人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2020年 03月 22日

麦穂の風ー荒地(16)

正午12時開廊とほとんど同時に人が来る。
少し空いて、午後人が絶えない。
作品は麦畑の風も運んできたのだろうか・・。
吹き抜け西の窓傍の長椅子に座りながら、吹き抜けを抜ける
麦の織物が放つ光を見ている。
階下では作家を囲んで話が弾んでいる。
麦畑の風が人の形をして舞っている。
この一週間びっちり会場に居た秋元さなえさんの仕事の
都合もあり、またまだ見ぬ人の要望もあり、不定期だが
来週も29日日曜日まで作品はそのまま展示を続ける事
にする。
月曜日は定休日で休廊だが火曜日24日は12時から午後
7時まで。
水曜日は私の都合で休廊し、木曜日は平常通り、金曜日は
秋元さんの都合で未定、土曜日曜は平常通りと不規則だが
そんな予定で作品は見れます。
なお今村しずかさんの唄のライブも土、日どちらかで
流れる予定です。
歌手今村さんは2005年亡くなった姉はまなさんの遺稿
集「私もその自然の中の一部なんだ」を2011年3・11
に触発され出来た曲「この世界に」に歌詞として取り入れている。
今回秋元さんの麦の素材の作品を見て、何かが心の中で突き動
かされたようだ。
ふっとこの麦の織物と皮と種子の造形、絵画の中で歌ってみた
い感じたと思う。
少し唄から離れた歌姫の心が麦畑の風に乗った。

今暫く風景を織る展示は人の心の風と共に編まれる。

*秋元さなえ展「ランドスケープ」第二章ー不定期3月29日まで。

 テンポラリ―スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




by kakiten | 2020-03-22 17:43 | Comments(0)


<< 10年の織りー荒地(18)      風景を織るー荒地(15) >>