人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 27日

ひとり、ひとりの時代・社会ー大野一雄の戦後(10)

延長しながら続けて展示している追悼・大野一雄展。
熱心に見てくれる人、大野一雄を知らない人も、いつか資料や話
を聞いている内に心が入ってくるのが分かるのだ。
そんな人たちには奥の談話室でたった3分の慶人さんの親指人形
の舞いの映像を見せている。
父大野一雄をなぞった指人形。
エルヴィスの「好きにならずにいられない」の曲・詞・唄に乗せて
自身の身体の一部となった父と踊る。
顔の表情と指人形の動きだけ。
しかしそのふたりの間・宙(そら)には、10歳で父と呼ぶ人と初め
て逢った亀裂の時間を埋める、限りない父・子の愛が垣間見えるのだ。
これを見て眼から水が噴き出すように、涙を流した人。
ただ黙って眼を潤ましていた人。
多くの人が大野一雄の生涯の舞踏の記録と、父・子の人生の記憶に
感動し共感してくれた。
大野一雄は生涯、戦場で体験した何千人もの戦死者・戦友への想い。
その生と死の界(さかい)を、舞踏という表現回路で拓き、繋げる
事を志・事とした。
舞踏を志した青春のラ・アルヘンチーナ。
戦中8千人の内6千人の死者を見た記憶。
敗戦後帰国の船上から見た水葬者と水母の群れ。
大野一雄の踊りの原点には、これら多くの死者がいる。

大野慶人には10歳で初めて逢う父・子の乖離という見えない戦場
があった。
生涯父を父と呼べなかった乖離がある。
しかし父の死後エルヴィスの「好きにならずにいられない」の歌曲
と共に顔の表情と父を模した指人形で踊る慶人に、もう乖離は無い。
エルヴィスのこの歌曲を選び、父・祖父の働いたカムチャッカへの
公演を熱く語った晩年の大野一雄。
ふたりは個として、断絶した日本の近代を再構築し、自らの表現の
回路としたのだ、と私は思う。
大野一雄の傷だらけの戦後近代とは、死者を想い死者と共に生きる事。
息子慶人はその見知らぬ父・大野一雄と呼ぶ人と共に生き、父・子の
絆を繋げる事。
このふたりの個の軌跡こそが、戦後近代の根幹に開かれている現代の
個の源流と私は思う。

Like a river flows surely to the sea 海へと確実に注ぐ川のように
daring so it goes some things are meant 流れに身を委ねる時もある
to be
Take  myhand take my whole life too さあ手を取って この
                      命を捧げよう     
For ican't help falling in love with you   君を好きにならずには
                      いられないから

*追悼・大野一雄の戦後近代展ー8月18日まで。
 am12時ーpm7時:月曜定休;水・金曜日午後3時閉廊。
*斎藤周展ー8月23日ー9月1日

 テンポラリ―スペース北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503   






by kakiten | 2019-07-27 16:37 | Comments(0)


<< 体制としての近代ー大野一雄の戦...      石狩・カムチャッカー大野一雄の... >>