人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2019年 08月 31日

父という近代・標(しるべ)ー子の近代(3)

描線が何かを発している。
山裾から山頂に上がる視線ではない。
頂きから山裾へ、溢れ出て流れる描線だ。
今回の斎藤周展のモチーフ。
三角の山のようなモチーフが多々顕れている。
しかしこの山のモチーフは、仰角の視線ではない。
頂点から裾野へ拡がる展開の兆し。

数年前広い山裾を登る人の後姿の絵があった。
先頭を行くのは大人の男。
その後に女性と少年の後姿が続いている。
次に発表された個展覚書で、ニセコ・ヒラフで少年時代父と行
ったスキーの記憶が懐かしく語られていた。
そして昨年初めて父の建てたアトリエ兼住宅の木造2顔建て
の実家が描かれた。

同じ絵画の道を歩んだ父と子。
父の時代、近代日本は米国占領によって齎された民主主義の
理念の下戦後近代という時代が始まった。
地方自治が民主主義のひとつの大きな柱であり、院展・帝展に
代表される中央主体の美術公募組織から、地方独自の公募展が
生まれた。
北海道では、道展、全道展、新道展等々が設立された。
斎藤周さんの父上もそうした組織に属しながら絵画活動を続けて
いた。
子の周さんは、そうした組織に馴染まず、個としての活動を主に
絵画を描き続けていた。
そんな親子の見えない確執が、親子という繋がりよりも、社会的
意識の相違として父・子の間に在ったように思う。
何時の時代もそうした世代差・時代差はある。
しかしながら国家・社会の環境差は、父・子の決定的な差異ではない。
一昨年何十年ぶりにニセコの山でスキーをして身の内から沸き起こ
った父との記憶。
それが彼の育った父の建てた家の記憶に繋がる。
2階建て木造のアトリエ兼住宅を翌年絵画で再現させたのだ。
ニセコの山を先頭で歩く父。
楽しかった父子のゲレンデスキー。
父・子の時代的・社会的価値観ではなく、純粋に父の個の生き方で
あり、自分の生き方である、個としての視点から、父を再発見し、
溢れ出てきた心が、父の山・頂上の一点から溢れ出、流れる描線なのだ。
特に今展示のメイン大作には、その描線が大樹の根のように奔放に
強烈に溢れ出ている。
自己の源流の一滴が、まるで渓流となるように、父も含めた同時代
の大河へと流れ出したようだ。
父なる山が、父なる木造2階建ての家が、己の原点として、同時代
に向け発している。
父という近代を、個として感受し、認め、敬い、子の近代は磁場と
なって発している。
今回の展示は、国家・社会・時代に囲繞された近代ではなく、個の
裡から発した根枝のような斎藤周の父なる近代であり、彼の現代を
生きる標(しるべ)でもあるのだ。

斎藤周展「標」(しるべ)展、明日まで。

*斎藤周展「標」-9月1日まで。
 am12時ーpm7時

 テンポラリ―スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


by kakiten | 2019-08-31 15:00 | Comments(0)


<< 斎藤周展終わるー子の近代(3)      身(み)という事ー子の近代(2) >>