてきた現代を、その社会生命・経済
優先の選択を今、究極の<生命>という一点で問われているよう
に思える。

*追悼・八木保次・伸子展「喪われたサッポロ浪漫」-4月28日
 -5月10日
*鼓代弥生展ー5月中旬予定

 テンポラリ―スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


by kakiten | 2020-04-23 17:07 | Comments(0)


<< 八木保次・伸子展始めるー荒地(22)      タッチ・触れるー荒地(20) >>