人気ブログランキング | 話題のタグを見る

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 07日

光は春・風は冬ー時代というランド(28)

午後の光が会場正面に来る。
次第に照射場所を移す。
光の移動と作品の青の変化が、美しい。
豊平さんが何度もカメラを構え、撮っている。

外を吹く風はまだ冷たい。
外出していた奥さんの彩さんが、陽射しはあるけど
今日の方が手が冷えるわと言った。
展示作業の日も含めて、札幌滞在6日目。
夫婦ふたり。
きっと本当に久しぶりの水入らずの旅。
甲斐甲斐しく作品展示、会期中の夫の世話と、沖縄
では私が見た事のない彩さんだ。

20余年ぶりに初めて外に遠出したアトリエの我が子。
伸び伸びとして、それぞれが個性的な顔を顕している。
沖縄の空と海。
そして癒し難い社会と風土の狭間の亀裂・傷痕。
しかし夫婦ふたりは寄り添って、そうではない。
この作品と豊平さんふたりに、心からエールを送る。
滞在は日曜まで、見て会って下さい。

*豊平ヨシオ展ー3月17日(日)まで。
 am12時ーpm7時;月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503





by kakiten | 2019-03-07 17:23 | Comments(0)


<< 亀裂は語るー時代というランド(29)      深まる光・色彩ー時代というラン... >>