人気ブログランキング | 話題のタグを見る

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 31日

個という細部ー時代というランド(38)

福島・浪江の原田洋二さんのお彼岸帰省文を読んで
ここも間違いなく現代の最前線にして最後尾と感じる。
いつも見えた海、倒れた墓石に潜む無言の声。
住む人、生活する人の消えた町角。

経済優先で住人の消えた大都会のタワービル街。
プラザという名でビルに囲い込まれ消えた裏通り
・中通り、道路の空白。
一見原発被災地の静寂とは関係ないようだが、自然と人
の本質的喪失という点で同じものを感じる。
人も物も自然も、物流経済主体の最新・最速回路が
支配する結果の風景なのだ。
国家という人間社会構造の安心・安全・独立維持の為
の米軍基地集中の沖縄。
経済という人間社会構造の安心・安全・流通の為の
エネルギー基地の東北・福島。
自然を埋め立て、住む地を追い払い、最新・最速の
疑似最前線を爪先の位置重視で優先させ、最後尾の
人間の心の歴史の踵の位相を喪失させてきたのだ。
蟹の縦歩きのように醜い速足で物溢れるスーパーへ
職場へと向かう都市の老若男女の爪先刃脚。
地下電車も動く階段・昇降機もその爪先速度をさら
に増幅する。
踵に繋がる自然という環境はなく、人も物も物流
の最速・最新さの基準を競って成立する。
根や土壌、プランクトンや海流という自然の踵の
位相は忘却され不在である。
事前・自然が次善以下となり、事後・自己が優先する
社会構造物流主体の現代社会の歪み。
その最前線がオキナワであり、フクシマであり、最後尾
の踵が活きている場処に露わだ。
踵の思想を無くしつつ、物流本質ー最新・最速、最後尾
切り捨て、前のめり、その結果が自然と住む人間の歴史
を、爪先・先端都市内でも、踵・海・山故郷内でも、個と
いう細部にも、明るい廃墟を生み、拡がりつつある時代だ。

*八木保次・伸子展ー4月9日(火)ー21日(日)
 am12時ーpm6時:月曜定休。水・金午後3時まで。

 テンポラリ―スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


by kakiten | 2019-03-31 16:28 | Comments(0)


<< 亀裂を縫うー時代というランド(39)      熊SAN倶楽部ー時代というラン... >>