テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 23日

村上仁美〆飾り展ー時代というランド(3)

昨年末量り売りショップトロッコの依頼で創り好評だった
花人・村上仁美さんの稲穂を使った〆飾り。
今年は一般公開して製作販売を会場で実演している。
友人たちと札幌郊外の水田で自耕・収穫したした稲穂を、稲穂
本来の姿形の美しさを活かした〆飾りは、お正月という時期を超え
て、日本人の稲穂文化を想起させる感動を見る人に与えた。
米粒・ライスだけではない稲文化。
それを見る人の心にふっと想起させたのである。
稲を編んだ畳、それが坪という広さの単位を生み、米粒が発酵
し酒となり、升・合という容量の単位を生んだ。
そして蓑・草履・縄・筵に至る衣食住に深く関わる稲穂の歴史
を思い出させた稲穂の美しいシンプルな〆飾りだった。
お正月だけを意識した市井の派手な正月飾りにない稲穂本来の
姿形が見る人の心をとらえたのだろうか、普段の飾りとしても
欲する人が多かったようだ。

活字印刷の酒井博史さんが、NHKの街角散歩の道内版番組に
出演していた。
事前に担当キャスターが訪れ、何事かと思っていたら番組中
活字印刷の一例としてテンポラリーで2011年以来続けた
吉増剛造展のフライヤー印刷物が目に留まり吉増さんにも取材
した所為と解った。
事前に吉増さんから二通の葉書が来ていたのはその事だった。
番組では吉増剛造の存在感が後半主役の酒井さんを上回って
いた気もする。
150字の文章を先ず私経由で酒井さんにという意向のよう
だったが番組ディレクターの要請で直接送ったと後に吉増さん
から電話で聞いた。
文章の最後にテンポラリースペースの事も書いたよ、と話し 
ていたが番組では触れていなかった。
それよりも個々がそれぞれの領域で伝統の底流を踏まえつつ
頭角を顕してゆく状況の方が、何よりも肝要な事だ。
手仕事の〆飾り、手仕事の活字印刷、手仕事のネオン管・・。
その新たな近代と現代の境目を若い手と目が見詰め、活性化し
ている現実がとても大事な事だ。

*‘村上仁美オリジナル〆飾り展ー12月24日まで。
+野上裕之彫刻展「雲間」-12月27日ー1月5日
+佐々木恒雄絵画展ー1月15日ー20日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503









































[PR]

by kakiten | 2018-12-23 14:54 | Comments(0)


<< 野上裕之彫刻展「雲間」-時代と...      寒・暖のインフラー時代というラ... >>