人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2020年 01月 09日

大野慶人さん・・・-荒地(7)

3日前横浜へ電話したばかりだった。
言葉にならない声音だけが短く受話機に響いた。
すぐ声が女性に変わって、話すのが今困難なのです。
でも段々よくなってきてます・・・と告げた。
私は今年必ず一度伺います、と伝えて電話を切った。
今日その大野慶人さんが亡くなったと連絡が来た。
深い気持ちが湧き上がる。
大野一雄・慶人というひとつの時代を想う。

1991年9月大野一雄石狩河口公演「石狩の鼻曲がり」で
初めて会い、その前夜祭の後慶人さんが話しかけて来た。
”何故自分は石狩河口で踊るのか、よく解らない・・・”
私は札幌から何故石狩河口まで繋げたかを、札幌円山の地下を
流れる暗渠の川界川から始まった都市と自然の共生のテーマを
熱く語った。
東京生まれ横浜育ちの慶人さんが父大野一雄に従い、石狩河口
の茫々たる大自然を前にしてそこで自分が踊る意味を卒直に
主催者である私に疑問をぶっつけてきたのだ。
今考えれば、太平洋戦争を体験し戦前・戦後というふたつの時代
を生き抜いて来た父と東京と横浜で育ち10歳で初めて父と逢った
子との見えない時代の深い溝がそこには在ったのだろう。
大野一雄は同年2月の吉増剛造展「午後7時の会話」で初めて
お逢いした時私の石狩河口公演の申し出を即座に快諾してくれた。
私は感動してこの公演のポスタータイトルを「石狩の鼻曲がり」
ではなく「石狩みちゆき大野一雄」とした程である。
生涯<父>と大野一雄を人前で呼ぶ事のなかった慶人さんの見えない
屈折が、今となって石狩河口前夜祭の問いかけで思い起こされる。

一昨年2月吉増剛造「舞踏言語」の出版記念会で、指人形の大野一雄
とともにプレスリーの「好きにならずにいられない」の歌曲でひとり
舞踏した慶人さんは、父一雄亡き後始めて肉親一雄を抱いていたと
私は思う。
日本の大きな意味での近代を生き抜いた大野父子。
近代開国の扉をアメリカの黒船がその扉を叩いたように、戦後アメ
リカを代表するポップ歌手エルヴィスプレスリーの歌曲が、ふたり
の父子の見えない近代の壁を開いたのだ。
戦争に拠って引き裂かれた父子の間に深く横たわっていたふたつの
近代という深い溝。
それはあたかも暗渠となった都市の川のように見えない血脈と
して流れていた。
自らの指の一部となって、共に舞踏した父一雄。
そこに、遮り、閉じて分離する近代はない。
あるのは伸び伸び流れ脈打つ舞踏という真の近代だ。

慶人さん、お会いしてお話ししたかったのは、その事です。
西洋のダンスを舞踏として日本近代に根付かせた大野一雄
さんの志を、慶人さんの舞踏としてもう一度見たかった。
郡司正勝先生が晩年最後にあなたの為に遺してくれた台本
「ドリアングレイ最後の肖像」を一緒に実現したかった。
源泉が源流となって沈んでいる札幌の街の中で。
あの指人形の一雄さんの河口への想いと共に。

お別れにプレスリーの「好きにならずにいられない」を
唱和させて下さい。

 海へと確実にそそぐ川のように
 流れに身をゆだねるべき時もある
 さあ手を取って、この命を捧げよう
 君を好きにならずにいられない


 テンポラリ―スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



by kakiten | 2020-01-09 15:54 | Comments(0)


<< 大野慶人さんと「この道」ー荒地(8)      寒気鋭くー荒地(6) >>