テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 03日

それぞれの故里ーランドへ(6)

福島泰樹の雑誌「月光」から賀村順治追悼特集に寄稿
の依頼があった。
過日死去の報に接してブログに記した文章を纏めてみる。
なにかまだ足りなくてぼんやり思考している。
そこに沖縄行きを請われた時の豊平さんの言葉を
思い出した。
「沖縄は観光と基地だけです・・・。
たくさん作品があります、私はただ眺めています・・
来て下さい・・」
見るのではなく、眺めていると聞いた時、行かねば
ならぬと決意した事を思い出していた。
沖縄に行き豊平さんの作品群の前に立った時、眺める
といった意味を板に叩き込まれた亀裂が埋まる百余点
の青い作品の前に納得した自分がいた。
沖縄の青い海・空。
それは見るではなく、眺めるもの・・。
そして同じように、沖縄の傷痕・心の空・心の海も観光
=見るではなく、ただただ刻んでいる。
あれは豊平さんの今の故里そのものなのだと思う。

 俺は帰れ胸の奥処の泥の温みその肉声の端緒の祖国
 (くに)へ

と死した賀村順治が謳った泥の温み・泥炭地の故里も背中
に涙を背負っていた。

 戦場へ
 行く早鐘のランナーの
 背中に涙あふれていたり

祖国とは何処か。
故里とは何処か。
豊平ヨシオの青い海・空。
賀村順治の泥の温み。
それぞれの身体を包んでいた<肉声の端緒の祖国(くに)>。
帰れと叫び、眺めると呟く、ふたりの足裏に広がっていた
土・海・・・。
ふたりの故里・国(ランド)だったのかも知れない。

最前列にして最後尾 背後には黒々と街の火
南と北のエッジが燃えている・・。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

by kakiten | 2018-04-03 14:45 | Comments(0)


<< 身体の感じる故里ーランドへ(7)      10年前の事ーランドへ(5) >>