テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 08日

カチーナたち来廊ーみちゆき(13)

夕刻天川彩さんたちが、着いた。
早速カチーナ人形を壁に飾り始める。
一点づつ白い壁に跳ばす。
その行為自体が、カチーナドールと一体になって、
精霊たちが飛んでいるようだ。
アメリカ大陸先住民族のひとつ、ホピ族の生き方
とその表現作品カチーナドールを、使命感を保っ
て紹介し続けている天川彩さんは最近「ホピ」(徳間
書店刊)という本も出版した。
昨年の展示時には、1994年吉増剛造さんにかっ
て戴いた小さなカチーナドールと同じ作者のものを
見つけて来てくれる。
24年間ひとりぽっちだったカチーナは嬉しそうだった。
少し大きめの札幌に残った二体のカチーナは、テンポ
ラリーの小さめなカチーナの両脇に立つと、まるで
両親を得たようだった。
一体は買い手に引き取られ、もう一体は今も隣に立って
並んでいる。
並ぶカチーナドールは雪の女で、砂漠の多い熱い地域
に遠く霞む高山の嶺に見える雪・女、幸せを祈る乙女
という。
ヨシマスさん、戴いた穴熊の病を癒す精霊は、雪の乙女
の伴侶を得ましたよ。
そうご報告して、吉増さんも喜んでくれた。

明日からまた晩秋の紅葉の残る澄んだ空気の中で、カチーナ
たちの跳ぶ空間が時を刻む。

*HOPIカチーナ展in札幌ー11月9、10,11日
 am11時ーpm6時:最終日午後5時まで。
 :HOPI出版記念トークー天川彩・10日午後二時半=
  11日午前11時~
*藤倉翼写真展ー11月20日ー12月2日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

by kakiten | 2018-11-08 18:04 | Comments(0)


<< 物語のかけらーみちゆき(14)      水道の一滴ーみちゆき(12) >>