テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 20日

ふたたびの年ーランドへ(9)

私が初めて沖縄を尋ねた2009年は、今思うと不思議な
年である。
2月の沖縄、そして年末11月ー12月の目黒区美術館の
「’文化’資源としての<炭鉱>」展。
この展覧会は画期的な企画であり、学芸員正木基さんの渾身
の仕事であった。
この時1990年代続けたテンポラリースペース企画の夕張
を主題とした作家たちの展示が、会場の一角で発表時の儘再現
されたのだ。
その中のひとりが吉増剛造の「石狩シーツ」展であった。
その展示と吉増さんのレクチャーの為に私は目黒へと赴いた。
1994年石狩河口から夕張へと遡上した吉増剛造の記念碑
的この長編詩は、夕張炭鉱坑口<女抗夫さん・・・>の連呼
で終わっている。
吉増個人の近代そのものに対する深い苦悩から生まれたこの
詩が、あらためて炭鉱という近代を象徴する視座から光を浴び、
現在の怪物君ー火の刺繍展への序走のような展示だった。
そして吉増レクチャーの打ち上げの宴席で、2011年から
始まった吉増剛造「石狩河口/坐ル ふたたび」展で再会する
鈴木余位さんとの出会いも生まれたのだ。
余位さんはその後毎年続いた吉増展の強力スタッフとなり、今や
吉増剛造には欠かせぬ人材となった。
そして今年2018年沖縄美術館吉増剛造展。
ふたたび私は豊平ヨシオさんと再会するのである。

近代と現代をどこで分けるかと問われれば、私は石炭と石油の
転換期にその境を求めるだろう。
石油化学資源が齎したビニール・プラスチックの消費資材は、
今や地球の海の死活をも握っている。
石炭が’文化’資源としての炭鉱展を開けるのに比し、石油には
大量物資消費社会に対応しても、文化としての独立性は薄い。
豊平ヨシオが見詰めた沖縄の戦後近代と風土の亀裂。
吉増剛造が3・11以降見詰めた戦後近代と自己の亀裂。
私の中では、このふたりのいる沖縄へ、ふたたび訪れる宿命の
序奏が2009年の初めと終わりに響いていた気がするのだ。

 *4月23日ー29日休廊
 *八木保次・伸子展ー5月8日ー20日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



[PR]

by kakiten | 2018-04-20 12:35 | Comments(0)


<< 沖縄行ーランドへ(10)      沖縄へーランドへ(8) >>