テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 24日

「継ぎ」展の中日ーシジフォス(26)

二週目木曜日は斉藤周さんのH高校生徒さん集合。
女生徒ばかりだった。
男女共学だと思うが・・・。
斎藤先生、学外授業の一環としてギャラリーでの
自分の作品を前に簡潔にその意義を話す。
その後私を紹介し、今回の展示について語る事を
招請する。
私は彼女たちが集まって来た時吹抜け2階に上がり、
こわーい、と言いながらもそれを楽しんでいる様子
を見て、日本人の身体尺として構成されている古い
家屋の構造を説明した。
その事を前提に2階吹き抜け縁に腰を下ろし足をぶら
ぶらさせながら聞いている彼女たちを見上げながら話
し出した。
1・8リットルが一升、3・3平方メートルが一坪と
本来の尺・寸、合・升の基準がこの建物には生きてい
る事そしてその寸法・尺度が体の中に生きている事を
2階に上がり、落ち着く気持ちで解ったでしょうと話
し始めた。
民族それぞれが固有の測定基準を持っている事。
それが今回展示の斉藤さんのお父さんが造ったアトリエ
兼住宅の構造にも生きていて、そこを生家として育った
斎藤さんは、父と家を再発見するかのように今回の展示
のメインとして今は無い家を描き上げたのだと話した。
それは懐古ではなく、自分という存在の足元・父と家と
いうランド(郷・里)の再構築なのだと続けた。
足元から自らのランドを再構築している行為は、決し
て懐古ではない。
今は無い住宅・アトリエのあった木造の住宅。
その百号の油彩の周りに小さな10号の絵画が跳んでいる。
父の背中を見詰めた幼少期のニセコ・比羅夫の山、そこにも
実家の家屋が跳んでいる。
斎藤周さんは、自分の世界の足元の土壌をこれらの絵画に
カルチヴェートするようにして表現し顕在化したのです、と
話を続けた。
故郷・故里というゾーンが喪われつつある現在。
表現者として自らのルーツ(根)、小さなランドを見詰める
事は、生きる事と深く関わる大切な行為だ。
若い女性の皆さん方にも共通するそれぞれの小さなランドを
これを機会に見詰めて欲しい、と話を閉じた。

上手く伝わったかどうかは解らないけれど、その後も2階に
上り”こわ~い”と下に降りることなく雀の巣のように喋って
いる様子を見て、なんともなく嬉しかった。
十数人の女生徒たちが次の課外授業先へ散った後、遅れて
ひとりの男子生徒が来た。
彼は美術部でもなく、ドラム奏者という。
斎藤周さん曰く、とても優れた演奏をするという。
絵画と会場にきっと音を感じようと、吹き抜け2階、1階
と耳を澄ましていたのかも知れない。
男の子の方が、ナイーブだなあ、と彼を見ていて思う。
絵の中の家屋と画廊の古民家と両方の木造家屋に、彼は音
・響きを探していたような気がした。
なにも話しかけなかったけど、30分以上一人で居た。

*斎藤周個展「継ぎ」ー8月26日(日)まで。
 am11時ーpm7時

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



[PR]

by kakiten | 2018-08-24 10:57 | Comments(0)


<< 斎藤周展「継ぎ」最終日ーシジフ...      二週目へーシジフォス(25) >>