人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 20日

ヤギとコメ・ムギーサッポロ・ランド(6)

八木保次・伸子展「彩」最終日夕刻、及川恒平×山田航の
ライブ「麦」がある。
江別の美術家秋元さなえさんが今年個展で麦を素材に
展示した縁で、昨夕会場に麦茎を素材に会場一角に空間
を設けてくれた。
麦を知らないという及川さんは、戸籍江別産まれの自分
由来を伝え、江別の麦に喜んでいた。

麦を知らない・・・。
これも現代事情だ。
多分今は稲も知らない。
パン=麦粒・麦粉、ライス=米粒は知っているが、稲穂・麦穂
は知らない。
稲から藁が採れ、畳になりゴザになり草鞋になり、蓑になる。
お米はお酒になり、一升瓶、一合桝という容量単位にもなる。
畳は二畳で一坪という土地の計測の原点に。
このように稲は、日本人の衣食住に深く関わっている。
麦はパン・ビールになって、西洋人の主食を支えているもの
だから、それは近代になってから知ると言っても良い。
麦茶の文化はあっても、麦は米文化より余程縁が遠い。
まして現代においては、稲文化すら遠く、ライスの素とは知っ
ていても藁はビニール・プラステック系の石油化学製品に取っ
て代わられ、縄や俵という梱包素材の単位は消えつつある。
お酒・お米を包んだ縄・俵はもう姿を消しつつある。
主食の半分をパンが占めつつ、稲も麦も総体が見えない時代
なのだ。
きっと麦には麦の文化があるだろう。
そして近代日本にとって、近代に属する麦文化を、歌謡の歴
史の中でフォークソングという近代歌謡を歌い続ける及川さ
んの麦・近代観を聞いてみたい。

*八木保次・伸子展「彩」-5月20日まで。
*及川恒平×山田航ライブ「麦」-5月20日午後5時~
 参加費2500円・予約2000円

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



by kakiten | 2018-05-20 14:29 | Comments(0)


<< 及川恒平×山田航ライブーサッポ...      寒暖・春ーサッポロ・ランド(5) >>