テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 26日

野上裕之彫刻展「雲間」-時代というランド(4)

今は尾道で船大工を専業にしている野上裕之君。
2009年2月以来となる明日から始まる彫刻展「雲間」。
2009年2月の個展時、私は豊平ヨシオさんに会う為二泊三日で
初めて沖縄を訪れたのだった。
その豊平さんと今年春沖縄で再会し、豊平さんは26年ぶりに
テンポラリースペースを訪れてくれた。    
その年、年末から新年に架けて2009年2月以来の野上君の個展
が開かれるのも不思議な縁である。
あの時私は個展中の彼に委ねて初の沖縄へと出発したのだから。
当時のテンポラリー通信ブログを読むと、野上君中嶋君に熱く豊平
作品との遭遇を語っていた自分がいる。

あれから約10年。
変わらぬ豊平作品、私生活上は3人の子持ちとなった野上君。
そして透析生活を背負いつつ闘うテンポラリー継続の私。
野上君が今年から明年へと繋いでくれた今回の展示に呼応するように
明年3月、あの青い板地に亀裂の豊平作品は初の展示をここで展開する。
野上君の尾道での船大工の仕事は、私と沖縄を中継ぎをしているのか
も知れない。
そして豊平さんの沖縄の藍・哀を、野上裕之の彫刻が架け橋のような存在
として顕れるような気がする。
私には、私のたった2回の沖縄・豊平訪問と深く分かち難く、寄り添う
ような野上作品が、全く個人的な関係性として顕れるように思われるのだ。

作品は昨日到着し、今日夕刻本人は札幌到着し展示作業。
そして明日個展初日。
この約十年間の架橋がきっと野上君の作品の宙(そら)には詰まって
いるに違いない。

*野上裕之彫刻展「雲間」-12月27日ー1月5日。
 ・年末年始都合により止む無く休廊もあります。
  事前にご連絡下さい。
*佐々木恒雄絵画展ー1月15日ー20日
*高臣大介ガラス展ー2月12日ー24日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



by kakiten | 2018-12-26 13:17 | Comments(0)


<< あたふたと初日ー時代というラン...      村上仁美〆飾り展ー時代というラ... >>