人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2019年 04月 25日

陽射しは春、風は冬ー時代というランド(44)

初夏のような一日が去って、今日は気温が下がる。
陽射しは春、風は冬。
ふっと八木保次、伸子さんの展示に相応しい気がした。
保次さんの原色、黒の冬=玄冬。
伸子さんの雪の見える柔らかな色彩。
室内・窓辺の春の花。
保次さんの描線は、野生に満ちて獣の視線のようだ。
伸子さんの自然は、花瓶の花に象徴される深窓の品位。
ふたりの生まれ育ったサッポロのタウンとシテイの相違
が顕れている気もする。
僅か何百メートルの地域の違いだが、ふたりの原風景は
差異がある。
80歳を過ぎて描いた伸子さんの大通公園風景に彼女の
原風景を見た。
まるでエッフエル塔のようなTV塔にライラックの紫、
そして男女。
洒落た街路灯。
大通公園、豊平館、時計台に囲まれた小学校に通った
伸子さんの通学路。
中島公園ー大相撲、プロレス巡業、池、遊園地があり、夏は
野外映画館、冬は池の氷の上で仮装スケート祭り。
そして北側にススキノ歓楽街が広がる保次さんの街。

まだ遊歩道が整備されていない大倉山の尾根を奥三角山を
経て保次さんと歩き回った事があった。
その時茂る草木を手で掴み、攀じ登る姿を思い出す。
美術家の獣の眼。
草木の奔放な野生は、自然の描く描線。
色彩も同じ色はない。
葉も枝も、葉先も茎、幹も梢も,同じ線はない。
保次さんの抽象画は、あの自然の線・色だ。
三岸好太郎、郡司正勝等の生まれ育ったサッポロタウン
の自由自在・やんちゃモダニズム。
それが原サッポロの自然山中で八木保次に発露していた。

欧州風に整備された都心風景。
建ち並ぶ軟石造りの洋館建築。
直線の街路。
そして東西に大きく伸びる花壇と噴水のある大通公園。
明治以降新しく入ってきた西洋文化の粋の街。
大自然、原生林、自然河川、厳冬の地に、近代の夢のように
建設された街。
その深窓の令嬢のように、伸子さんの品位ある絵画がある。

東京モダニズムに別れを告げ、戻って来たふたりの札幌とは
保次さんの母敏さんが、新しく建てた西部宮の森の山裾の家。
その山岳部高台の周りには、多くの手付かずに近い自然が
広がっていた。
川ならば、源流域。
森ならば、原生林。
ふたりそれぞれのサッポロが、タウンとシテイが抽象・具象絵画
となって開花した晩年と私は思う。

 私は保次の絵に惚れています。でもまだ参ってはいないんです。
 悶絶させられていないんです。だから私も描き続ける。

 絵には品位が必要だ。
 伸子の絵には、かなわないほどそれがある。
 一生懸命描いている伸子は美しい。

晩年のある雑誌インタビュー記事に遺るふたりそれぞれの言葉。
晩年故郷の風土・自然に生きたふたり。
その都市の側から、その自然の側から、純粋な札幌ッ子として
タウンとシテイが風土としての札幌と向き合っている。
ふたりの生きた近代という時代が、サッポロの近代感性として
四つに組んで友情と愛情の対峙をしている。

そんなふたりを私は時に懐かしく、愛おしく、思い出す。
吹き、注ぐ、今日の風と陽射しの札幌の春のように。

*八木保次・伸子展ー5月5日まで。
 am12時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリ―スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



by kakiten | 2019-04-25 14:31 | Comments(0)


<< 保次&伸子・戦後近代ー時代とい...      台所モダニズムー時代というラン... >>