人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 12日

東北から。東北へ。ー子の近代(5)

札幌にほぼ月一度ℍ大学出版の指導で来ている元東大出版会代表の
竹中英俊さん。
今月も仕事で来て今日寄ると連絡があった。
夕刻2階事務所にいると、入口で声がある。
あっ、来たなと思い階下に降りると、背の高い別人だ。
なんと、秋田の民芸・海青舎の三浦正宏さんではないか・・・。
1990年代円山北町に今のテンポラリーや器のギャラリーが
あった時、毎年全国の民芸作品を展示していた人である。
北海道工業大学で橋梁工学を専攻し、建築会社に一時務めたが
橋を自然の中に多く構築する事は自然破壊と感じて退社し、故郷
秋田市で民芸の店を立ち上げた。
北海道工業大学の恩師菱川善夫先生に相談し、私の所を紹介され
訪ねて来たのが縁の始まりだった。
菱川先生が名付け親となり、彼の民芸の店は「海青舎」として出発
し、その後毎年器のギャラリーで秋田民芸の展示を催す事となる。
秋田の民芸を基本に後年は全国の民芸品を、主題を定め蒐集し展示した。
例えば<祈り>を主題に各地に遺る民芸の造形とか、時に秋田の駄菓子
展や地酒の展示とかも企画した。
それらが好評で、毎年初日オープン前に人が待っている事も出現した。
その後私は現在の北18条に移転し、関係が途絶えていたが、一昨年
北海道近代文学館で民芸の祖柳宗悦展があり、柳が推進した民芸運動の実物
として三浦さんの蒐集した民芸品の多くが同時に出品された。
かって展示で記憶されていた多くの優れた各地の民芸名品が会場に
展示されたのだ。
そのオープニングで十数年ぶりに私は三浦さんと再会した。
最初に発した言葉・・・。
”ほとんど、円山の器のギャラリーに展示したものですよ・・・。”
彼は時にこのブログを読んでいたらしく、昨日意を決して今回訪ね
て来た。
来年ここで展示をしたい、その気持ちを伝える為である。

再会の話をしていると、竹中氏も訪ねてきて三浦氏を紹介する。
竹中さんにも何度か彼の話はしていたので、直ぐに打ち解ける。
竹中氏は宮城県の出身、同じ東北地方の出だ。
竹中氏の古書蒐集の話と書物への愛は、どこか三浦さんの民具蒐集と
民芸への愛と共通する。
掌(てのひら)を通した人と物の関係性として共通する。
そんな事もあって、とても初対面とは思えないふたりだった。
和紙の書物は本来人の掌を通して紙が馴染み、掌の脂が紙を丈夫にし、
風合いを増し長持ちさせるという。
民芸もまた人の掌(てのひら)を通して使われ、掌(たなごころ)に
磨かれ存在する。
根本的にはある時代まで人と物とはそうした掌の関係性に於いて繋がり
存在したのだ。
ふたりの今回の偶然の遭遇は、人と物の深い関係がそのまま人間関係
として実現した必然のようだった。

吉増剛造さんが、宮城県石巻市北上河口鮎川に滞在し制作している。
遺された古い商店の民家に住み込み、写真で見るとまるで商店主の
ように座り訪れる人を迎えている。
客は吉増さんの制作を見、話し、食を共にし、一泊して一日を
共に過ごすという。
全身詩人吉増剛造ならではの、3・11の爪痕が今だ遺るという
北上河口での全身試行・生業(なりわい)の行である。
3・11以降戦後吉本隆明の処女詩集「日時計篇」に真摯に向き合い、
自己の戦後近代を見詰め直してきた吉増さんの全力投球の現在なのだ。
re born art festival 2019と名されたこのイヴェントは、中沢新一はじめ
7か所の地域に7人のキュレーターが企画し作家が制作し作品展開されて
いる。
その内の鮎川という牡鹿半島の先端地域が吉増さんの滞在地だ。
地域全体のパスポートが送られて来た。
吉増さんからの招待だ。
女坑夫さん記載の夕張「北上坑」看板出現以来、北上河口へは行かねば
ならぬと心に決めていた。
1991年秋「石狩の鼻曲がり」大野一雄石狩河口公演。
1994年初夏「石狩シーツ」吉増剛造夕張行「女坑夫」遭遇。
山奥の夕張石炭坑道口に記された「北上坑」の名と共に在った女坑夫の
記載。
石炭という近代エネルギーの産炭地から、現代のエネルギー石油と原子力
貯蔵の河口へ、女坑夫さんと共に、私も行かねばならぬ・・・。
そんな気持ちがしていた。
亀井文夫監督「女ひとり大地を行く」では、主人公の女坑夫さんは
東北出身と設定されていた。
「北上坑」と名付けられた坑道の被害者の中に北上川流域の出身者も
いたかもしれない。
そんな想いで吉増剛造の「石狩シーツ」のコア<女坑夫>さんとともに
北上川河口へ、吉増剛造を尋ねよう、と想い立っている。

近代以前の深い物と人の回路、古書と民芸。
それが東北秋田と宮城の人の姿をして訪れて来た。
そして宮城の北上川河口3・11が、現代の根のように呼んでいる。
私にはそんな気がするのだ。

*花小屋ー9月末まで。

 テンポラリ―スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503






by kakiten | 2019-09-12 15:47 | Comments(2)
Commented at 2019-09-24 14:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kakiten at 2019-09-24 14:30
ひょえ~!
何年ぶりさ・・・。

この後電話・・・でした。
ありがとう。


<< 秋・訪問者ー子の近代(6)      鮎川信夫の父・位相ー子という近... >>