テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 27日

あたふたと初日ー時代というランド(5)

尾道より昨夕野上裕之さん来廊。
私は透析治療で通院。
.入れ違いだった。
留守を山田航さん、中嶋幸治さんにお願いする。
野上さんとは旧知の友人なので、再会・展示と話も弾む事と思う。

今朝忘れていた今年最後の歯の点検予約を思い出し開廊が遅れる。
そして初めて今日作品と対面。
新作「雲のドローイング」Ⅰ、Ⅱ、Ⅲが従来にない宙(そら)を抱いて
いて感心する。
この3点の作品に包含されるように、以前変化の兆しを見せていた旧い
作品の展示が活きている。
木彫の旧作「指」「両手」「カラス」「林檎」、鉛の造形、等々・・。
それらを包含しつつ新作「船底の顔」が異彩を放つ。
赤面の猿のような顔が石の台座に乗り、髪を靡かせて正面を見ている、
何故か不思議なリアリズム漂う作品だ。
近づいてよく見ると髪と見紛うものは均等に切られた新聞紙。
身体性の強い作家でありながら、このように真正面から顔を作品化し
たのを見た事がない。
今回のタイトル「雲間」には、「雲のドローイング」とともにこの
「船底の顔」が、旧作「指」「両手」「カラス」「林檎」が<間>と
して詰まっている気がする。
真っ赤な猿の顔は、新聞紙の束を頭髪にして船底から何かを見据えて
いる。
船大工をして生計を立てている野上裕之の現実を見据える面魂とも
思える、現実と対峙する気迫を感じる。
北の地より尾道に赴き、船大工の仕事に心奪われ、住み着き、子を
三人設けた野上裕之の心の・・<雲間>。
「船底の顔」は、今の彼の生き様を顕している気がする。

*野上裕之彫刻展「雲間」-12月27日ー1月5日
 12時ー19時
 なお作家が在廊する時もあります。前以てご確認下さい。
*佐々木恒雄展ー1月16日ー20日
*高臣大介ガラス展ー2月12日ー24日
*豊平ヨシオ展」-3月5日ー17日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011ー737-5503



by kakiten | 2018-12-27 16:27 | Comments(0)


<< 野上裕之彫刻展「雲間」終わるー...      野上裕之彫刻展「雲間」-時代と... >>